<無料占い> 相手の気持ち。 ゆゆさんより。

 
 
 今回は、ゆゆさん(女性・40代)からのご相談です。「勤めている会社の上司が私をどのように見ているのか、教えていただきたく、よろしくお願いいたします。勘違いかも知れませんが、何か物を渡すときなど、手が触れてしまったり、私にだけお茶目なポーズを見せてくれたりで、上司とは言えとても意識してしまいます。仕事ではとても鋭く厳しい方だとは思っていますが、少しは友好的な気持ちを持っていただけてるのでしょうか?それとも他の方達と同じ職場のひとりとして接しているのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「謙之恒」(謙、恒へゆく)です。
 
 
 まずは「謙(地山謙)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 次に、「恒(雷風恒)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「恒(雷風恒)」は、上が雷、下が風というかたちです。雷は成熟した男性、風は成熟した女性を意味することから、長年連れ添って関係が安定した夫婦のイメージです。このかたちについて、「自分の立場をしっかり定め、方針をぐらつかせない」という言葉があります。
 
「恒」の占いの言葉は、
 
 恒久不変、安定したかたちである。
 それゆえに伸び栄える。とがめもない。
 一貫して道を守る者は順調。
 天地の道も恒久不変、一つが終われば一つが始まる。
 この変化に対応しよう。
 
というものです。
 
 『易経』は変化の書である、と申し上げてきましたが、「恒」については、たとえば、「季節には四季という変化があるが、それでも四季がめぐるという点では不変である」、そういうイメージです。
 全体としては、安定した運気です。今まで通りのことをコツコツやるのが良いとされます。
 安定ですから、逆に言うと急成長は見込めません。もし何か大きなことをしようという場合には、気長に構えてじっくりと進めれば成功すると考えられます。
 この卦は、安定を意味しますから、変化の結果となる之卦(「A之B」のB)である時には非常に良い運勢なのですが、本卦(A)である時には注意しなければなりません。
 本卦にある場合は、安定した運気から、ある意味それに飽きてしまって変化が起こりうる、それもあまり良い変化ではなさそうであるから、従来のやり方を変えない方が良い、という運気になることが多いです。逆に之卦にある時は、吉です。
 仕事運全般で言うと、「恒」ですから、現状維持がよく、転職や新規事業はあまり良くありません。もっとも、「雷」も「風」も動くものですから、動きを止めないこと、努力の継続等が重要となります。
 恋愛・結婚運について言うと、これはいわば熟年夫婦の卦と言われています。安定した家庭関係を象徴するものです。ですから、これから結婚する人や、今結婚している人にとっては非常に良い卦なのですが、これから相手を探して行こうという人にとっては、「運気に動きがない」ということで、「やや時間がかかりそうだ」と見ていくことになります。
 
 
 
 以上のような「謙」「恒」の卦を踏まえて、ゆゆさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせ、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「友好的な気持ちを持ってもらえている」けれど、「今の状態(ちょっとしたときめき、と申し上げるべきでしょうか)に留めておくのが無難で、そうすれば良好な人間関係を続けられる」のではないか、と見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「謙、恒へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「謙」は、まさに「謙遜」。「へりくだること」「相手を尊重する気持ち」を示します。
 上の説明でも、「自分の我を張り、押し出していくのは慎んだほうが良い」という表現を使っていますが、これだけではやや誤解を生むところもありうる表現ではあります。
 「謙」の卦については、注意事項として必ず申し上げなくてはならないポイントがあります。それは、「謙」は、「卑下」とは異なるということです。「自分を不当に貶めることで、相対的に相手を高い立場として扱う」ことは、「謙」ではありません。  
 相手を尊重するその前提として、自分も尊重する。自分にとって大事なこと・譲れないこと等を固く守るからこそ、相手の大事なものへの配慮もできる。それが「謙」です。
 また、「謙」の卦は、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろうもの』は、すでに手に持っている」ような運勢であるとも言われます。
 
 少し大げさな解説をしてしまいましたが、「謙」の卦が得られた時は、「敬意を持って、適切な距離感を」というイメージで行動するのが吉となります。
 また、この卦は男性にとって「女難の相」と言われています。
 古代的な意味合いにおける「女難の相」ですので……「女性にモテモテすぎて、困ってしまう。そのせいで、人間関係にヒビが入る」ぐらいのニュアンスであることも多いのですが、ともかくそういったイメージです。
 
 「敬意」と、「ちょっとしたときめき」をもって接してくれる女性に対して、悪い気持ちを持つ男性はいない……と、思います。
 その意味では、ゆゆさんのおっしゃる、「友好的な気持ちを持ってもらえている」のだとは、思います。
 ただ、だからこそ、「お互いに、距離感には要注意」かと。
 「良い感じ」でいられるぐらいが、「毎日にうるおいと張りがありつつ、トラブルも無い」というベストな関係なのではないかと。
 「謙」の卦からは、そのように感じられます。
 
 
 このような「謙」に内包されているサブの運気を示す卦が、「恒」です。
 「恒」も意識しておくと良さそうだ、というイメージで、お考えください。
 
 「恒」は、「つね」という訓読み、「恒星・恒常」といった熟語からも分かるように、安定した、非常に良い運勢を象徴しています。
 「安定」と言っても、不動であるわけではありません。「恒」は、「雷」と「風」で構成されていますが、「雷」も「風」も、動きを象徴するものです。そのため、「恒」が示す「安定」とは、「四季が巡る」というイメージです。春夏秋冬と、「変化・動き」はあります。厳しい季節もあります。しかし、穏やかな季節もあります。「それが繰り返される」という意味で、安定しているということです。
 時として、いろいろな「出入り」や「波風」はあるものの、それでも「収まるところへ収まってゆく」といったイメージです。
 
 「恒」は、非常に良い運勢です。俗な表現で言えば、「高値安定」であり、「好調を維持できる」というイメージです。
 「下手に変革(さらなる改善)を求めると、かえって調子がおかしくなる」という危険性も持っています。
 
 やはり、「現状の、『良い感じ』をずっと保ち続けよう」と意識しておくのが、ベストではないかなと感じられます。
 そうしている限りは、いまのうるおいある日々を満喫できるのではないかと。そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加