<無料占い> 復縁し、結婚できますか? 縁結びさんより。 (10月1日、補足しました。)

 
 
 今回は、縁結びさん(女性・30代)からのご相談です。「今年、私が誤解を招いてしまったことにより、婚約解消となりました。あと数週間で、一緒に住むということになっていた時期なのに、数時間の話し合いで急展開し、非常にあっけなかったです。私に対して、気持ちはあるとのことでしたので、どうしても、もしかしたらと淡い期待を持ってしまっています。不信感をもたれてしまい、そんな人とは一緒に暮らせないと言っていました。できることなら、もう一度復縁し、結婚できればと思っています。可能かどうか、鑑定していただけないでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 その後、再度占いのご依頼をいただきました。
 内容を拝読しましたが、もう一度改めて占いを立てることは、事実上「同じ内容を二度占う」ことになってしまうかと感じられました。
 易占では、同じ内容を二度占うことは、ルールとして禁じられております。
 
 したがいまして、前回立てた占いの最後の部分に補足を加えるかたちで、記事を作成いたしました。
 ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
 
 
 
 得られた卦は、「升(地風升)」です。最上図をご参照ください。
 
 「升」は「のぼる」と訓読みします。運気上昇の気配です。
 
 地面の下から木(巽は風だけでなく木も象徴します)が生えてくる、のぼってくる、そういうかたちです。
 
占いの言葉は、
 
大いに伸び栄える。
優れたリーダーにしたがってゆけ。
案ずることはない。喜びが訪れるだろう。
南に行くと、吉。
 
というものです。
 
  易では、運気上昇に関する卦は三つあります。「晋」・「漸」・「升」です。
 「晋」は、一気に上昇するけれど、そのぶん安定感に欠けます。
 「漸」は、着実に上昇しますが、勢いが強いわけではありません。
 「升」は、その中間、一番バランスよく運気が上昇する卦です。
 
 この卦は、他者の支え、引き上げがあって運気が上昇する、という運勢です。しかしその前提として、自らの内側に強い意志を持っている必要があります。植物で言えば、地面から芽を出そうとしなければ、世話をする人も水のあげようがないわけです。
 全体的には、最初はやや苦労が多い・進展が見えにくいけれども、ある段階から着実に運気が伸びる、そういう運気です。
 仕事運について言えば、「地面から植物が芽を出す、埋もれていたものが明るいところへ出てくる」というイメージから、新しい計画に着手するには吉と見ます。あるいは、いま現在そのような計画をしているところだ、という状態にあることが多いとされます。
 恋愛・結婚運については、大吉と言われています。女性について占った場合、昔であれば、「玉の輿」と言われるような運気です。ただ、現在の、恋愛結婚中心の結婚観では、そこはやや割り引いて考える必要があると思います。
 何か迷うようなことがある、という局面では、上記の、「南に行くと、吉。」(原文では、「南征吉」)という言葉が重要になってきます。南の方へ行くこと、火や暖かいものに関連すること、明るくて華やかなこと、そういう方向で選択するのが良いと思われます。
 
 
 
 以上のような「升」の卦を踏まえて、縁結びさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 可能性は、感じられます。
 何かしら、「こちらから働きかける」ことから始まるのではないかと見立てました。
 それが何なのかは、「これまでのお二人がどのようであったか」にもよりますので、事情を存じ上げない私から言えることはほとんどなくなってしまうのですが……。
 「ただ待つ」のでは難しいかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「升」です。
 「升」は、勢いが強すぎもせず弱すぎもせず、バランスよく上昇してゆくという運勢を象徴しています。最高に良い運気の一つと言えます。
 また、「升」は上が「地」で下が「木」(「風」は、「木」も象徴します)というかたちをしています。植物が土の中にあって、やがて芽を出し成長してゆくイメージです。「ひとの助けが得られる」という運気ですが、その助けを得るためには、まずきっかけとして、植物自身が芽を出していかなければなりません。最初は自分の側から努力をしなければならない、ということです。
 
 非常に好調な運勢です。
 恋愛・結婚運についても、吉と言われます。
 可能性は、感じられます。
 
 事情にもよりますし、あくまでも一般論ですので、お二人にあてはまるかは分かりかねる部分もあるのですが。
 女性が、「この人はあり得ない」と宣言した場合に比べて、男性が「この人はあり得ない」と宣言した場合には、まだしも「可能性がある」ことが多いように思います。
 男のほうが、男女の問題については、「情にもろい」ところがあるのではないかと。
 やり直しを目指せる可能性、あるのではないかと思うのです。
 
 「升」の卦は、「まずは自分の側から努力する」ことを求められる運気と言われます。
 何かしら、「こちらから働きかける」ことから始まるのではないかと見立てました。
 それが何なのかは、「これまでのお二人がどのようであったか」にもよりますので、事情を存じ上げない私から言えることはほとんどなくなってしまうのですが……。
 「ただ待つ」のでは難しいかと見立てます。
 
 もちろん、やはりうまく行かないかも知れません。
 しかし、それでも。
 諦めきれないならば、挑むべきではないでしょうか。
 そのように、見立てます。
 
 
 
 その後、再度ご相談をいただきました。
 「相手の人の気持ちが全くつかめず、メールが良いのか電話が良いのか、どのような内容を、いつ頃……と、迷走しています。現在、彼は私に対して、どのような気持ちを持っているのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 「升」の卦において、彼と縁結びさんとの関係は、「地」と「風」との関係にあると解釈されます。
 「地」は、「母なる大地」。「柔軟で受容的、動きが無い」という性質を持ちます。
 「風」は、「如才なさ、どこにでも入り込む、柔軟性、動揺」という性質を持ちます。
 ここから考えますと、彼の気持ちは「動きが無い」、すなわち、「縁結びさんに対して、何か大きく盛り上がるような感情を持っていない」のではないか?というのが、私の見立てとなります。
 
 だからこそ、「風」、「動く」べきではないかと思うのです。
 「風」は、受動的な意味での「動き」だと言われています。主体的には、なかなか動けないようなイメージです。
 それでも、動かないことには始まらないのではないかと。
 
 さらに言えば、「去る者は日々に疎し」と申します。
 「時間的、空間的距離は、恋愛を難しくする」というのは、一般的にあてはまりがちなことではないかと思うのです。
 
 時期については、できるだけ早く。
 メールでは、返事がないこともありうるでしょう。電話の方が、声を聞けるという意味では確実かと。
 
 「嫌な事を言う、キツイことを言う」とお思いになるかもしれませんが、申し上げます。
 今のままでは、諦めることもできませんよね?
 勝負を賭けるべきかと。
 復縁できれば、それに越したことはありません。
 手ひどくふられた場合には、その時は非常に苦しく切ないかも知れませんが、再スタートのきっかけとなります。
 動かなければ、彼を手に入れることもできず、かといって次に向かうこともできない。
 時間を無駄にするばかりではないでしょうか。 
 
 「まずは、自分から動く。その結果、助けも得られるであろう。」
 それが、「升」の卦が示す運勢です。
 
 参考になるところがありますならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加