<無料占い> s国とp旅行。 エスさんより。

 
 
 今回は、エスさん(女性)からのご相談です。「その後、状況に変化があり、旅行プランの変更に落ち着きました。キャンセル料がかかるのがもったいないという理由と、友人を傷つけたくないからという理由によります。そのつもりでいたのですが、最近友人が、部署異動に伴い、強いストレスを抱えるようになってしまいました。体調も損ね、手術をすることになったそうです。その手術が、旅行の後に行われるということなので、私は旅行をとめたのですが、聞き入れてくれません。これまでの付き合いから、現在の友人の調子がかなり厳しいことは、私には分かっているのですが……。私は、やはり旅行をやめようと提案する方が良いでしょうか。今からだとキャンセル料もそれなりにかかるので迷います。この旅行は楽しめるでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「解之謙」(解、謙へゆく)です。
 
 
 まずは「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。詳しくは後述します。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 次に、「謙(地山謙)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 以上のような「解」「謙」の卦を踏まえて、エスさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の関係から見て、内包であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 急な方向転換は、あまりお勧めできないかと見立てました。
 お友達も楽しみにされているとのことですし、今のプランで良いのではないでしょうか。
 その分、旅行中に気を使ってあげれば良いのかな、というイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解、謙へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 「解」は、「少しずつだが、良くなっていく」というイメージの卦です。
 ただ、「少しずつ」ですので、急激に動くことはあまりお勧めできないとされます。
 
 今から旅行プランを変更するとなると、エスさんにしてもお友達にしても、大きなストレスになってしまいはしないでしょうか。
 身体に無理の無い範囲であれば、ストレスの解消になるということも、あると思います。
 お友達も楽しみにされているとのことですし、今のプランで良いのではないかと見立てました。
 
 
 このような「解」に内包されているサブの運気が「謙」です。
 内に「謙」を意識しておくと良さそうだ、というイメージです。
 
 「謙」は、まさに「謙遜」。「へりくだること」「相手を尊重する気持ち」を示します。
 上の説明でも、「自分の我を張り、押し出していくのは慎んだほうが良い」という表現を使っていますが、これだけではやや誤解を生むところもありうる表現ではあります。
 「謙」の卦については、注意事項として必ず申し上げなくてはならないポイントがあります。それは、「謙」は、「卑下」とは異なるということです。「自分を不当に貶めることで、相対的に相手を高い立場として扱う」ことは、「謙」ではありません。  
 相手を尊重するその前提として、自分も尊重する。自分にとって大事なこと・譲れないこと等を固く守るからこそ、相手の大事なものへの配慮もできる。それが「謙」です。
 また、「謙」の卦は、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろうもの』は、すでに手に持っている」ような運勢であるとも言われます。
 
 いろいろな意味がありますが、「相手を尊重する、思いやる気持ち」が主なイメージとなる運気です。
 「旅行プランを変更しないとしても、お友達に気を使ってあげる」という方向性が良いのではないかと、見立てました。
 
 
 いろいろとご不安はあるかもしれませんが、運気としては、「低調なりに、上向いてきている」というイメージであり、先行きは明るいかと。
 「無理をなさらない程度に、現状維持で臨む」という方向性はいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加