<無料占い> 尊敬する上司。 HSPさんより。

 
 
 今回は、HSPさん(女性・30代)からのご相談です。「一緒に仕事をした尊敬する上司がいます。いなくなって初めて、彼がどれだけ部下のことを考えて頑張ってくれていたかを実感してます。大きな組織なのでまた一緒に仕事できる機会があるかは分かりませんが、完全に縁は途切れてしまったのでしょうか。また接点はできるでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「解(雷水解)」です。最上図をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「解」の卦を腑萎えて、HSPさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 ご縁が途切れたということはない、と見立てます。
 仕事上、直接の上司と部下というご縁になるかどうかまでは分かりませんが、接点はまたできるのではないかと。
 ただ、「ゆっくり回復する」という卦ですので、時間はかかるかもしれません。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解」です。
 「解」は、「春の雪解け」というイメージの運気です。
 凍りついていたような運気が動き出すということです。緩やかに上昇していく運勢であると見立てました。
 もっとも、「解」は、「雪解けがはじまったばかり」というイメージです。そのため、運気が暖まってくるまでには、まだ時間がかかります。寒い日がぶり返したりするような運気の時もあります。目には見えにくいけれども上昇はしている、そのような運勢であるとお考えください。
 このような「解」の卦が得られたときに注意すべきは、「無理をしない」ことと、「『懈(おこたる)』にならないようにする」ことです。
 
 「今はまだ、寒々とした時期だけれど、やがて回復してくる」といった性格の運気です。
 ご縁が完全に途切れたというイメージではなく、また接点が生ずることはあるかと見立てました。
 ただ、「ゆっくり回復する」という卦ですので、時間はかかるかもしれません。
 
 「当て物」系の占いは得意ではないのですが、今回のご相談については、卦や易を離れても、「またご縁がつながる」ということがありうるのではないかと感じられます。
 「大きな組織であるために、直接の上司部下というご縁がまたできるかは、分からない」というところは、あるかもしれません。
 しかし、仕事上のご縁って、案外根深い(なんだか良くない表現みたいですが)ところが、ありませんか?
 思わぬところで繋がっていたり、協力し合ったり。プロジェクト等が立ち上がった時に、違う部署でも係わり合いがあったり。そういうかたちでのご縁は、いつかきっと、復活すると思うのです。
 「それでは足りない。もう少し太いご縁を……」というご期待はあるかもしれませんが、今度はそれこそ易に戻りまして、「解」ではないかと。
 「ゆっくりと、回復してくる」ような繋がり方ではないかなと、そのように見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加