<無料占い> 彼女がいる男性。 ともさんより。

   

 
 
 今回は、ともさん(女性・30代)からのご相談です。「彼女がいる男性と、海外駐在中に恋仲になりました。私にも彼がいましたが、うまくいっていない時でした。私は彼と別れ、日本に帰ってきました。海外で恋をした男性も近々帰ってくるそうです。私とは、『また会えたらいいね』ぐらいの会話しかしていません。帰国してきた彼とお付き合いできるでしょうか?彼意外にご縁はあるでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 その男性について。
 得られた卦は、「困(沢水困)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「困」は、「くるしむ」という意味です。囲いの中に木があって、伸びようとしても妨げられています。
 
 「困(沢水困)」は、沢(沼や湖)の下に水があるかたちです。本来ならば水をたたえているべき湖が涸れ果てているようすをあらわします。
 このようなかたちについて、「沼に水がない。立派な人は自らの身をなげうって、志を貫くのだ」という言葉が示されています。  
 
「困」の占いの言葉は、
 
「困」は、試練を経て伸び栄える。
 剛が陰に覆われているが、その危難(水)を喜んで受け入れ(沢)よう。  
 苦しみの中に道を失わない者こそ、真に立派な人間だ。  
 変ることなく初志を貫こう。内側に剛健な徳を有しているのだ。大人物には吉なのだ。  
 苦境にある時は、何を言っても弁解としか受け取られない。  
 
というものです。  
 
 「困」の卦は、「升」(運気上昇)だったものが頭打ちになったものであるとか、「節」(沢に豊かに水がある)だったものが節度を失ったものであるとか、「否」(八方ふさがり)から苦闘したけれども力尽きたものである等と考えられています。いずれにせよ困難な運気です。四天王級です。  
 困難を象徴する卦は易にもいくつかありますが、「困」は「沢に水がない」かたちですので、「窮乏」であるとか、「資金・物資の不足」といった、何らかの不足による困難である場合が多いです。今は我慢の時です。
 占いの言葉にあるように、言い訳はあまり良い結果を生みません。何をしても苦しい時期ですが、今までの方針を変えずにしばらく時期を待つしかないという運勢と言えます。  
 恋愛・結婚運についても良くないと解釈されます。
 
 
 
 別の男性とのご縁について。
 得られた卦は、「頤(山雷頤)」です。「い」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「頤」は、「あご」という意味です。人間があごを動かして栄養を取ることから、「養う」という運気を象徴します。
 
 「頤(山雷頤)」は、上は山(動かない)、下は雷(動く)というかたちです。口を開いたり閉じたりする様子を示しています。
 また、一番上の卦の図を見てもらえればわかりますが、上下の実線があごを、中にある四本の破線が歯を示しています。このことからも、「あご」というかたちが示されているわけです。
 このかたちについて、「立派な人間は言動に注意し、飲食を節制する」という言葉が記されています。
 
 「頤」の占いの言葉は、
 
 養い方が適正であれば、吉。
 本質を見極めて、物理的な栄養物や精神的な教養を摂取しよう。
 重要なのはタイミングだ。
 
 というものです。
 
 「頤」の卦のキーワードは、「養う」です。栄養であり教養であり、また、何を養うか、誰を養うか、その見極めが重要だとされます。
 また、頤は口であり、中の四本が破線(虚)であることから、内心の思いを外に出さない人、あるいは内心を外に出しにくい状況を象徴することもあります。
 総合的に見て、栄養や教養を取り込むような活動には吉です。もっとも、食べたものが栄養になるには消化が必要であるように、結果が出るまではやや時間がかかる、という運気でもあります。
また、口に関わることですので、発言に要注意。不用意な発言で仲間を失うようなことは避けたいものです。
 恋愛・結婚運はあまり良くありません。口論であるとか、内心を見せられないであるとか、中身がないとか、そのようなイメージをも有する卦だからです。
 
 
 
 以上のような「困」「頤」の卦を踏まえて、ともさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 その男性とのご縁は、やや薄いかと感じられました。無理に進展を狙うよりは、「待つ」ほうが良いかと感じられます。
 彼意外の男性とのご縁については、「時間はかかるが、追い追い見つかりそうだ。今は、じっと英気を養うのが良さそうだ」というイメージです。
 
 
 
 
 海外で知り合った男性について。
 得られた卦は、「困」です。
 
 「困」は、「困難」を象徴します。四難卦と言われる、易を代表する「良くない運気」です。かなり厳しい運気と言えます。
 また、「困」の卦が象徴する「困難」は、「何かが不足している」ことが原因であることが多いと考えられています。
 
 どうも、ご縁が薄いかと感じられました。
 期待しすぎてしまいますと、肩透かしを食うかなと見立てます。
 無理に進展を狙うよりは、「待つ」ほうが良いかと感じられます。
 「ご縁があればラッキー」ぐらいの気持ちでいるほうが、負担にならないかと見立てました。
 
 
 
 その他の男性とのご縁について。
 得られた卦は、「頤」です。
 
「頤」は、「あご」です。最上図をご参照いただきたいのですが、卦のかたちからしても、大きく口を開けている様子・中が空洞である様子を示しています。
 このような「頤」のキーワードは、「養う」です。「栄養」であり、「教養」でもあります。
 食べた物を消化して栄養にするまでは時間がかかるように、「結果になるまでは時間がかかる」というイメージがあります。また、「養う―養われる」という人間関係にも縁がある運気です。
 
 「結果になるまでは、時間がかかる」というイメージです。
 失恋されたと伺いました。そのダメージもおありかと、拝察いたします。
 「頤」は、後々には結果につながるという運気です。追い追い、ご縁のある男性と出会えるのではないかと見立てます。
 今は、じっと英気を養うのが良いのではないかと、申し上げます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加