<無料占い> 仕事について。 みうさんより。

 
 
 今回は、みうさん(女性・40代)からのご相談です。「先回の占いに引き続いての話です。もしも、年末で退職した場合、しばらく家にいて仕事から離れようと思いました。そして来年春ごろ以降にまた仕事を探してみようかな?と甘いことを考え始めました。まだはっきりと決めたわけではなく、もやもやと心の中で悩んでいるだけなのですが。もし、今の職場を退職してしまい、少し間をあけてまた就職活動をすることにした場合ですが、私に合う職場が見つかり、長く円満に勤めることができるでしょうか?それともなかなか難しくて、やめたことを公開してしまいますでしょうか?いつも進む方向に悩んでしまいます。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「観之晋」(観、晋へゆく)です。
 
 
 まずは「観(風地観)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「観」は、字の通り、「観察する」ことを意味します。
 
 「臨」のように、上からリーダーシップをとって、ある意味にらみを利かせる、そういうものとは異なり、「一歩引いて、主導権を相手に渡して、静かに観察する」のがよい、とされる卦です。
 
 「観」は、上が風・下が地をあらわします。そのため、地上から吹きわたる風を見るように、あるいは、風が地面のほこりを吹き払った後のように、物事をよく見るのがよい、というかたちを示しています。
 
 「観」の占いの言葉は、
 「観」とは、見ることである。
 柔和(地)にして謙虚(風)な心によってすべてを見るのだ。
 よく見ることによってのっとるべき法則を見出し、それに従って行動するとよい。
というものです。
 
 「観」の卦は、専門的になりますが、「中正」という状態が二つあるので、おおまかに言えば悪くない運勢です。
 また、観察する、静かに様子見をするのがよい、という運勢ですので、一般に、ものごとの精神的な側面については吉とされます。ですから、教育や研究、文筆活動には良い運勢と言えます。一方、物質的な側面、利益を上げようとか、販路を拡大しようという面については凶と見ます。ここでとどまっておかないと、「剥」(ひきずりおろされる)に運気が変化しかねないからです。
 
 
 
 次に、「晋(火地晋)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「晋」は、「すすむ」という意味です。運気上昇、自信を持ってマイペースで(オーバーペースにならないように)進むべき運気を象徴しています。
 
 「晋」は、地面の上に陽が出ているかたち、まさに日の出です。
 自分の良いところを発揮すべき時、という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「晋」は、「すすむ」という意味である。
 何事も順調。上下が信用しあっているのだ。
 
というものです。
 
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。
 
 
 
 以上のような「観」「晋」の卦を踏まえて、みうさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容から考えて、変化であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 あまり間をあけるのは良くないかもしれません。
 今のうちから、転職に関する諸事情を眺めておいて、「動く時はパッと動く」方が良いのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「観、晋へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「観」は、まさに「観察」です。一歩引いて、物事を冷静に判断するのに向いています。
 一歩引いて、少し周りを眺めてみる。自分を振り返ってみる。その方が結果につながりやすい、「急がば回れ」的なところがあります。
 
 私達が「不安」なるものを感じてしまう原因の一つとして、「情報不足」という要素がありますよね。
 (情報過多で迷ってしまうこともあるので、難しいところですが。)
 辞めるまでの間、今のうちに、お住まいの地域での転職事情、求人情報、どんなお店に「人員募集」と張り出されているか……などを観察し、「あたりをつけておく」ことがお勧めになるかもしれません。
 「何となく、良さそうな職場」を見つけたり、「どんなお仕事ならば自分にできそうか」を理解できたり……。
 そういう過程を経ることで、不安を減らすことができるのではないでしょうか。
 
 
 このような「観」が、やがて「晋」へと変化していくと解釈されます。
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。 
 
 「晋」には3月のイメージがある、ということもありますが。
 それ以上に、「気持ちが固まったら、素早く動く方が良い」とされる卦です。
 
 「観」と合わせますと、「まずは周囲を観察。気持ちが固まったら、『思い立ったが吉日』で動き始めるべきだ」というイメージかと。
 
 
 易からは、少し離れますが。
 アルバイトやパートには、季節ごとに売り手市場・買い手市場の動きがあると言われていますよね。
 2月~5月は、新たに参入してくる人、特に若い方が仕事を求めるので、探すのが少し難しくなる。
 7月~8月も、夏休みのバイトをする人が多いので、また少し難しい。
 秋~冬の方が、見つけやすいなどと言われます。
 地域や業種ごとに違いもあると思いますし、逆に言えば、「雇い主側も、春に合わせて求人をかける」ということがあるかもしれませんので、一概には言えませんけれど。
 
 
 そういうことも含めまして、今はまず、「しっかり情報を集める」ことかと。
 その上で、動く際には、「迷わず間を開けず」の方が良いかもしれません。
 そのように、見立てました。
 
  
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加