<無料占い> 遠距離。 ひとみんさんより。

 
 
 今回は、ひとみんさん(女性・30代)からのご相談です。「去年、外国駐在直前の彼に出会いました。先日帰ってきたので、2人で暮らしています。これまで遠距離恋愛で、ほとんど会えずにいたのですが、これから彼とうまくいくでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「中孚之訟」(中孚、訟へゆく)です。
 
 
 まずは、「中孚(風沢中孚)」の卦を検討します。「ちゅうふ」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「孚」という字は、「まこと」と訓読みします。これは、「信」つまり誠実を意味します。
 
 「中孚(風沢中孚)」は、上にある風が吹きわたり、下にある湖の水を動かす、そのようなかたちをしています。上の者が誠意をもって自ら動き、下の者もそれに感動し、喜んで従う、というかたちです。「恩情をほどこすべきだ」という言葉が示されています。
 
 「中孚」の占いの言葉は、
 中にある二つの陰爻(二本の破線)が、内にある虚心を示す。
 その外側の二本は誠意の充実を表している。
 誠意をもって導くなら、皆喜んで従うであろう。
 誠意をもって行動すれば、(大きな川をわたるような)大事業であっても成功するであろう。
 というものです。
 
 また、この卦は、上下の口が接するような形、たがいに親しむ形をしています。
 そのため、誠実に話し合いをするようなこと、共同で仕事をすること、誠意をもって親友としてつきあうこと、には吉であると言えます。
 仕事運についても同様です。人の和を心がけつつ、誠実に仕事をすれば吉、とされます。
 誠実さが重要である、という運気ですから、失敗した場合、あるいは自らの側に欠点や何らかの非がある場合には、隠さず正直に言うほうが良いという運気でもあります。
 恋愛運については、誠実さ・たがいに親しむと言った意味合いから、良い運気と言えないこともないのですが、「中孚」は、口を接する形であることから、いわば情熱的なキスのようなイメージとしてとらえられることがあります。そのため、むしろ「情熱の行き過ぎに注意」という警告的な意味合いが強くなります。古くは、駆け落ちや情死の危険あり、と言われた卦でもあります。
 
 
 
 次に、「訟(天水訟)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「訟」は、まさに「訴訟」、争い事・裁判のことです。「いがみあい」を象徴します。
 
 「訟(天水訟)」は、上にある天が上に向かい、下にある水は下に流れるというかたちを示しています。上下がますます離れていく。そのために争い事が起こるのです。
 物事は出発点から熟慮して、争い事を未然に防げるよう努力すべき、とされています。
 
「訟」の占いの言葉は、
 
自分に誠意があったとしても、判決が出るまで争うようなことはすべきでない。
和解して、ほどほどのところで折り合うべきだ。
賢者の仲裁を求めよう。
意地を張って大河を渡るような冒険をすると、深みにはまってしまう。
 
というものです。
 
 「訟」の卦は、「訴訟」という言葉からもわかるように、争い事、いがみ合いを示します。
 しかし、これは「師」、戦争とは異なり、規模が小さく、また、武力行使を伴いません。ですから、「たとえ争いになろうとも、戦争のように断固として自らの正義を貫くべき」場面である「師」とは異なり、争いがあってもどこかで妥協する、相手を追い詰め過ぎないことを重視すべき運気であると解釈されています。
 恋愛・結婚運については、いがみ合い、心が離れていく状況ですから、良くない運気であると言えます。
 
 
 
 以上のような「中孚」「訟」の卦を踏まえて、ひとみんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、内包関係にあると解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 良く話し合うこと、しかしベタベタしないこと、ケンカする時はどこか落としどころを意識すること、などがお勧めかと見立てます。
 基本的には悪くない運勢かと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「中孚、訟へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「中孚」は、「誠実」を象徴します。虚心坦懐、こころからの誠意をもって人と接するのに向いた運気です。したがって、人間関係一般について、非常に良い運勢ということができます。
 特に、誠意を持って「話し合う」ことについては大吉とされます。
 注意すべき点も、その裏返しと言うべきものになります。
 行き過ぎた真心や情熱です。たとえば恋愛であるならば、二人だけ、あるいは自分だけの世界に入りこんでしまい、周囲との調和がとれなくなって破綻するような危険は避けなければいけません。
 
 「話し合う」ことが、特にお勧めとなりそうです。
 しかし、「話し合いをしてくれない」であるとか、「めんどくさがらないで欲しい」であるとか。そのように、ヒートアップしてしまったり、ベタベタしすぎてしまったりするような方向性は、お勧めできないかと。
 そのような運勢かと、見立てます。
 
 
 このような「中孚」に内包されているサブの運気が「訟」です。
 「訟」は、まさに「訴訟」です。人間同士のいがみあいを示します。ただ、同じいがみあいでも、徹底的に戦いぬくべき「師」(戦争)の卦とは異なり、「訴訟」ですので、話し合いと妥協、和解を心掛けるようにしていくことが要求される運気です。
 全体として、ストレスフルな運気と言うことができます。
 注意事項として、「妥協」というのは、「一方が全面的に譲る」ことではありません。「双方が譲り合い、双方がお互いの主張を通しあう」ということです。 
 
 ケンカするときは、「行き着くところまで大喧嘩してしまうのは、良くない」というイメージです。
 どこかで妥協することがお勧めになるかと。
 
 
 一年、会っていなかったとのお話です。環境の激変もあるかと思います。
 また、海外に駐在していた男性は時として、穏やかに接しようとする女性を「ぬるい、甘い」と感じて苛立ちを覚えるようなケースがあります。
 そういうことを考え合わせましても、「ベタベタしすぎず」、しかし「話し合いをすべき」かと。そのように、見立てました。
 役に立つところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加