<無料占い> 資格試験。 Y.Aさんより。(ご本名かと思われましたので、イニシャル表記とさせてください。)

 
 
 今回は、Y.Aさん(男性・60代)からのご相談です。「現在、行政書士の資格を取得しています。今年、司法書士の試験を受験しました。9月に結果の発表があります。かりに合格していたら、10月から司法試験の勉強を始めようと思っています。弁護士資格を取得したいからです。私の計画通りに行くでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 申し上げます。
 易占、少なくとも私の易占は、「行動を起こす前の段階で、迷ったときの、アドバイス」という性質を強く意識しております。そのため、「当てもの」に対する意識が弱く、そちらを不得意としております。
 受験され終えた、今年の司法書士試験の結果については、占いを差し控えさせてください。
 今回の記事では、「これからの方向性、そのイメージ」について申し上げております。
 ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
 
 
 得られた卦は、「井之漸」(井、漸へゆく)です。
 
 
 まずは、「井(水風井)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「井」は、まさに井戸のことです。井戸はなくてはならないものであり、誰にでも恩恵を与えるものであり、動かず黙っているものです。手入れが必要なものでもあります。
 
 「井(水風井)」は、水の下に木がある、また、下の三本の線(風)は出入りする、という意味があることから、井戸の中に、出入りするつるべ(桶みたいなものです)がある、というかたちとされます。  
 さらに、この卦は、つるべについている縄が途中で切れてしまっているかたちも示しており、そこに警告の意味があると考えられています。
 
「井(水風井)」のうらないの言葉は、
 
井戸は移動させることはできない。尽きることも、溢れることもなく、誰にでも恩恵を与える。
しかし、すぐに水をくめそうだからといって、つるべを壊してはいけない。
それでは井戸を役立てられないので、凶。
 
というものです。
   
 まとめますと、水の、万物をうるおすというすばらしさと、同時に、それは最後までやりとげなければ意味がない(途中で落としたり壊してはいけない)ということとを、象徴した卦といえます。  
 「井」の卦が出た時の運勢ですが、水をくみ上げるように、苦労や努力が必要だ、これが基本的な考え方です。また、水をくみ上げるときに同じ動きを何度もするように、いつも通りのことを以前と同じようにやることが大事です。へたに変えると、かえって悪化することがあります。  
 また、井戸の水は上に行くほど澄んでいることから、後になるほどだんだんと物事がうまくいくので、あせらないことが大事であるとされます。
 恋愛・結婚運も同様です。なかなか進展せず、苦労しそうな運気です。
 
 
 
 次に、「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 以上のような「井」「漸」の卦を踏まえて、Y.Aさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の性質からみて、内包関係かと感じられました。
 
 
 
 結論です。
 
 司法書士試験の合否が、一つのカギになるかと感じられました。
 司法書士試験に受かることができれば、司法試験合格に近づいているのではないかと。
 いわゆる「二次曲線」、あるいは「積み木のピラミッド」的なところがあるように感じられます。「始めのうちは、なかなか伸びてこないかもしれないが、ある段階から急に合格が近くなる」というイメージです。
 もし、司法書士試験についてかなり手応えをお感じになっていらっしゃるのであれば、「司法試験合格も含めて、可能性があるのでは?」と見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「井、漸へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「井」は、まさに「井戸」を象徴します。「誰にでも水を供給する(利他的な気持ち)」・「井戸は動かないのだから、水を得るためには自分が出向かなければならない(自発的な努力)」・「水を得るためには、つるべを引き上げなければならないように、継続的な努力が必要となる」という運気です。
 特徴としては、「苦労が多い」「最後までやりとげる必要がある」という点が挙げられます。「毎日毎日、ほんとうに結果が出るのか?と疑問に思いながら努力をする日々が続くが、実は少しずつ前へ進んでいるので、途中で諦めないことが大切になる」という運勢を示します。
 また、井戸の水は、上へ行くほど澄んでいます。そのため、「後になるほど運気が良い」と考えられています。
 
 「苦労が多い」、「最後までやり遂げる必要がある」、「後になるほど運気が良い」という卦です。
 「初めはあまり伸びを実感できないかも知れないが、ある段階から急に手応えが感じられるようになる。そこからなお努力が必要になるが、合格は近くなっている」というイメージかと。
 
 
 このような「井」に内包されているサブの運気が「漸」です。
 
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「漸」は、安定した良い運勢です。
 「努力を重ねれば重ねた分だけ、積みあがっている」というイメージですので、「時間はかかるかもしれないけれど、見通しに明るさはある」という運気を示します。
 
 
 2つの卦の関係から、今回は以下のように見立てました。
 「井」は、いわゆる「二次曲線」です。初めはなかなか上に伸びてこないけれど、途中からぐいっと上方に伸びていきます。
 「漸」の「積み上げ」という性質をあわせると、「積み木のピラミッド」的なイメージと言うべきかも知れません。(たとえば、「一日に3個の積み木をセットできる」として、6段のピラミッドを建てる場合、最初の一段を作る(積み木6個を並べる)には2日かかり、しかもピラミッドにはほど遠い状態です。しかし、最終日には、5段目と最上段、一番大事なところを一気に2段積み上げることができます。そのようなイメージかと。)
 
 こうした卦の性質から見て、司法書士試験の合否が、一つのカギになるのではないかと感じられました。
 司法書士試験も、かなり難しいと伺います。「これに合格できる実力があれば、司法試験まではあと一歩」なのではないかと。
 「井戸のつるべを、外に汲み出す」段階であり、「積み木のピラミッドの、最後の一段」にあたるのではないかと。そのような、イメージです。
 逆に申し上げれば、「そこまでが、大変」なのではないかと、見立てました。
 
 もし、Y.Aさんが司法書士試験にかなりの手応えを感じていらっしゃるのであれば、「司法試験合格まで含めて、可能性があるのでは?」かと見立てます。
 今は手応えをお持ちでなくとも、1年後、2年後、司法書士試験に合格できれば、司法試験も「思っているより、近くにある」のではないかと。そのように、見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加