<無料占い> 体型。 30代主婦さんより。

 
 
 今回は、30代主婦さんからのご相談です。「不妊に悩んでおり、本を参考に『食べ過ぎ』をやめました。元々やせ型で体力が無いほうです。一時期太り、おばさんぽい体型になった頃から生理が不調になり、いろいろ試しましたがなかなかうまく行かず、今にいたります。その本に、食べすぎは胃腸にも悪く、良い血液が作れないから結果不妊になると書いてあり、それを参考にしたところ、4kgやせました。嬉しくはあったのですが、また元のやせ型に戻ってしまいました。生理は不調のままです。やせてかっこ良くなったとは言われましたが、これが良い結果なのかは分かりません。人間ドックでは、『やせすぎだからこれ以上やせ続けないように注意が必要』と出ました。自分としては、ふっくらした体型はすきなのですが、感覚としては今がベストの体重だと思っています。将来妊娠できる身体に向かって良い方向に進んでいるのか、軌道修正が必要か、教えていただけないでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 冒頭から、お詫びを申し上げます。
 私は、医療に関わることについては、占いを立てないこととしております。古代ならばともかく、現代では医療も発達しております。専門家として日々研鑽を積まれ、責任感を持って仕事をされているお医者様のおっしゃることこそが、大切だと考えているからです。
 今回の記事については、「気の持ちよう」「一般論」「ちょっとした小噺」程度にとらえていただけますよう、お願い申し上げます。
 
 
 得られた卦は、「蒙之艮」(蒙、艮へゆく)です。
 
 まずは、「蒙(山水蒙)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「蒙」は、「くらい」、「無知である」、という意味です。
 
 悪い意味のようですが、実際は、人間で言えば幼児の状態、無限の可能性があるともいえます。ただし、無知な幼児なわけですから、正しい方法で慎重にことを運ばなければならないという運勢です。
 
 「蒙(山水蒙)」は、山の下に危険な川があるかたちです。あるいは、山の下に湧水があるというかたちとされます。泉が大河になるように努力をし、また山のように揺るがぬ姿勢を貫くべきだ、という言葉が示されています。
 
「蒙」の占いの言葉は、
 
 山と川という危険がある。
 正しい導きによって、時機を見て動くなら、やがて大いに伸び栄えるであろう。
 ただし今は童子の状態。心から教えを願おう。先生の方から教えるのではないのだ。
 占いをする時は、同じことを二度三度と占ってはいけない。それは易を冒瀆するものなのだ。
 
というものです。
 
 全体としては、現在のところはまだくらい、決して悪い運勢ではないのですが、時期が悪いとされます。運気は漸進的、つまり進んではいるのですが、当事者としてはどうも進んでいないように思う、そのような時期です。すぐに結果が出るという時期ではありません。
 今は苦労が多く、何らかの対策をとり、慎重に物事を進めるべきと言われています。
 また、童子のように、虚心になってひとに助言を求めるのがよいとされます。
 恋愛・結婚運も良くありません。暗く、先が見えないのです。とは言え、今から彼氏を探すというケースの場合は、悪いとまでは言えません。「これからだ」「どうなるかまだ分からない」というイメージですので。
 
 
 
 次に、「艮(艮為山)」の卦を検討します。「ごん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「艮」は、「とどまる」という意味を持ちます。
 沈着冷静、沈思黙考を心がけるべき、という運勢です。
 
 「艮」の卦は、上下とも「山」というかたちです。
 このかたちについて、「連なる山々。山は動かない。自分の立場を考えて、高望みはしないように」という言葉が書かれています。
 
 「艮」の占いの言葉は、
 
 艮は、とどまることである。
 とどまる時にはとどまり、行くべき時には行く。そこを間違えなければ、素晴らしい未来が待っている。
 控えめな態度をとろう。
 
 というものです。
 
「艮」の卦が出た時は、足踏み、運勢が動かない、現状維持の段階です。
 動かない、ということで、進展がないのでがっかりされるかもしれません。
 しかし、専門的になりますが、この卦は「解」(ゆきどけ)の卦に進む運気を内包しています。
 その意味で、足踏みといっても、「蹇」(足をひきずる、ゆきづまる)の卦とは違い、小休止の後に運勢が開けてくる可能性が示唆されています。
 ここは「待ち」の姿勢です。
 この卦が出た時は、人に積極的に会いに行くのはあまり良くないと言われています。協力者が得にくいのです。また、家庭であるとか、仲間がかかわるような事に関しても、外に意識を向けるよりは、まずは内輪の結束を固めるのがよいとされています。
 今結果を出すのは難しいかもしれません。しかし、運勢が開けてくる可能性は見えています。
 ちりも積もれば「山」となる、今は努力の時です。また、この卦はその「山」が重なっています。繰り返すこと、地道で継続的な努力をするのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「蒙」「艮」の卦を踏まえて、30代主婦さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を踏まえ、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 やはり、一度はお医者様に相談されることかと見立てます。
 本も良いかもしれませんが、「民間療法」的なものは、あくまで副次的なものではないかと思うのです。
 動揺することなく、一つの方針でじっくり取り組まれることがお勧めになるかと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「蒙、艮へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「蒙」は、、「くらい」という意味ですが、これは、「幼児のように、『物事に明るくない』」というイメージです。
 この卦に付されている占いの言葉は、大きく分けると二種類です。「これから先生について物事を習おうとする幼児の心掛け」と、「幼児に物を教えていく親や先生の心掛け」と。その二つをたとえとして、運気についての説明をしているのが、「蒙」です。
 
 やはり、「教えを受けるような気持ちで」、専門家に相談すべきケースかと見立てます。
 民間療法や自己診断も、「悪いとばかりは言えない」とは思いますが。
 それでも、現代の医学は優れたものだと思うのです。昔であれば考えられないぐらいに、病気や体調を整えてくれるものだと思います。
 
 このような「蒙」に内包されているサブの運気が「艮」です。
 「艮」も意識しておくと良さそうだ、というイメージでお考えください。
 
 「艮」は、上下とも「山」、というかたちをしています。
 したがって、この卦のキーワードは、「動かざること山のごとし」です。
 大きな飛躍を期待する人にとっては、運気が「動かない」という足踏み状態ですので、少し残念に感じられることもありますが、落ち着きたい人にとっては、「非常に安定している」という意味になりますので、むしろ良い運気と言うこともできます。
 心構えも非常に分かりやすいです。第一に、「動揺しないこと」です。運気が停滞していますので、動揺するだけくたびれ損なのです。第二に、飛躍は期待できませんので、「地道に努力をすること」がお勧めとなる運気です。
 
 やはり、「『確かなもの』に頼り、動揺することなくそれに取り組む」ことがお勧めになるのではないかというイメージです。
 きちんと診断を受けられるのが良いのではないかと見立てます。
 
 
 
 以下は、あくまでも余談です。
 「飲み会での会話のネタ」程度のイメージでお考え頂きたく、お願い申し上げます。
 
 「艮」には、「背中」、「不動のもの」、「どっしりしたもの」、「がっちりしたもの」というイメージがあります。
 ここから考えると、体重の増減もあるかもしれませんが、他に意識すべきこともあるのかなと感じられました。
 
 体重が軽くても、生活習慣病になるということがあるそうです。筋肉が足りないケースだとか。ひょっとしたら、そうしたところもあるのかなと。
 「ふっくら」ではなく「がっちり」的なイメージがあるのが、「艮」ですので。
 
 随分昔になりますが、高齢出産の代表と言えば、ジャガー横田さんでした。女子プロレスラーです。
 プロスポーツ選手は、一般の私達とはかけ離れているとは思いますが、やはり「しっかりとした体力がある人」は強いのかもしれないと、そんなことを思いました。
 
 ……以上の話は、あくまでも「余談」です。
 易とは関係ありませんし、まして体調や医療の話ではありません。
 「お友達とご飯を食べながら会話した時に出てきた話」レベルの、無責任なおしゃべり。
 そのレベルで捉えていただきたく、お願い申し上げます。
 
 
 私から申し上げるべきは、「やはり、お医者様に診てもらって、そちらのアドバイスをこそ参考になさるべきではないでしょうか?」ということではないかと、考えております。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加