<無料占い> 片思いしている方の気持ちや今後について。 たすくさんより。

 
 
 今回は、たすくさん(女性・20代)からのご相談です。「いま、片思いをしている方がいます。数ヶ月前に知り合い、このあいだお会いし、一日遊びました。すごく楽しい時間をすごし、すごくいい雰囲気になって、体の関係ができてしまいました。彼とは付き合う付き合わないの話しになり、一旦付き合うということになったのですが、『本当に自分でいいのか?』とお互いに問う形になり、彼からの提案でもう一度遊んでから決めるということになりました。それから2週間、私のメッセージを最後に連絡がかえって来ません。彼の気持ち、今後の展開、彼から連絡が来るのか・自然消滅狙いなのかなどをみていただきたく、お願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「豊之大過」(豊、大過へゆく)です。
 
 
 まずは「豊(雷火豊)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「豊」の卦は、まさに「豊か」な状態を象徴します。運気が盛んであること、しかし同時に、衰運に向かっていることを示します。
 
 「豊」の卦は、下が火、上が雷というかたちです。太陽が動いている雄大な様子ですので、「豊」なわけです。このかたちについては、明らかな知性(陽)によって、物事(特に訴訟関係)を判断するのによい、という占いの言葉があります。
 
 「豊」の占いの言葉は、
 
 明かな知性によって動くのだから、豊なのだ。
 太陽は中天にいたれば、後は傾いていく。
 これは自然の摂理なのだから、思い煩うべきではない。
 
 というものです。
 
 「豊」の卦が出た時は、「今が一番いい運勢」という状態です。ですから、これから先は、運気があまりよくない状態に入ります。しかし、それでがっかりしてはなりません。あまりくよくよせずに、それを自然のものとして受け入れ、明らかな知性で身を御するとよいことがある、と考えられています。また、良い結果を回収するならばタイミングは今であると言えます。
 
 この卦の前にある卦は、「帰妹」なのですが、これは不倫の恋を象徴する運気です。それを受けての「豊」であるため、もし以前からの、どうもうまくいかない恋愛関係があるような場合には、それを清算するのが良いとされます。
 およそ人間が関わる関係一般についても同様で、昔からの腐れ縁的な人間関係がある場合にはそれに関わらないようにするのが良いとされています。過ちを正すべきだ、という運気です。運気は今が盛りなのですから、いったんまとめて収穫、切るべきところは切るのが良いわけです。
 
 また、この卦は、動くならば早い方がいい、という運気でもあります。上に述べたように、今までが良い運気であったならば、手早くそれを回収して「勝ち逃げ」を目指すべきですし、今までが悪い運気であったならば、「損切り」をして逃げるべきなのです。
 この卦は、下が「火」、上が「雷」です。「火」は知性、「雷」は行動力を示します。ですから、知勇兼備と言われる人であれば、賢明な判断力で即断即決できるので非常に良い運勢であるとも言われます。逆にそうでない状況の場合は、この卦が「明夷」(腹の内を隠してとぼけるべき)と類似であることから、じっと大人しくしているのが良いと言われます。 
 
 
 
 次に、「大過(沢風大過)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「大過」は、上の図をご覧いただきたいのですが、「陽」の気(実線)が多過ぎて、それを支える「陰」の気(破線)が少なく弱いという、アンバランスな状態を象徴する運気です。土台や柱が弱い家のように、いま現在倒壊の危機が迫っている、という運気です。じっと隠れていてはだめで、積極的に乗り切らなければなりません。
 
 「大過(沢風大過)」は、「沢」の下に「木(風は木も象徴します)」が水没しているかたちです。このままでは枯れてしまいます。このかたちについて、「立派な人間は、毅然として恐れず、逃げる結果になっても悩みはしないのだ」という言葉が示されています。
 
 「大過」の占いの言葉は、
 
 「大過」は、「陽・剛」が多過ぎるのだ。棟を支える土台や柱が弱く、折れそうになっている。
 しかし、この卦は「中」であり、また忠言(沢)に喜んで従う(風)すがたである。
 したがって、危難に積極的に対処しても順調である。
 時宜を得ることが重要である。
 
 というものです。
 
 「大過」の卦は、上記のように、「土台や柱が弱く、倒壊の危険が今そこに迫っている家」のような運勢を象徴する運気です。たとえば「剥」の卦は、危機が「迫っている」からじっとしているべきだ、と考えるのですが、「大過」の場合は、「現時点で」危ないのです。ですから、家から避難するにせよ、家を建て直すにせよ、勇気をふるって行動しなければなりません。
 この卦が出た場合は、「危険だから避難しなさい」という方を重視して解釈することが多いです。事業で言うならば、「勇気を持って撤退する」恋愛・結婚運ならば、「勇気をもってすっぱり別れる」という考え方です。
 もっとも、場合によっては、「勇気をもって家を建て直す」という方が吉になる場合もあります。今やらなければならない苦しい事業・作業を、勇猛心を奮って決行すべき場面でもある、ということですね。
 
 
 
 以上のような「豊」「大過」の卦を踏まえて、たすくさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質からみて、内包関係であろうと判断しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「別れる方向で検討するのが良い」かと見立てました。
 「素敵な思い出として、割り切って次に行くのが良い。ひきずると、気持ちの上で不安定なものを抱えることになってしまいそうだ」というイメージです。
 彼の気持ちは、「落ち着きが無い/楽しみにばかり目が行っている」という状況かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「豊、大過へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「豊」は、「秋の豊かな実り」というイメージを持ちます。物質的にも精神的にも豊かな状態であり、基本的には良い運気です。しかし逆に、「腐った果実を剪定するのに良いタイミングであるから吉」という意味合いを持つ運気でもあります。
 また、「秋の実り」の後に来るのは「厳しい冬」です。「今が一番良い」という状態であって、これ以上を望むのは難しい、という性質も持っています。
 
 「素敵な思い出ということで、スパッと割り切る」ことがお勧めになるかと感じられました。
 別れると言いますか、「たすくさんの側から見切る」方向で検討されるべきかと見立てます。
 
 理由は2つ。
 まずは、「豊」の性質です。「良い意味でも悪い意味でも、区切りをつけるのに向いている」からです。
 もう一つは、「大過」の性質にあります。
 
 「豊」に内包されているサブの運気が「大過」です。
 今現在、「大過」的な要素があり、気をつけなければそちらへと向かいかねないというイメージでもあります。
 
 「大過」は、「倒壊寸前の家」・「欠陥住宅」といったイメージの運気です。「勇気を奮って避難する、あるいは建て替えをする」という心構えが必要となります。一番いけないのは、「危険に対して無自覚に日々を過ごすこと」です。
 
 「今はまだ、『好きだ/気になっている』程度で済んでいるけれど、ひきずってこじらせると恋愛方面にばかり意識が行ってしまい、気持ちや生活が不安定になりかねない」というイメージかと見立てました。
 「大過」は、「逃げる」のに向いた運勢です。メインの「豊」とあわせて、やはり「切り上げ時」ではないかと感じたのです。
 
 
 彼の気持ち、相性等についてですが。
 彼が「雷」でたすくさんが「火」、あるいは彼が「沢」でたすくさんが「風」です。
 「雷」は、「騒がしく良く動く、積極的に自分から働きかける」という性質を持ちます。「火」は、「理性が情熱をくるんでいる。発火注意。気持ちをうまく表現できない」です。
 「沢」は、「笑顔、楽しさ、口先、軽薄」です。「風」は「動揺、相手に動かされる」です。
 ここからみて、この恋愛について彼はどうやら「積極的、気軽に踏み込んでくるが、軽薄で楽しみばかりを追いかけている」のではないかと。それに対してたすくさんが「とまどっている、相手にペースをにぎられている」という関係ではないかと感じられたのです。
 
 終電を「逃してしまった」ということが、たすくさんの意思でないならば、彼はそれを狙っていたとしか言い様がないと思います。
 「本当に自分でいいの?」は、男性がそれを口にする場合、逃げ口上であることが多いかと。
 メッセージに返事が無いのは、たすくさんもお考えのとおり、自然消滅狙いではないかと思われるのです。自然消滅狙いならばまだ良いのですが、ずっと間を開けてから返信してきたら、これはもう「女性を都合よく扱いたがっている」のではないかと。
 「遊ばれているのでも良い。自分も楽しめるし、好きで仕方ないのだから。」ということでない限りは、「(『そのうち主導権を握り返す』的なことが難しい)危険な恋愛であり」(大過)、したがって、「いい思い出だったと考えて、見切る」(豊)のが良いのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加