<無料占い> 今後の展開。 ずぼらーさんより。

 
 
 今回は、ずぼらーさん(女性・40代)からのご相談です。「職場の上司に、なんとなく気に入ってもらっているような気がしています。仕事上のことだとは思っています。ただ、私の受け止め方なのでしょうが、少しだけ扱いが違うような感じがあり、意識してしまうところがあります。お互いいい大人なので、何かあるとは思っていないのですが、お相手は恋愛感情があるのか、単なる仕事仲間として接しているだけなのか。あったとしても、仕事以外の個人的な関係にまで進むのか、お教え願います。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「同人之坤」(同人、坤へゆく)です。
 
 
 まずは「同人(天火同人)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「同人」は、「同人誌」の語源となった卦です。同士を広く求めて実行すればうまくいく、という運勢です。
 
 「同人(天火同人)」は、常に高い所にある天と、常に高みを目指そうとする火を組合わせたかたちであり、両者は親しい関係にあると考えられています。
 それを表すものとして、「同人は親しむなり」という言葉が示されています。
 
「同人」の占いの言葉は、
 
 広く同士を集める。
 そうしてたくましい実行力を持てば、難事業でも成功する。  
 知性(火)と実行力(天)が合わさっているのだ。
 
というものです。
 
 「同人」の卦は、ほかの人と一緒に行動すること。心を一つにすること。心を一つにするからには、その目標は不正であってはならないこと。そして、「実行する」こと。等がポイントとされる運勢です。
 いかにも他の人と仲良くやっていそうな運勢ですが、卦の内部を見ると、実は人間関係がうまくいっていない、という運気が見て取れる運気です。それだからこそ、逆に、協力することの重要性を説いた運勢であるということもできるのです。
 
 
 
 次に、「坤(坤為地)」の卦を検討します。「こん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「坤」は、柔軟さ・女性性・消極性を象徴します。この卦は、六本すべてが「陰・柔」となっていますから、純粋な「陰・柔」という状態です。静止しながら豊かな力を蓄えている様子です。
 
 「坤(坤為地)」は、上下とも「地」というかたちです。万物を生み育てる豊かさを象徴しています。「乾」とは逆に、静止している様子でもあります。
 このような「坤」のかたちについて、「大地の働き、それが坤である。立派な人間は徳性を厚くし、人々を包容していく」という言葉が示されています。
 
 「坤」の占いの言葉は、
 
 「坤」の生成力は偉大である。その力を受けて万物は生まれるのだ。
 「坤」は大地の象徴である。大地は厚く万物を乗せる。その徳は天の広大さと等しい。
 「坤」の限りない包容力によって万物すべてが伸び栄える。
 「坤」の道は、従順に、堅くわが道を守ること。人に従って目的に達するのだ。
 良い友人に恵まれる。同類に背を向ける時は、友を失うも、よりどころが得られる。
 
 というものです。
 
 「坤」の卦が出た時は、一般的には隠忍自重が良い結果をもたらします。また、先生について勉強をするとか、上司の指示に従って働くということについては、良い運勢です。決断をするようなことには向いていません。「柔」ですから、「優柔不断」で決められないと見るのです。
 仕事運等について言えば、リーダーシップをとるよりは、リーダーを支えて裏方に回る方が良い。
 また、この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉があります。これには、「友人と仲良くするのが良い。一方、友人に背を向ければ、配偶者に出会える」であるとか、「簡単なほうを選ぶのも良い。難しい方を選ぶと、孤独になるが結果は出る。これも良い。」とか、「西南方向に移動するなら、大勢で行く方がいいが、東北方向へ行くならば、一人がいい」などのいろいろな意味があり、何か思い当たるところがある場合には参考にできると考えられます。
 恋愛・結婚運で言えば、まとまりにくいとされます。良縁の場合は孤独で困難なものになると考えられています。また、注意すべきこととして、「坤」の場合は、人にだまされるおそれ、という問題があります。
 
 
 
 以上のような、「同人」「坤」の卦を踏まえて、ずぼらーさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容から、変化の関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 基本的には、「仕事仲間として接しているのであり、恋愛感情はなさそうだ。やがて、何事も無い日々が戻ってくる。」と感じられます。
 ただし、(こういう表現が適切かどうかは分かりませんが、)「間違い」的なことが起こる可能性が皆無とは言えないかと。その場合は、「非常に面倒なことになる」おそれがありそうですので、自重する方向で考え、行動することがお勧めになるかと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「同人、坤へゆく」です。
 
 「同人」は、まさに「同人活動」「同人誌」のイメージです。「同じ志を持った人が何人も集まって、みんなで協力して一つの方向に進んでいく」というイメージの運気です。「二人の協力関係」である「比」とは異なります。周囲のみんなを巻き込むように活動するのに向いた運気です。
 内部に対立をはらんでいるという性質を持つこともありますが、「協力して前へ進む」という運気ですので、人間関係に関しては、一般的に吉であると言えます。 
 また、「同人」と言いますと、「内向き、仲間内」的なイメージを想像されるかもしれませんが、実際には少しニュアンスが異なります。
 「地縁・血縁といったムラ社会的な繋がりで固まらずに、外に仲間を探しに行こう」というのが、「同人」の本質です。
 
 まさに「仕事仲間」のイメージです。
 ずぼらーさんがお感じになっている通りかと。
 
 このような「同人」が、やがて「坤」へと変化していくと解釈されます。
 「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない…」といった性質がイメージされる運気です。
 
 「何事も無く、どこまでも穏やかに広がる大地」を象徴する卦です。
 したがって、「将来的には、何事も無い穏やかな日々が戻ってくるであろう」と見立てました。
 
 以上、基本的には、非常に分かりやすいイメージとなっております。
 「仕事仲間として接しているのであり、恋愛感情はなさそうだ。やがて、何事も無い日々が戻ってくる。」かと見立てました。
 
 
 しかし、少し引っ掛かるところが無くもありません。
 現在の「同人」については、彼が「天」でずぼらーさんが「火」という状態にあります。
 「火」は「理性・知性」ですので、まさにご相談内容に現れているとおりの心理状態かと思われました。
 が、「天」です。これは、「男性性」を象徴します。「昔のお父さん」です。「バリバリ働く、家族をリードする。でも、『浮気は甲斐性』。」というタイプ(彼が常にそうだと言っているわけではありません。「同人」である現状において、です)。
 ふわふわと、言ってみれば「間違い」を起こしうるところがあります。恋愛感情では、ありません。
 そして、「坤」です。
 これは本来、結婚運に関するお話で、単なる恋愛運に関わるものではないところもあるのですが。「坤」は、「一大決心を迫られる」的なイメージを持つことがあります。
 こうしたことから。
 「『間違い』的なことが起こる可能性が皆無とは言えないかと。その場合は、『非常に面倒なことになる』おそれがありそうですので、自重する方向で考え、行動することがお勧めになる」というイメージです。
 
 
 以上、2つをあわせまして、上の「結論です。」で申し上げたところが、私の見立てとなっております。
 参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加