<無料占い> 前回の会社。 ちまさんより。

 
 
 今回は、ちまさんからのご相談です。「いま勤めている会社ですが、なくなるかもしれないとのお話を聞きました。早ければ秋には無くなるかも知れない、でも無くならないかもしれない。そんなあやふやな状態だそうです。今後会社はどうなるでしょうか?私が急に無職になってしまう可能性はあるでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「需之予」(需、予へゆく)です。
 
 
 まずは、「需(水天需)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「需」は、「待つ」という意味です。
 それも、準備万端を整えた上で、積極的に、期待して待つというものです。
 たとえて言えば、100メートル走で、「位置について、よーい」で腰を上げている状態。
 後は「ドン」が来るのを待つばかり、そのようなイメージです。
 
 卦のかたちでいうと、天の上に雲がもくもくと上がっている状態。
 後は雨が降るのをまつばかり、そういうイメージです。
 
 この「需」の占いの言葉は、
 誠意をもって、じっと待機せよ。そうすれば大成功するであろう。
 あせらずさわがず、はらごしらえするというぐらいの余裕を持て。
 というものです。
 
 「需」の卦が出た時は、いかにも行けそうな状況が整っているという運気です。
 そこをこらえてタイミングを見計らうのが重要、フライングだけはしないように、そういう運勢です。
 (「需」の卦が単独で出た場合に)ポイントとなるのは、下から五本目の実線です。この線は、非常に良い位置に、良い状態で存在しているものですから、じっと待ってタイミングを合わせればうまくいくと考えられるのです。ただし、下から数えて五本目…チャンスまではなかなか遠い、というイメージも含まれているわけです。
 人間関係を見る場合、相手側に聞き入れる気分がないという運気です。やはりしばらく時機を待つのが良いとされています。また、誠実な人であるのに、どうもタイミングが良くない、そのように考えられる運気です。こちらから動いてもうまくいかない運気です。
 恋愛・結婚運としても良くありません。こちらは乗り気であり、話をまとめたいが、相手側が乗り気ではない、という運勢であると考えられています。
 
 
 
 次に、「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの。「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「需」「予」の卦を踏まえて、ちまさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から考えて、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 今しばらくは、「待ち」であろうかと見立てました。その間に調査や準備を進めておくのが良いかもしれません。
 まず、「会社がなくなる」の意味にもよるところがあるかと思いますので、「なくなる」の意味を確認する方が良いかもしれません。いわゆる「倒産」等の意味であるのか、あるいは、「吸収合併」等の意味であるのか。
 「倒産」等の意味であると確認できたならば、転職の「準備をしておく」ことも悪くないと見立てます。
 会社はともかく、ちまさんが無職になってしまう、その期間が長くなってしまう、といったイメージの卦ではありません。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「需、予へゆく」です。
 メインの運気を示す「需」は、「待つ」という意味です。それも、「できる限りの準備は整えて、いつでも動ける状態にしておきつつも、気持だけは焦らず落ち着くようにして待つ」という意味です。
 たとえるならば、「田んぼに雨が欲しい。西の空には分厚い雨雲が見える。でもまだこっちには来ていない。」そのようなイメージでもあります。非常に気持ちがジリジリしますが、ここは一つ、落ち着くことが必要となります。フライング・暴発だけはいけません。
 
 今しばらくは、「待ち」であろうかと見立てました。
 
 まず伺いますが、仮採用の期間は経過されましたよね?その間は、とりあえず「しがみついておく」ことがお勧めになるかと存じます。
 次に、転職するにしても、「今すぐ」である必要はないかと感じられました。まだ、準備期間であろうかと。
 転職は大きな決断を要しますので、慌ててパニックになったような状況で行うのは、あまり得策ではないと思います。
 
 
 このような「需」に内包されているサブの運気が「予」です。
 
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 まず、「楽しむ」という要素から、申し上げます。
 楽観的に考えるのが、お勧めかと。
 ちまさんは、お若いです。職を失っても、会社の都合であるならば、「ノーチャンス」では決してありません。
 焦らされているような気持ちになることだけは、お勧めできませんので、まずは「楽観視」をお勧めいたします。
 
 次に、「あらかじめ」という要素から、申し上げます。
 転職にしても、会社の状況にしても、「しっかり、調べる」ことがお勧めになりそうです。
 まず、「会社が無くなる」とはどのような意味合いかにも、よりますよね。
 いわゆる「倒産」とか、そちらであるならば。そしてそれが、確実そうであるならば。これはもう、「逃げる」・「転職する」方向で「しっかりと準備する」ことがお勧めになるかと見立てます。
 しかし、「吸収されて別の会社になる」とか、そちらの意味合いである場合。ご承知のことかとは存じますが、年配のベテランさんほど、その影響を強く受けますよね。その人たちのパニック度に煽られる必要は、あまりないと思います。(詳細な事情を伺っておりませんので、断定はできませんが。)
 
 もし、「吸収合併」であるとか、そちらではなく、「倒産の危機」であるとか、そちらの意味だった、という場合ですが。
 本当にマズイ会社は、目端の利く人、仕事のできる人、優秀な人……から逃げて(転職して)いくというところが、ありますよね。そうした動きがあるかどうかも、一つのバロメーターになるかと。
 他に、お給料の遅配等があるとか、取引先から何か漏れ聞こえてくるとか、そういったことは、ありませんでしょうか。
 
 
 「予」は、(転職の準備をしておけば、)会社はともかく、ちまさんが無職になってしまうとか、そうした期間が長く続くであるとか、そのようなイメージを持つ卦ではありません。
 「あわてず、やれることをやっておく。フライングに気をつける。」ことがお勧めになるのではないかと、見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加