<無料占い> どちらにするべきか。 マークさんより。

   

 
 
 今回は、マークさん(女性・40代)からのご相談です。「旅行へ行くか、風水のセミナーへ行くか、迷っています。どちらも完全に趣味ですが、あとあと仕事にもプライベートにも結構影響してきそうなので、占っていただけると助かります。」とのご相談内容です。
 
 
 旅行について。
 得られた卦は、「漸(風山漸)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 風水のセミナーについて。
 得られた卦は、「小畜(風天小畜)」です。「しょうちく」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 以上のような「漸」「小畜」の卦を踏まえて、mさんのお話とあわせて運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「現状の運気としては、旅行の方に分がありそうだ」と見立てます。風水セミナーの方は、少し「面倒だなあ」的なところがあるかと。
 「あとあと」という観点からは、どちらも良い結果につながりそうですが、「風水セミナーの方にやや分がある」かと見立てます。
 旅行の方は堅実に積みあがるイメージで、風水セミナーの方は大きな意味が出てきそうなイメージかと見立てました。
 
 
 
 
 旅行について得られた卦は、「漸」です。
 
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「漸」は、「今はゆっくりした歩みだけれど、順を追って結果が積みあがってくる」というイメージです。
 旅行をすることについても、悪くないと見立てます。
 
 
 風水セミナーについて得られた卦は、「小畜」です。
 
 「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「小畜」ですので、イライラやストレスがたまりそうなイメージではあります。
 その意味では、現状、旅行に比べると分が悪いかなと見立てました。
 
 
 
 「あとあと」が気になるとのご相談です。
 
 「漸」も「小畜」も、「あとあと」については「吉」とされる卦です。
 どちらも、今の努力が後につながるという性質を持っていることも、共通しています。
 ただ、「吉」のイメージが違います。
 
 「漸」は、「自然と結果になる」的なイメージです。「順当な結果」が得られるので、吉なのです。
 「小畜」は、「苦労した分だけ、大きな結果になる」的なイメージです。やはり、吉です。
 
 「小畜」の方が、努力が要求されます。ただし結果としては、「漸」よりは大きいイメージ。
 したがいまして、ビジネスや勉強等については、結果については「小畜」の方が吉かと。
 しかし「大小」で測れないような問題(たとえば結婚のように、穏やかに信頼を積み重ねるような問題)については、「漸」の方が吉と言えます。
 
 
 
 まとめますと。
 旅行やセミナーの当日については、どちらもはっきりと「吉」というわけではない。しかし「漸」である旅行のほうが、運気の点では分があるかと感じられる。
 「あとあと」については、どちらも「吉」である。ただし、「吉」の性質が異なるので、何を求めるかによって変わってくる。勉強や仕事という点では、「苦労は多いが実りも大きい」という「小畜」であるセミナーの方が、分があるかと感じられる。
 ……というのが、私の見立てとなります。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加