<無料占い> 自宅サロン。 レモングラスさんより。

 
 
 今回は、レモングラスさん(女性・40代)からのご相談です。「これまでのセラピスト経験を活かし、自宅サロンを始めようと思います。女性専門にして、体質改善・癒しをサポートできればと思います。うまく軌道に乗せることはできるでしょうか?気をつけることがあるかについても、お願いいたします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「漸之剥」(漸、剥へゆく)です。
 
 
 まずは「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 次に、「剥(山地剥)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「剥」は、「はぐ」という意味です。「剥離」という言葉があるように、運気がむしりとられて、崩壊寸前という運勢です。
 
 「剥(山地剥)」の卦は、山が崩れて平地となるように、また、優れたリーダー(一番上の陽の線)をダメな部下(下の五本の破線)がよってたかって引きずりおろすように、崩壊寸前であるというかたちを示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 つまらない人間が勢いを得ている。
 無理な積極策は害を招く。
 守りの姿勢を心がけよう。
 
 といったものです。
 
 「剥」の卦は、崩壊寸前という運気を表しています。季節で言うならば冬直前、一日で言うならば日暮れ時、人間にたとえるなら老衰です。勢いがない時期です。また、陰険な人間に、追い剝ぎ的な仕打ちをうける、そのような運勢でもあります。
 ですから、全体としての運気はよくありません。人間関係では、人にだまされないように注意する必要があります。また、膝詰めの談判を迫られる、詰め腹を切らされる、といった運気です。
 もっとも、山が崩れて平地になるということは、古いもの・過去の経緯を一切捨て去って、また一からやり直せる運気であるとも言えます。ですから、あまり悲観的になることもありません。
 結婚については大凶と言われています。結婚に関係ない恋愛の場合でも、基本的な解釈は共通します。人にだまされがちな運気であり、注意が必要であると思われます。
 
 
 
 以上のような「漸」「剥」の卦を踏まえて、レモングラスさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、「変化して『剥』になる」と困ってしまいますので、内包として解釈するケースです。「表に出ていない、『兆し』の段階から注意しておくことで、そちらへの変化を防ぐ」という発想で解釈していきます。
 
 
 
 結論です。
 
 軌道に乗っていける可能性はあるかと見立てます。「少しずつ、うまく行くようになってくる」というイメージかと。
 ただし、それまでに時間がかかるのではないか、と感じられました。そこまでを支える、(経営的な意味での)「体力」が必要になるのではないかな、と感じました。
 気をつけるべきことは、いわゆる「セキュリティ」ではないかと。また、おかしな売込み・営業には要注意かと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸、剥へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「続けて行けば、きっと結果になる」という運勢です。
 軌道に乗っていける可能性はあるかと見立てました。
 
 しかし、「漸」の歩みは、非常にゆっくりとしたものです。
 「少しずつ、うまく行くようになってくる」というイメージではあるのですが、それまでに時間がかかるのではないかと。
 そのため、軌道に乗るまでを支える、(経営的な意味での)「体力」が必要になるのではないかな、と感じました。
 もちろん、精神面での強さと申しますか、持続力も必要ではないかと。「楽観的になれること」と言っても良いかもしれません。
 
 
 このような「漸」に内包されているサブの運気が「剥」です。
 「剥」は、崩壊寸前という運気を表しています。季節で言うならば冬直前、一日で言うならば日暮れ時、人間にたとえるなら老衰です。勢いがない時期です。
 また、「剥」は、「追い剝ぎにあうようなひどい仕打ちを受ける」「人に騙される」といった運気を象徴します。かなり厳しい運気です。
 
 上にも申し上げましたように、「変化して『剥』になる」と、困ってしまいます。
 したがいまして、「剥」的なものの兆候には、注意が必要かと、見立てました。
 
 「他者からの危害に注意」というイメージです。
 したがいまして、まずは「セキュリティ」かと。お客様相手のお仕事ということになりますので、あんまり警戒しすぎてしまってもいけないという、難しいところはありますが。
 
 「危害」には、経済的なもの、つまりは詐欺的なものも含まれるというのが、「剥」の持つイメージです。
 投資話や、怪しげな商材。あるいはお仕事に使う道具などについて、おかしな売込みや営業。そういったものには要注意かと、感じられました。
 
 
 悪くは無い運勢です。ただ、息の長い勝負になりそうですので、その点への留意が必要なのではないかと。そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加