<無料占い> 相手の気持ち。 たすくさんより。

 
 
 今回は、たすくさん(女性・20代)からのご相談です。「今回は、その後知り合った別の方についてお願いします。いま、その方とは連絡を取り続けているのですが、その方の気持ちとか今後の展開を知りたく思っております。電話で話したりもしたのですが、緊張から自分のことばかり話してしまったり、彼が言わんとしていることを流してしまったり……失敗したなあと思っているので、彼がどう思っているかを知りたいのです。今後の展開についても、よろしくお願いします!」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「兌之予」(兌、予へゆく)です。
 
 
 まずは「兌(兌為沢)」の卦を検討します。「だ」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 次に、「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「兌」「予」の卦を踏まえて、たすくさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、「展開を」というご相談ですので、変化の関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 現状は、「軽い関係」かと。
 彼の気持ちも、「浮き立っている」というところがあるかと。
 今後は、「楽しい恋」のイメージですが、計画性と申しますか、「どういう方向に持って行きたいかを意識する」ことが大切になるのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「兌、予へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「兌」は、上下とも「沢」を意味します。
 「沢」は、「少女、笑い、喜び、口、身軽さ」などを象徴しています。悪く言えば、「深みがない、軽薄だ」ということにもなります。
 
 「兌」は、軽快な運勢です。
 恋愛そのものを象徴すると言えるぐらいに、明るく浮き立った状態を象徴します。
 
 恋愛には最適と言えないこともないのですが、「兌(沢)」には、「口先ばかり/軽薄」という性質もあります(前回の記事をご参照ください)。
 彼の気持ちが、「うきうきしている」ぐらいならば良いのですが、「『楽しみ』だけを追及したがっている」という方向性ですと、少々切ないですよね。
 その点の見極めが、大切になるかもしれません。
 
 
 このような「兌」が、やがて「予」へと変化していくと解釈されます。
 
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 この「予」も「楽しむ」ですので、恋愛については良い運勢と言えます。
 しかし、注意点も「兌」と共通するところが……。「楽しみに溺れない」ということが、ポイントになります。
 軽快な恋愛を楽しむには良いのですが、しっかりしたお付き合いを希望される場合には、「恋の楽しみばかりに溺れないように」という点に注意が必要となります。
 
 そのためのカギとなるのが、「予」の第三の要素である、「あらかじめ」ではないかと。
 計画性と言うと少しズレてしまうかもしれませんが、「どういう方向に持って行きたいかを意識する」ことが大切になるのではないかと見立てます。「振り回されすぎないように、ご注意を」というイメージです。
 
 今後ですが。「予」の卦から見て、彼が「雷」でたすくさんが「地」という展開になるかと。
 「雷」は、「能動性、積極性、素早い動き」ですが、「落ち着きの無さ、騒がしさ、中身のなさ」という問題があります。
 「地」は、「受動性、受容性、柔軟性」であり、「動きが鈍い」という問題があります。
 ここから見て、ある段階からは、「彼が積極的に動いて、たすくさんがそれに応ずる」という方向性になるのではないかと。
 その際に、「計画性」が大事になるのではないかと、感じました。
 「彼を受け入れるか、受け入れないかをしっかり判断する。受け入れるとしても、どういうお付き合いを目指して行きたいかを意識しておく。振り回されすぎないように、注意する」という考え方が、お勧めになるのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加