<無料占い> 友人のこと。 やすこさんより。

 
 
 今回は、やすこさん(女性)からのご相談です。「最近付き合っている友人ですが、とても気が合ったので、よく泊まりに行ったり遊んだりしています。このところ、なんとなく以前とは違う感じになっているように思えます。彼女は、この関係性についてどう思っているのでしょうか?今後も前のように楽しくてお互い発展していくような間柄となっていきますか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「謙(地山謙)」です。最上図をご参照ください。
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 以上のような「謙」の卦を踏まえて、やすこさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「一歩引く」と良いかもしれません。
 どれほど仲が良いお友達でも、始終いっしょにいては、疲れることもありますし、ちょっとイラッと来てしまうこともあると思うのです。
 「遊びに行ったり、一緒に居たりする頻度を少し減らし、代わりにその時間をしっかり楽しむ」(量から質へ)的な発想が、あるいはお勧めになるかもしれません。
 彼女は、今のところ、(やすこさんとのお付き合いについて)「少し、反応が鈍い」ような状況かと。なんと言いますか、「のんびり、まったり志向」的なところがあるかもしれないと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「謙」です。
 
 「謙」は、まさに「謙遜」。「へりくだること」「相手を尊重する気持ち」を示します。
 上の説明でも、「自分の我を張り、押し出していくのは慎んだほうが良い」という表現を使っていますが、これだけではやや誤解を生むところもありうる表現ではあります。
 「謙」の卦については、注意事項として必ず申し上げなくてはならないポイントがあります。それは、「謙」は、「卑下」とは異なるということです。「自分を不当に貶めることで、相対的に相手を高い立場として扱う」ことは、「謙」ではありません。  
 相手を尊重するその前提として、自分も尊重する。自分にとって大事なこと・譲れないこと等を固く守るからこそ、相手の大事なものへの配慮もできる。それが「謙」です。
 また、「謙」の卦は、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろうもの』は、すでに手に持っている」ような運勢であるとも言われます。
 
 俗に言う、「親しき仲にも礼儀あり」的な状態を象徴します。
 何もやすこさんが失礼であるとか、そういうことではありませんが、「親しくなって、近づいたからこそ、いったん気を引き締めてもう一度お互いを尊重しあうと良い」のかもしれないと、見立てます。
 どれほど仲が良いお友達でも、始終いっしょにいては、疲れることもありますし、ちょっとイラッと来てしまうこともあると思うのです。
 「遊びに行ったり、一緒に居たりする頻度を少し減らし、代わりにその時間をしっかり楽しむ」(量から質へ)的な発想が、あるいはお勧めになるかもしれません。
 
 
 現在の、お二人の関係性についてですが。
 お友達が「地」で、やすこさんが「山」という関係性にあると見立てます。
 「地」は、「母なる大地」であり、「柔軟性、不変性、受容性」などを象徴します。悪く言うと、「鈍重」です。
 「山」は、「動かざること山のごとし」であり、「不動性」や「下から突き上げるもの」などを象徴します。悪く言うと、「頑固」です。
 ここから見て、現在のお二人の関係は、「やすこさんが突き上げているが、お友達の反応がやや鈍い」的な状況かと。
 なんと言いますか、「のんびり、まったり志向」的なところがあるかもしれないと見立てました。
 だからこそ、「敏感な反応を引き出そうと次々手を打つよりは、手数を減らして、ゆっくりていねいな対応を」という発想が良いのではないかと見立てました。
 
 「謙」は「お互いを尊重しあう」という性質ですので、友情方面では吉です。
 関係性の深化が望めるのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加