<無料占い> お盆の時期の仕事運。 ルチルさんより。

 
 
 今回は、ルチルさんからの、「お盆の時期の仕事運(売り上げ、気をつけること)はどうでしょう?」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「兌(兌為沢)」です。「だ」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 以上のような「兌」の卦を踏まえて、ルチルさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 売り上げについては、「ほどほど/少し、良い」といったイメージです。
 気をつけることとしては、「何かに『すがる』ような動き方をしないこと」、「笑顔を意識すること」、「ひとに期待しすぎないこと」……などが挙げられる卦です。
 総じて、「心のどこかに余裕を持っておくと良さそうだ」という時期かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「兌」です。
 「兌」は、上下とも「沢」を意味します。
 「沢」は、「少女、笑い、喜び、口、身軽さ」などを象徴しています。悪く言えば、「深みがない、軽薄だ」ということにもなります。
 
 全体として、「軽く、浅く、楽しい」という運勢かと感じられました。
 売り上げの点について言えば、「楽しい気分にはなれる」けれど、「深々としみじみと喜べる」であるとか、「ずっしりとお財布が重くなるような、爆発的な売り上げ」であるとか、そのようなイメージではなさそうだと感じられました。
 「気持ちがほっと軽くなる、にこやかに喜べる」。すなわち、「ほどほどに良い感じ」・「少し、浮いている感じ」かと見立てます。
 
 また、「重い一撃を狙うだけでなく、軽打の手数も意識する」と良いのが、「兌」のイメージです。
 何か参考になるところがありましたならば、幸いです。
 
 
 「気をつけること」も、「兌」の良いところと悪いところと、その両方を意識すると良いのではないかというイメージです。
 「兌」は、「軽く、浅く、楽しい」です。
 これを良い意味で捉えるならば、「軽快であり、深刻にならない」ということになるのですが、悪い意味で捉えるならば、「軽々しくて、浅薄である」というイメージになります。
 
 したがいまして、「軽々しく、『うまい口車』や『救いの手・セミナー的なもの』にひっかからないよう、注意が必要」とされます。「何かに『すがる』ような動き方をしないこと」がお勧めになりそうです。
 「私に任せといてよ!」であるとか、「うまく行くから!」であるとか、そのようなことを言うひとには、たとえ友達であっても、「期待しすぎない」ようにしておくことも、お勧めかと。
 
 「深刻にならない」、「浅く、淡く」もお勧めになります。
 「テンションや気分などの、上がり下がりの落差を大きくしないようにする」と良さそうだ、という意味合いです。
 喜ぶにしても、悲しんだり恐れたりするにしても、大きく感情を動かすのではなく、「軽く受け止める」、「流す」ような方向性です。「やや誠実な高田純二さん」的なイメージと言いましょうか……。
 
 お勧めできないのは、「過剰反応」です。
 そのためには、心理面で、いわば「緩衝材」を多めに身につけておくと良いのではないかと。
 「心のどこかに余裕を持っておく」というイメージです。余裕があれば、その分だけ、喜びや恐怖を感じても、心の「深いところ」にまでは影響させずに済ませることができるのではないでしょうか。
 「浅く、軽く、楽しい」を保つために、そのようなスタンスがお勧めとなるのではないかと、見立てました。
 
 
 売り上げ面では、「少し、浮かぶ/まずまず、良さそうだ」と見立てました。
 厳しく感じられることがあったとしても、「ほんの少しでも、心に余裕を持っておく」ことがお勧めになるのではないかと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加