<無料占い> ママ友との関係。 勿忘草さんより。

 
 
 今回は、勿忘草さん(女性・40代)からのご相談です。「子供が小さい時からグループで仲良くしている中のひとりと、数年前から何となく避けられていると言うか、表面上は笑顔なのですが、違和感がありました。最近、決定的に嫌われていると思うできごとがありました。彼女はやはり私のことを嫌っているのでしょうか?もし分かれば、なぜなのか、理由も知りたいのです。今後もグループでの付き合いが長くなると思うので、仲良くしていきたいと思っています。そのためにはどのように接して行けば良いでしょうか?もやもやを抱えたまま、当たり障りなく接する自信がありません。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「坤之蒙」(坤、蒙へゆく)です。
 
 
 まずは「坤(坤為地)」の卦を検討します。「こん」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「坤」は、柔軟さ・女性性・消極性を象徴します。この卦は、六本すべてが「陰・柔」となっていますから、純粋な「陰・柔」という状態です。静止しながら豊かな力を蓄えている様子です。
 
 「坤(坤為地)」は、上下とも「地」というかたちです。万物を生み育てる豊かさを象徴しています。「乾」とは逆に、静止している様子でもあります。
 このような「坤」のかたちについて、「大地の働き、それが坤である。立派な人間は徳性を厚くし、人々を包容していく」という言葉が示されています。
 
 「坤」の占いの言葉は、
 
 「坤」の生成力は偉大である。その力を受けて万物は生まれるのだ。
 「坤」は大地の象徴である。大地は厚く万物を乗せる。その徳は天の広大さと等しい。
 「坤」の限りない包容力によって万物すべてが伸び栄える。
 「坤」の道は、従順に、堅くわが道を守ること。人に従って目的に達するのだ。
 良い友人に恵まれる。同類に背を向ける時は、友を失うも、よりどころが得られる。
 
 というものです。
 
 「坤」の卦が出た時は、一般的には隠忍自重が良い結果をもたらします。また、先生について勉強をするとか、上司の指示に従って働くということについては、良い運勢です。決断をするようなことには向いていません。「柔」ですから、「優柔不断」で決められないと見るのです。
 仕事運等について言えば、リーダーシップをとるよりは、リーダーを支えて裏方に回る方が良い。
 また、この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉があります。これには、「友人と仲良くするのが良い。一方、友人に背を向ければ、配偶者に出会える」であるとか、「簡単なほうを選ぶのも良い。難しい方を選ぶと、孤独になるが結果は出る。これも良い。」とか、「西南方向に移動するなら、大勢で行く方がいいが、東北方向へ行くならば、一人がいい」などのいろいろな意味があり、何か思い当たるところがある場合には参考にできると考えられます。
 恋愛・結婚運で言えば、まとまりにくいとされます。良縁の場合は孤独で困難なものになると考えられています。また、注意すべきこととして、「坤」の場合は、人にだまされるおそれ、という問題があります。
 
 
 次に、「蒙(山水蒙)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「蒙」は、「くらい」、「無知である」、という意味です。
 
 悪い意味のようですが、実際は、人間で言えば幼児の状態、無限の可能性があるともいえます。ただし、無知な幼児なわけですから、正しい方法で慎重にことを運ばなければならないという運勢です。
 
 「蒙(山水蒙)」は、山の下に危険な川があるかたちです。あるいは、山の下に湧水があるというかたちとされます。泉が大河になるように努力をし、また山のように揺るがぬ姿勢を貫くべきだ、という言葉が示されています。
 
「蒙」の占いの言葉は、
 
 山と川という危険がある。
 正しい導きによって、時機を見て動くなら、やがて大いに伸び栄えるであろう。
 ただし今は童子の状態。心から教えを願おう。先生の方から教えるのではないのだ。
 占いをする時は、同じことを二度三度と占ってはいけない。それは易を冒瀆するものなのだ。
 
というものです。
 
 全体としては、現在のところはまだくらい、決して悪い運勢ではないのですが、時期が悪いとされます。運気は漸進的、つまり進んではいるのですが、当事者としてはどうも進んでいないように思う、そのような時期です。すぐに結果が出るという時期ではありません。
 今は苦労が多く、何らかの対策をとり、慎重に物事を進めるべきと言われています。
 また、童子のように、虚心になってひとに助言を求めるのがよいとされます。
 恋愛・結婚運も良くありません。暗く、先が見えないのです。とは言え、今から彼氏を探すというケースの場合は、悪いとまでは言えません。「これからだ」「どうなるかまだ分からない」というイメージですので。
 
 
 
 以上のような「坤」「蒙」の卦を踏まえて、勿忘草さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の関係性から見て、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。 
 
 「鈍感になる」ことがお勧めであるかと感じられました。極論すれば、「嫌われていたところで、何か実害を被るわけではない」ですよね?
 そのママ友さんを相手にするときは、できるだけ神経を使わないようにすることかと。あわせて、他のお友達との仲を良くしていくことを意識されるのがお勧めかと見立てます。
 以前のことは、分かりかねますが。最近の件に関しては、「ひょっとしたら、お子さんの教育問題かもしれない」と感じられます。「勿忘草さんが悪いわけではなく、そのママ友さんに悩みがあるせいかも」というイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「坤、蒙へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない…」といった性質がイメージされる運気です。
 
 「坤」の卦のイメージは「受容」・「柔軟」であり、また「鈍感力」です。
 「鈍感になる」ことがお勧めであるかと感じられました。
 なぜだか分からないけれど、嫌われている。それは、「自分ではどうにもできないこと」だと思うのです。そして、「自分ではどうにもできないこと」は、それを気にしても仕方ないし、解決策は見つからないと思うのです。
 したがいまして、神経を配るべきは、「改善できること、今後傾いては困るもの」のほうではないかと。
 具体的には、「他のママ友さんまで失わないようにする」ほうに神経を使うほうが良いのではないかと感じられます。
 
 
 このような「坤」に内包されているサブの運気が「蒙」です。
 何か要素として「蒙」があるのではないかと見立てました。
 
 「蒙」は、「くらい」という意味ですが、これは、「幼児のように、『物事に明るくない』」というイメージです。
 この卦に付されている占いの言葉は、大きく分けると二種類です。「これから先生について物事を習おうとする幼児の心掛け」と、「幼児に物を教えていく親や先生の心掛け」と。その二つをたとえとして、運気についての説明をしているのが、「蒙」です。
 
 「蒙」のイメージは、端的に申し上げて、「子供」と「教育」です。
 したがいまして。以下は憶測に過ぎませんが。
 そのママ友さんは、「お子さん」の「教育」に、何かひっかかりやお悩みを抱えていらっしゃるのではないかと。
 勿忘草さんが悪いわけではなく、そのママ友さんに悩みがあるせいで、いわば「不機嫌」になっているようなところがあるのではないかと。
 憶測に憶測を重ねますと、勿忘草さんにとって「うまく行っている」問題が、そのママ友さんにとっては、「うまくできないでいる」問題であるというようなことが、あるのではないかと。
 そのように、拝察いたします。
 
 いずれにせよ、そのママ友さんのことを気にすることは、あまりお勧めできないかと見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加