<無料占い> 既婚者が… keikoさんより。

 
 
 今回は、keikoさんからのご相談です。「健康になるために、運動や食事をコントロールし、だいぶ体調が安定してきました。パートナーを見つけて結婚するための準備はできてきたつもりなのですが、飲み会などに参加しても相思相愛になれそうな男性に巡り会えません。一方で、以前気になってしまった既婚者の存在が大きくなり、困っています。最近、彼が私の仕事を高く評価してくれていたことが分かったり、他のメンバーと扱いが違うということにも気がつき、苦しいです。彼との会話を思い出すにつけ、彼の下心というか好意に気がつき、苦しいです。よく考えたら、一年以上前から軽くちょっかいを出されていたのかなということに気がつきました。また、彼から上司が変わって急に仕事を評価されなくなり、仕事が減って大打撃を受けています。そんな彼が異動することになり、物理的に見えなくなるのですが、そのことに安心すると共に喪失感を覚えています。ただ、彼は異動してもなんとなく接点を持とうとする気はしています。私は気持ちを吹っ切ろうと、英語の学校に行き始めました。勉強している時は忘れられるのですが、ひとりでご飯を食べている時などに、今まで頑張ってきて既婚者に惹かれる自分が情けなく、絶望感で一杯になります。なんだかとても悪いほうに向かっているような気がするのですが、このまま勉強でも頑張れば彼を忘れて新しく好きな人に出会えますでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「渙(風水渙)」です。「かん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「渙」という字は、「散る」という意味です。川が支流に分かれていくようなイメージです。
   
 また、「渙」の卦は、帆を張って船が水上を行くかたちとされています。
 鬱屈したものが散ってゆく、外にエネルギーを発散させ、大事業に乗り出してゆく、そういう運気を示しています。
 
 「渙」の占いの言葉は、
 
 「渙」は、伸び栄える。
 各横線の働きにより、上下が心を一つにして離散を防いでいるのだ。
 この努力を続ければ、すばらしい結果が待っている。
 
 というものです。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 仕事運一般に関して言えば、苦しかった場合にはよい方向に向かうけれども、順調だった場合は緊張感の欠如に注意、と言われています。新規事業には悪くありません。
 人間関係や恋愛・結婚運も同様です。これまで苦しかった場合にはその苦しみが発散していく。逆に、良好である場合には、人間関係やご縁が散って行かないように要注意、と見ていくこととなります。
 
 
 
 以上のような「渙」の卦を踏まえて、keikoさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 方向性としては、「発散」がお勧めになるかと感じられました。
 「楽しいから勉強する」なら良いのですが、「逃げるために勉強する」のには、あまり向いていない卦かと。
 頑張らない方が、良いかもしれません。「やりたいことを、やりたい放題にやる。やらなくちゃいけないことより先に、やりたいことからやる」方が、良いのではないかと。
 休肝日ならぬ、発散日のようなものを、作ってみてはいかがでしょう。
 新しい彼に出会えるかどうかについては分かりませんが、上司の彼が「気にならなくなる」(忘れるのではなくて)と思うのです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「渙」です。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 「順風に帆を張って進む船のかたち」とも言われる卦です。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 
 今回得られた卦については、之卦(「A之B」の、Bの卦)が得られなかったということもあり、「『新しい彼に出会えるか』についてまでは、射程が及んでいない」と解釈いたしました。
 (とは言え、方向性としては明るいものであることは、申し添えます。「渙」は、そのような卦です。)
 
 「渙」が得られましたので、現状大切となるのは、「発散」ではないかと見立てます。
 「~しなくちゃ」、「~を頑張らなくちゃ」という発想とは、相性が悪いかと。
 「楽しいから勉強する」なら良いのですが、「逃げるために勉強する」のには、あまり向いていない卦かと。
 頑張らない方が、良いかもしれません。「やりたいことを、やりたい放題にやる。やらなくちゃいけないことより先に、やりたいことからやる」方が、良いのではないかと。
 
 そう申し上げても、keikoさんは頑張ってしまう方ですよね。
 ひょっとしたら、休肝日ならぬ、「発散日」のようなものを、週に一度、自分に義務付けてみる……と言った発想が、良いのかもしれません。
 たとえば、健康を考えて、食事に気を使われるのは、もちろん素晴らしいことだと思います。
 ただ、週に一日は、何も考えずに、その時食べたい物にかぶりつく。洗い物も何もかも、ほったらかし。映画を見たければ映画を見、夜更かししたければ夜更かしする。
 (占いに聞いてみたければ、メールしていただいても構いません。前回、少し間を置いたほうが良いかもと申し上げたら、今度はそれをご自身に義務として課されているように感じられましたので……。私も悪いのですが、もう少し「いい加減」になられることが、お勧めではないかと感じられてなりません。)
 と、そんな方向性です。
 好みの問題もありますので、絶対にお勧めとまでは言えないのですが……。「発散」ですので、体を動かすような方向性は、かなり強くお勧めできます。
 なお、「ジムに通ってしっかり鍛える」とお考えになる場合、もちろんそれでも良いのですが、「そうしなくちゃ!」という発想にはならない方が良いのが、「渙」です。
 筋トレに限りませんが、三日坊主でも、良いと思うのです。その時楽しかったならば。三日坊主を後悔するよりは、その時にまた、楽しそうなこと、やりたくなったことの方に、気を向けるような発想です。
 「やり散らかす」ぐらいに暴れてみてはいかがかと、申し上げます。
 「渙」は、「ホースの先をつまんで出す水」のようなものです。「暴れるぐらいに、発散する」ぐらいで、ちょうど良いかと。
 
 「発散」がうまくいけば、「上司の彼を忘れなきゃ/忘れたい」と思うまでも無く、気にならなくなるのではないかと。
 そのように、見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加