<無料占い> 元恋人の彼の現状。 ライチさんより。

 
 
 今回は、ライチさん(女性・30代)からのご相談です。「今年別れた彼とやり直したいです。連絡を取っていないので、現状が分かりません。彼とやり直せる可能性はありますか?彼は私のことをまだ好きでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「解之蒙」(解、蒙へゆく)です。
 
 
 まずは「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。詳しくは後述します。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 次に、「蒙(山水蒙)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「蒙」は、「くらい」、「無知である」、という意味です。
 
 悪い意味のようですが、実際は、人間で言えば幼児の状態、無限の可能性があるともいえます。ただし、無知な幼児なわけですから、正しい方法で慎重にことを運ばなければならないという運勢です。
 
 「蒙(山水蒙)」は、山の下に危険な川があるかたちです。あるいは、山の下に湧水があるというかたちとされます。泉が大河になるように努力をし、また山のように揺るがぬ姿勢を貫くべきだ、という言葉が示されています。
 
「蒙」の占いの言葉は、
 
 山と川という危険がある。
 正しい導きによって、時機を見て動くなら、やがて大いに伸び栄えるであろう。
 ただし今は童子の状態。心から教えを願おう。先生の方から教えるのではないのだ。
 占いをする時は、同じことを二度三度と占ってはいけない。それは易を冒瀆するものなのだ。
 
というものです。
 
 全体としては、現在のところはまだくらい、決して悪い運勢ではないのですが、時期が悪いとされます。運気は漸進的、つまり進んではいるのですが、当事者としてはどうも進んでいないように思う、そのような時期です。すぐに結果が出るという時期ではありません。
 今は苦労が多く、何らかの対策をとり、慎重に物事を進めるべきと言われています。
 また、童子のように、虚心になってひとに助言を求めるのがよいとされます。
 恋愛・結婚運も良くありません。暗く、先が見えないのです。とは言え、今から彼氏を探すというケースの場合は、悪いとまでは言えません。「これからだ」「どうなるかまだ分からない」というイメージですので。
 
 
 
 以上のような「解」「蒙」の卦を踏まえて、ライチさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の関係から見て、内包であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 可能性はあるかと感じられました。
 しかし、現状は「まだまだ先行きが不透明」であり、「少しずつ無理なくきっかけをつかんでゆくべき」ではないかと見立てます。
 彼の気持ちについては、「動く可能性はあるけれど、『今でも好き』というのとは違うかも知れない」と見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解、蒙へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 「解」は、運気の回復を象徴します。
 したがって、復縁の可能性はあるかと見立てます。
 しかし、焦って一気に進もうとしても、うまくいかないのが「解」の特徴です。
 無理のないきっかけをつかんで、自然に、じわじわと、交流を回復していくところから始めるのが良いのではないかと見立てます。
 
 このような「解」に内包されているサブの運気が「蒙」です。
 「蒙」は、「くらい」という意味ですが、これは、「幼児のように、『物事に明るくない』」というイメージです。
 「子供には無限の可能性がある」的なイメージもあるということです。ただ、現状はまだまだ暗い。そのようにお考えください。 
 
 「蒙」の卦からしますと、やはり、「可能性はあるけれど、なかなか大変だ」というイメージになるかと見立てました。
 焦りは禁物かと見立てます。
 
 
 彼の気持ちについてですが。
 メインの「解」と、内なる要素である「蒙」と、その2つからの見立てを申し上げます。
 
 「解」の卦について、人間関係を考える場合、彼が「雷」でライチさんが「水」です。
 「雷」は、「能動性、積極性、大きな音」といったイメージを持ちます。悪く言えば、「落ち着きの無さ、空騒ぎ」です。
 「水」は、「思慮深さ」ですが、悪く言えば「陰謀好き」です。
 ここから見て、「ライチさんはためらっている。彼の気持ちについては、『動く可能性がある』」という状態ではないかと見立てました。
 
 また、内なる要素が「蒙」であることからすると、「幼児のように、まだ何も始まってはいない」かと見立てます。
 彼に気持ちが残っているかと言われると、「そういうことではなさそうだ」というイメージになるかと。
 彼の気持ちはリセットされているのではないかと見立てます。
 「ゼロからの、再スタート」というイメージではないかと、感じられました。
 
 それでも「解」です。
 彼の気持ちが動いてきて、少しずつでも回復してくる可能性はあるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加