<無料占い> 同僚。 まみさんより。

 
 
 今回は、まみさん(30代)からのご相談です。「4月に同じタイトルで見ていただきました。懸念であった同期は、やっと異動が決まりました。アドバイスいただいたとおり、軽い感じのつきあいでうまくやっていけたところなので、何となくさびしい気持ちもありますが、嫌なことにも終わりが来るんだとも思いました。しかし一方で問題もあります。同じグループの若手後輩が、仕事がイマイチな感じで非常に手がかかります。例の同期と困ったもんだと話していました。その異動していく同期の後任が、これまた若手で、仕事ができないと噂の子です。分かり合える同期がいなくなる一方で、手のかかる若手二人を面倒見るのかと思うと、心配になります。無いものねだりのワガママばかりで申し訳ないのですが、同期の異動後の私の仕事運を見ていただけないでしょうか。私にも異動の話がありますでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「鼎(火風鼎)」です。「てい」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「鼎(火風鼎)」は、「かなえ」です。三本脚の器(食器・調理器具)です。
 三本の脚で器を支えるようにみんなの協力を得てことを行えば、大成功するという、よい運勢を示しています。
 
 「鼎(火風鼎)」は、木(風は木も象徴します)の上に火があるかたちです。鼎をつかって調理を行うかたちです。「秩序を整える」という言葉が示されています。
 
 「鼎」の占いの言葉は、
 
 この卦は鼎をかたどっている。大いに伸び栄える。
 木を火にくべて調理を行い、お供えにしたり、みんなをもてなす。
 謙虚(風)で聡明(火)、穏やかなリーダーにまっすぐな部下。
 だからこそ、伸び栄えるのだ。
 
 というものです。
 
 鼎は三本脚の器です。三本の支えがあればどっしりと安定するように、みんなで協力し合えばよい結果が出るということを示しています。
 また、「鼎」は、新しいことをするのには吉、とされています。「鼎」の前に置かれている卦は「革」(革命)であり、その結果を引き継ぐ運気であると考えられています。
 もっとも、ここでいう新しいとは、完全リニューアルではなく、味付けがうまくいかなかった料理について、食器の中にある食材にもう一度火を加え、料理し直すようなイメージです。うまくいかなかったならば、今までの延長の中でマイナーチェンジを加えてみては、という運気です。
 料理のように、人を喜ばせることで自分も喜ぶという運気でもあります。独善はよくありません。ひとのことを考えると良いでしょう。
 恋愛・結婚運は、協力を意味することから、悪くないと考えていきます。しかし、三本脚の器だけに、三角関係のおそれもあります。
 
 
 
 以上のような「鼎」の卦を踏まえて、まみさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。 
 
 「案外」と言っては良くないかもしれませんが、「思っているよりはうまく行く」のではないかと見立てます。
 人間関係が3人になるということが、上手く回る理由になるかもしれません。関係性が変わりますので、まみさんの側でも、対応に少し変化を加えると良いことがあるかと見立てます。
 異動も、ありうるとは思います。時期ですが……一つのイメージとして1月、また同僚異動後3ヶ月、などがあります。(が、こちらはあまり自信がありません。)
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「鼎」です。
 「鼎」は、「かなえ」です。「三本脚の、調理器具 兼 食器」を意味します。
 三本脚ですので、非常に安定しています。また、「支え合う」というイメージですので、周囲の人とは協力しあってうまくやっていけるという運勢を示唆します。だいたいのことについてうまく行きやすいと言うことができます。
 また、「調理」ですので、「ちょっとした味付け・アレンジメント」というイメージを持ちます(「革命」を意味する「革」の卦ほどではありません)。「マイナーチェンジ(小さな改良)をする」「気の持ちようを少しだけ変える」ことに向いている運勢です。
 
 「鼎」の卦の特徴は、まず第一に「安定感」です。「だいたいのことについて、まあまあ、うまく行きやすい」という性質を持ちます。
 「案外」と言っては良くないかもしれませんが、「思っているよりはうまく行く」のではないかと見立てます。
 
 「鼎」の特徴として、また、「三本足」であるということが挙げられます。
 複数人の(一対一ではない)人間関係が上手く回るというイメージです。
 これまでは、「ほぼ対等の同僚と、一対一の人間関係」でした。だからこそ「ぶつかりもするし、気持ちが分かり合える」というところがおありであったのかと。
 これからは、3人の人間関係です。しかも2人の上に乗る形になります。上手くすれば、「楽ができる」……と言っては、良くないかもしれませんが。複雑になる分だけ、相乗効果にも期待できるのではないかと。
 
 「鼎」はまた、「マイナーチェンジ」に適した運勢です。
 申し上げたところではありますが、「ほぼ対等の同僚」と「一対一」の関係から、「後輩」と「3人」の関係へと、変化します。
 先輩になると、ついつい、「私に合わせろ!」となってしまいがちではありますよね。しかし、人間関係の変化を意識して、まみさんの側でも少しだけ変わると、良いことがあるのではないかなと見立てます。
 
 
 
 異動についてですが。
 まず、「鼎」には、「ちょっとした変化」のイメージがありますので、「異動も、ありうる(なくはない)」かと見立てます。
 易を離れても、これまで2人で回していたということは、何と言いますか、「定員2名」のお仕事(?)なわけですよね。
 いま、下から2人が入って来たということは、「その2人が仕事に馴染んだら、上の一人(まみさん)は次の部署へ」ということも、ありうるのではないでしょうか。希望的観測かもしれませんが。
 
 時期については、「鼎」には1月のイメージがあります。
 また、「鼎」の持つ「3」のイメージからすると、「同僚の異動から3ヶ月後」もありうるかと。
 ただ、私は「あてもの」を志向しておりませんので、こうしたところには、全く自信がありません。
 「ぬか喜び」してしまいますと、後でどっと心に疲れがきてしまったりしがちですので、あまり期待しないでいただければ……とは思います。
 
  
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加