<無料占い> 元彼。 あられさんより。

 
 
 今回は、あられさんからの、「元彼の、彼女への本心を教えてください。」とのご相談です。
 
 
 事情を詳しくは存ぜぬところもあります上に、「当て物」系の占いとなりますと、精度が著しく下がります。
 どうかご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
 
 
 得られた卦は、「大有(火天大有)」です。「たいゆう」と読みます。最上図をご参照ください。
 
「大有」は、「大いにたもつ」と訓読みします。
 すべてを包容する、盛運です。また、裕福・円満などを象徴する卦でもあります。
 
 この卦は、天の上に陽があるかたちを象徴しています。
 太陽が中天にあって万物を照らすように、運気が旺盛だということを示しています。
 もっとも、運気が旺盛だからこそ、内包されるつまづき(夬)には注意しなければならない、と言われています。
 
 「大有」の占いの言葉は、
 
 柔軟で穏健なリーダー(五本目の陰)を、上下の積極的な人々(五本ある陽)が支えている。
 剛健(天)で、知性(火)がある。天の時を読み間違えない。
 大いに伸び栄えるであろう。
 
 というものです。
 
 この卦が出た時は、非常に運気がよい時期であることを示します。
 天と火の組み合わせは、もう一つ、「同人」があり、これは「人の和」を示すのですが、「大有」は、太陽が昇っているという時間のめぐりあわせ、つまり「天の時」が良い時期に当たっていることを示しています。時勢のおかげでよい時期に当たっているので、時勢の衰えにも注意しなければならない、そういう状態でもあります。
 また、時勢という勢いに乗った状態なのですから、ある意味で「勢いに流される」のが良い時期です。無駄に意地を張ってはいけません。
 結婚運としては、あまり良くありません。「女性に気が多い」と解釈される運気です。現代的に、かつ女性の側から見るならば、「浮気はしないように、また疑われないように」というイメージです。さらに、「調子に乗って痛い目にあう」ことにだけは注意すべき、という運気ですから、ラブラブな様子をあまり他人に見せつけて反感を買うようなことがないようにご注意ください。
 結婚・恋愛運としてはあまり良くないものの、「大有」そのものの運勢が非常に良いものですから、結論としては悪くない運気とみることができます。
 
 
 
 以上のような「大有」の卦を踏まえて、あられさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 元彼の気持ちは、どこか「ふわふわ、ふらふら」したところがあるかと。
 しかし、彼女が、「それを理性で受け止めている、コントロールしている」ようなところがあり、そのためにうまく行っているのではないか。
 そのように、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「大有」です。
 
 「大有」は、太陽が天の上に燦然と輝いている様子を示すものであり、非常に良い運勢です。
 いわゆる「天の時に当たる」、「ツイている」であるとか、「風が自分向きに吹いている」であるとか、そういうイメージです。まさに天運の良さが現れている卦であるとお考えください。
 
 元彼と彼女の仲は、非常に良好な状態ではないかな、と感じられました。
 彼女に、「やや強く、激しい」ようなところがあるものの、それでもうまく行っているのではないかと。
 
 元彼と彼女との関係は、「天」と「火」です。
 「天」は、「父、天」などを象徴します。「典型的な、男性」です。おとこ気があるとも言えますが、浮気をしたりすることもある。夢見がちといいますか、どこかふわふわふらふらしたところもある。そのようなイメージです。
 これに対して「火」は、「情熱を理性でくるんでいる」という性質です。
 したがいまして、ふらふらしたところのある元彼を、彼女が「理性で受け止めている、コントロールしている」ようなところがあり、そのためにうまく行っているのではないかと、そのように見立てました。
 
 「彼の気持ち」という意味では、「浮気はするかもしれないけれど、今のところ、彼女に向いているのではないか」と、そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加