<無料占い> 適齢期。 アラフォー女性さんより。

 
 
 今回は、アラフォー女性さんからのご相談です。「20代後半から30代前半にかけ、いろいろな男性とお付き合いがありましたが、ことごとく振られてきました。真面目にお付き合いしていたと思っていた男性を、身近な友達に略奪されたこともあります。自身を無くす出来事でした。私は人がよすぎるとか、素直すぎるとは良く言われます。好きになっても片思いから抜け出せず、声をかけてくるのは既婚者ばかり。それでも不倫はしていませんし、するつもりもありません。婚活を終え、この年になると、自分にはこういう縁はないのかなと仕事や勉強に邁進しています。ところが最近、周囲の人がアラフォーでも幸せになっているために、気持ちが正常でいられません。自分は好きな人ができると一途になりすぎ、男性に重いと思われるので、他に打ち込んでいることがある時の方が良い出会いがあるのですが、最近なかなか出会いもありません。もっといろいろうまくやればいいのに、今まで全てタイミングがうまくいきませんでした。『うまく行く人はうまく行く』などとも聞きますが、私にもそんな希望はあるのでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「震(震為雷)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「震」は震えること。雷鳴が震いわたっている状態です。恐ろしげだが音ばかり大きくて実害は少ない、というイメージです。
 
 「震(震為雷)」は、上下とも雷というかたちです。「おそろしいけれども用心しておけば大丈夫だ」、という言葉が記されています。
 
 「震」の占いの言葉は、
 
 震は、伸び栄える。
 雷がとどろいている時は恐ろしいが、過ぎ去れば笑顔になる。
 慎み恐れることが重要である。
 恐ろしいことがあっても、ろうばいしないような人間こそ、立派なのだ。
 
 というものです。
 
 「震」の卦は、「伸び栄える」、つまり、仕事等で発奮すると良いことがあるという運勢、サプライズ的な何かがあるという運勢ですが、同時に、音ばかり盛んで実がない、という運気でもあります。
 したがって、軽挙妄動は慎み、落ち着いて行動することが重要です。「悪い結果ではなかったのに、期待の方が大きすぎたせいでがっかりする」ようなこともないようにしたい運気です。
 逆に、問題や悩みがあった場合には、思ったよりも深刻ではなかった、ということもありうる運気と言えます。
 あわてず落ち着いて考えましょう。軽挙妄動はかえってダメージを深刻なものにしてしまいかねません。
 
 
 
 
 このような「震」の卦を踏まえて、アラフォー女性さんのお話を踏まえて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「チャンスは数多く、失敗は大きな傷になりにくい」という運勢です。
 言葉は悪いですが「数打てば当たる」的なところがあるとされます。
 「動きが重い」のは、お勧めできないと見立てます。軽快に、積極的に、軽々しいぐらいに動く方がチャンスはあるかと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「震」です。
 「震」は、「雷」です。
 「雷」は、「積極性・能動性・素早い動き、大きな音」等を象徴します。悪く言えば、「騒がしさ、落ち着きの無さ」です。
 また、「震」のように、「上三本と下三本が同じかたちをしている卦」は、「二度あることは三度ある」的な運勢を象徴します。「雷」の性質とあわせますと、「失敗しても何度でも挑戦できる」というイメージになります。
 
 冒頭の一般論では、そのような「震」(「雷」)についての注意点を強調する書き方をしましたが、「震」の良さを活かすことができれば、可能性はあると感じられました。
 「雷」は、「積極的で素早い行動」を象徴し、それが重なる「震」は、「何度でも動く」という意味合いになります。
 また、「音は大きいけれど被害は小さい」という「雷」のイメージから、「失敗しても大きな傷にはならない」という運勢でもあります。
 
 こうしたことを考え合わせますと、「チャンスは数多く転がっている」的な運勢かと見立てます。
 言葉は悪いですが、「数打てば当たる」的なところがあるのではないかと。
 「震」・「雷」は、「とにかく動く」という運勢です。「重い」という性質とは、相性が悪いです。その点は、意識的に警戒しておく必要があるかもしれません。積極的に、軽々しいぐらいに動けば、チャンスはあると感じられます。
 必要以上に落ち込むことは、なさそうです。そういう時こそ、「軽々しいぐらいに、動く」という発想がお勧めになるのではないかと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加