<無料占い> 彼との未来について。 ここちゃんさんより。

 
 
 今回は、ここちゃんさん(女性・30代)からのご相談です。「この間相談した方と、無事に付き合うようになったのですが、彼の性格に少し気になるところがあります。すごくキレやすい人で、知らず知らず怒らせてしまうことがたくさんありました。そして、キレた時の罵倒がすごいのです。彼との幸せな未来は、今後ないのでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「蹇之需」(蹇、需へゆく)です。
 
 
 まずは「蹇(水山蹇)」の卦を検討します。「けん」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「蹇」は、「足をひきずる」という意味です。
 
 危険な大河(水)と険阻な山(山)があるかたちを示しています。
 
占いの言葉は、
 
 ゆくてに危険があるのだから、とどまるべきだ。
 このような時は平易な道を選べ。
 人の話をよく聞いて、慎重に対処の方法を考えなさい。
 「蹇」と時機の関係は重要である。
 
というものです。
 
 「蹇」の卦が出た時は、運勢はよくありません。四天王クラスの運気の悪さです。この卦が出た時は、「自分の力」を見極めて、無理はしないようにすべき、と考えられています。
 とはいえ、専門的な話ですが、二本の中正があるので、運気がめちゃくちゃに乱れているというほどのひどさではありません。天の時にあたらない、というほどではないのです。
 平易な道、やりやすいこと、やれることから手をつけていけば、運気が開けてくる。そういう卦でもあります。
 恋愛・結婚運についても、話があっても進みにくい、そもそも良い話ではない、そのようなイメージです。
 
 
 
 次に、「需(水天需)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「需」は、「待つ」という意味です。
 それも、準備万端を整えた上で、積極的に、期待して待つというものです。
 たとえて言えば、100メートル走で、「位置について、よーい」で腰を上げている状態。
 後は「ドン」が来るのを待つばかり、そのようなイメージです。
 
 卦のかたちでいうと、天の上に雲がもくもくと上がっている状態。
 後は雨が降るのをまつばかり、そういうイメージです。
 
 この「需」の占いの言葉は、
 誠意をもって、じっと待機せよ。そうすれば大成功するであろう。
 あせらずさわがず、はらごしらえするというぐらいの余裕を持て。
 というものです。
 
 「需」の卦が出た時は、いかにも行けそうな状況が整っているという運気です。
 そこをこらえてタイミングを見計らうのが重要、フライングだけはしないように、そういう運勢です。
 (「需」の卦が単独で出た場合に)ポイントとなるのは、下から五本目の実線です。この線は、非常に良い位置に、良い状態で存在しているものですから、じっと待ってタイミングを合わせればうまくいくと考えられるのです。ただし、下から数えて五本目…チャンスまではなかなか遠い、というイメージも含まれているわけです。
 人間関係を見る場合、相手側に聞き入れる気分がないという運気です。やはりしばらく時機を待つのが良いとされています。また、誠実な人であるのに、どうもタイミングが良くない、そのように考えられる運気です。こちらから動いてもうまくいかない運気です。
 恋愛・結婚運としても良くありません。こちらは乗り気であり、話をまとめたいが、相手側が乗り気ではない、という運勢であると考えられています。
 
 
 
 以上のような、「蹇」「需」の卦を踏まえて、ここちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、主に卦の性質から見て、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 別れることを視野に入れておくべきかと見立てました。
 「別れる場合には、十分に注意する」といったことが、お勧めになるかと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「蹇、需へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「蹇」は、「四難卦」とされています。「厳しい運気の四天王」といった意味あいです。
 もっとも、厳しいながらも、どうにもならないというような運気ではありません。
 専門的な話になりますが、「蹇」(と「屯」)は、「中正」が二本あるため、運気がめちゃくちゃに乱れているというわけではないということ。また、卦の性格が分かりやすく、対策が非常にはっきりしているということ。それらの理由により、「四難」の残りの二つである「習坎」や「困」ほどは厳しくありません。四難卦ではないものの非常に悪い運気とされる、「否」や「明夷」ほど厳しくもないのです。
 「蹇」は、「足に障碍がある」という意味です。また、登山をしているようなイメージです。
 足に障碍がある、あるいは足が疲れ切っているような状態で、山中にある。下には大きな川が流れている。「危険が予想される」という状態ですから、「そちらの方へ進んではいけない」、あるいは「疲れをとるべく、しばらく休息するのが良い」、「動くのであれば、無理をせずゆっくりと」と、という心構えが必要となります。
 「にっちもさっちもいかない」「何をどうすればいいかさえ分からない」というような厳しさはない、ということです。「危険だと分かっている」のだから、「留まる」「控える」「休息する」ようにすれば良いのです。
 
 「いいな」と思える彼とお付き合いすることになった。それは、素敵なお話だとは思います。
 しかし、これから長くお付き合いする間ずっと、「何か機嫌を損ねないかと怯えながら生活する」、「キレた彼を見ながら過ごす」というのは、少々つらいものがありはしないでしょうか。
 もしも、ここちゃんさんの中で、「この人とは難しいかな」というお気持ちが芽生え始めていらっしゃるならば、「その感覚に従って良し」ということであろうと、感じました。
 別れることを視野に入れておくべきかと見立てました。
 
 このような「蹇」に内包されているサブの運気が「需」です。
 「蹇」の方向で考える際に、「需」も意識しておくと良さそうだ、というイメージです。
 
 「需」は、「待つ」という意味です。それも、「できる限りの準備は整えて、いつでも動ける状態にしておきつつも、気持だけは焦らず落ち着くようにして待つ」という意味です。
 たとえるならば、「田んぼに雨が欲しい。西の空には分厚い雨雲が見える。でもまだこっちには来ていない。」そのようなイメージでもあります。非常に気持ちがジリジリしますが、ここは一つ、落ち着くことが必要となります。フライング・暴発だけはいけません。
 
 「別れを意識するにしても、焦り過ぎないように」というイメージかと。
 周囲に相談できる方がいらっしゃるならば、話をしてみると良いかと見立てます。
 ひょっとしたら、ちょっと口調がキツイだけの男性かも知れません。あるいはひょっとしたら、危険なほどにキレやすい人なのかもしれません。
 周りの男性と比べてみたり、お友達の女性に話を聞いてみたり。そういうことも、参考になるかと見立てます。
 
 もうひとつ、気になることとして。
 「自分の意のままに振舞わないと気が済まない男性」の中には、やや「ストーカー気質」的な人も存在します。(彼がそうだとは、限りませんが。)
 別れ話の切り出し方には、要注意。何か怖いことがあったら、遠慮なく公的機関に申し出る。
 そのようなことも、意識されると良いかもしれないと感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加