<無料占い> 復縁できそうですか? マルクさんより。

 
 
 今回は、マルクさん(女性・40代)からのご相談です。「別れて約半年になる、元彼が忘れられません。しつこく連絡して、ますます嫌われてしまいました。ストーカー呼ばわりです。彼とよりを戻すことはできますか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「遯之革」(遯、革へゆく)です。
 
 
 まずは「遯(天山遯)」の卦を検討します。「とん」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「遯」は、「のがれる」と訓読みします。この卦が出た時は、細かい解釈はいろいろありますが、全体としてはただ一言、「逃げるべきだ」「引退しなさい」という運勢です。
 
 「遯(天山遯)」は、天に対して山が下から迫っている、というかたちです。天は陽なるもの、山は陰なるもの、どれほど近づかれても一線を引くべきであることから、「立派な人間はつまらない者を近づけないものだ」という言葉が示されています。
 
「遯」の占いの言葉は、
 
 逃れ隠れてこそ道が開ける。
 時勢に従って行動しよう。
 つまらない人間が勢いを得ているのだから、大事を行ってもうまくいかない。
 時勢との関係から見て、遯の意義は大きい。
 
というものです。
 
 「遯」の卦が出た時の運勢は、ただ一言。「逃げるべし」です。
 正しい意見や正論が通りにくい時期です。
 陽が消えて陰が増えていく、何となく暗い雰囲気の時です。
 事業の拡張、新装開店、そのようなことは手控えた方がよいと言われています。
 
 やや専門的な話になりますが、この卦は、「姤」→「遯」→「否」という流れの中にある運気と考えられています。
 「姤」は突発的な事象、それもあまりよくない事象との「邂逅(であい)」です。それが原因となって、運気に陰りが見えるのであれば「遯」、逃げるべきであって、そうしないと「否」、八方塞がりになってしまう。
 昔の王朝時代ならば、逃げなければ命にかかわる運勢、現代の会社経営等で言うならば、逃げる(事業を見送る)ことをしなければ倒産の危機までありうる運勢である、と考えられてきました。
 見栄や外聞、義理人情を気にしている場合ではない、とされます。
 
 
 
 次に、「革(沢火革)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「革」は、「あらためる」と訓読みします。「革命」「変革」の意味です。
 
 「革(沢火革)」は、上が沢、下が火というかたちです。水と火が争っているので、その争いを解決するべき時であることを示しています。「改革の際には時期を定めよ」という言葉があります。
 
「革」の占いの言葉は、
 
十分時期が熟してから行うべきだ。
水と火が攻め合う、二人の女性がいがみあう形を、喜びに変えるのが「革」だ。
「革」が必然的に行われたなら、未来は開ける
革命には、時機を見定めることが重要である。
 
というものです。
 
 「革」は、上は沢・下は火というかたちですが、沢は「若い女性」、火は「沢よりは年長の女性」をも意味します。火と水、同居している女性同士、そういった争い・矛盾を解決するために「改革」「革命」が必要だ、そういう運気です。
 何事にも意識改革、これまでのやりかたを改めるべきこと、行動も考え方も積極的であるべきで、ただし時機は充分に見計らって行うべきことを示しています。
 仕事運についても、「革」ですから、今までのやり方を変えるには良い運気です。業種転換・配置転換・取引先を変える…といったことについては、大体において良い運勢と見ることができます。
 恋愛運については、特に男性については、あまり良くないと言われています。ただ、「関係が新たな局面を迎える」という意味ですので、場合ごとに検討が必要であると言えると思います。
 
 
 
 以上のような「遯」「革」の卦を踏まえて、マルクさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、主に卦の性質を踏まえて、内包関係にあると解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 難しいかと見立てました。
 「気持ちを切り替えて、次の恋に向かう」ことで活路が開けるのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「遯、革へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「遯」は、「逃げろ!」という意味です。イメージとしては、津波や馬賊の襲来です。
 いろいろと、「言いたいこと・やりたいこと」、「心残り」、「人情・外聞」などがあるかもしれませんが、そんなことを考慮している場面ではありません。逃げなくてはなりません。そのような運勢です。
 
 「こだわりつづけるのは、危険」という状態にまで至っているのではないかと、感じられます。
 これが逆の立場であったとして、別れた男性が女性から「ストーカー」呼ばわりされた場合、これは双方にとってかなり危険な状態です。
 そのレベルの言葉が飛び交うようになってしまった状態では、関係の修復は非常に難しいのではないかと見立てます。
 「逃げる」、すなわち「彼に背を向けて、次の恋に向かう」ことで、打開を図るほうが良いのではないかと、見立てました。
 
 
 このような「遯」に内包されているサブの運気が「革」です。
 
 「革」は、まさに「革命」です。
 これまでのやり方が限界に来ているので、それを改めていくことが求められる、という運気です。
 なお、「革」は、改めると言っても、「新たに作る」よりは「古いものを捨てる」というイメージの方が強く現れます。
 
 やはり、「気分を変えていくのが、良いのではないか」というイメージです。
 スパッと彼のことを捨ててみては、いかがでしょう。
 
 「遯」も「革」も、「捨てられる」という卦ではありません。
 「自分の意思で逃げる」、「自分が捨てる」という意味合いを持ちます。
 よりを戻せないとしても、決して悪い運勢ではありません。気分を変え、次の恋に向かうことがお勧めではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加