<無料占い> 彼のこと。 あかねさんより。

 
 
 今回は、あかねさん(女性・30代)からのご相談です。「上司の紹介で出会った彼ですが、バツイチで、分かれた理由は相手の両親とうまく行かなかったからだそうです。お金の価値観も違ったと言っていました。そんな彼と付き合い始めて少し経ちますが、彼がケチすぎる気がしてしまいました。お金の価値観については、どっちかというと彼に問題があったのではないかとも思うぐらいです。彼が私をどう思い、つきあっているかも気になります。彼との今後を見てもらえないでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之剥」(小畜、剥へゆく)です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。「しょうちく」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「剥(山地剥)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「剥」は、「はぐ」という意味です。「剥離」という言葉があるように、運気がむしりとられて、崩壊寸前という運勢です。
 
 「剥(山地剥)」の卦は、山が崩れて平地となるように、また、優れたリーダー(一番上の陽の線)をダメな部下(下の五本の破線)がよってたかって引きずりおろすように、崩壊寸前であるというかたちを示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 つまらない人間が勢いを得ている。
 無理な積極策は害を招く。
 守りの姿勢を心がけよう。
 
 といったものです。
 
 「剥」の卦は、崩壊寸前という運気を表しています。季節で言うならば冬直前、一日で言うならば日暮れ時、人間にたとえるなら老衰です。勢いがない時期です。また、陰険な人間に、追い剝ぎ的な仕打ちをうける、そのような運勢でもあります。
 ですから、全体としての運気はよくありません。人間関係では、人にだまされないように注意する必要があります。また、膝詰めの談判を迫られる、詰め腹を切らされる、といった運気です。
 もっとも、山が崩れて平地になるということは、古いもの・過去の経緯を一切捨て去って、また一からやり直せる運気であるとも言えます。ですから、あまり悲観的になることもありません。
 結婚については大凶と言われています。結婚に関係ない恋愛の場合でも、基本的な解釈は共通します。人にだまされがちな運気であり、注意が必要であると思われます。
 
 
 
 以上のような「小畜」「剥」の卦を踏まえて、あかねさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、どちらで判断してもほぼ同じ内容かと感じられました。文章(説明)の組み立てやすさという点から、変化として解釈しております。
 
 
 
 結論です。
 
 彼については、やや不安に駆られているようなところと頑固なところがあるのではないかと見立てます。
 お付き合いについては、難しいところがあるかもしれません。「裏切られる」とまでは申しませんが、「梯子を外される」「期待通りではない」的なところがあるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、剥へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「男性が頑固で、無理な方向に進もうとしている。女性がそれを留めようとするけれど、男性の方が力(勢い、強引さ)が強いために、押し留められないでいる」ような運気と表現されることもあります。
 なかなか難しい運気です。「女性の側で上手にリードする、コントロールすることができれば……」というイメージですが、それもなかなか難しいのではないかと。
 
 このような「小畜」が、やがて「剥」へと変化していくと解釈されます。
 「剥」は、崩壊寸前という運気を表しています。季節で言うならば冬直前、一日で言うならば日暮れ時、人間にたとえるなら老衰です。勢いがない時期です。
 また、「剥」は、「追い剝ぎにあうようなひどい仕打ちを受ける」「人に騙される」といった運気を象徴します。かなり厳しい運気です。
 
 「剥」は、かなり厳しい運気です。
 上司の方からの紹介ということもありますし、「詐欺・追い剥ぎ的な被害に遭う」ということは無いと見立てます。
 しかし、「期待を裏切られる」的なことは、ありうるかもしれないと感じられました。 
 
 
 2つの卦をあわせますと、やや難しいお付き合いかなとも感じられました。
 イライラが募ったり、「そういう人とは思っていなかった(勝手に期待しすぎるのも良いことではありませんけれど……)」的なことがありうるかもしれないと見立てます。
 
 
 
 彼の性格についてですが。
 「風」にして「山」かと。
 「風」には、「不安・動揺」と言ったイメージがあり、「山」には「不動・頑固」というイメージがあります。
 お金を大切にすることは、決して悪いことではありませんよね。彼の場合、その動機が、「不安(安心を得たい)」というところにあるのかもしれないと見立てます。(だから悪いと言っているわけではありませんが。)
 
 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」などと申します。
 私が易者として人から、あるいは周囲から聞いたりしたような、個人的な「経験」というものは、到底普遍化できるものではありませんが……。
 離婚を経験した男性は、良く言えば「女性に幻想を抱いていないから、寛大なところがある」ような気がします。悪く言えば、「女性に幻滅しているから、無関心であったり信用していなかったりしているようなところがある」と申しますか。
 彼の場合は、後者の方が少し強いかなと。「相手に要求しても仕方ないから、自分の責任で、自分の自由に、やらせてもらう」的なところが出ているのかもしれない……などということを、感じたりもしました。
 何の根拠も無い、ただの雑談的な話です。
 
 
 
 「彼が、あまり我を折らない」的な意味合いで、少し難しいところがあるお付き合いかもしれないと見立てます。
 参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加