<無料占い> 恋愛。 マゼンタさんより。

 
 
 今回は、マゼンタさん(女性)からのご相談です。「前の彼を忘れようとしているさなか、話していて楽しいなと思える人がいることに気づきました。彼には、遠距離恋愛で、いずれ結婚も考えている彼女がいるということも知っています。恋愛対象とした全く相手にされていないとは思いますし、私も恋愛対象とは思っていなかったのですが、仕事柄よく話をする機会があり、とても気が合うので、この気持ちを整理したいなと思っています。これからどんな風に接していったらよいのかを、知りたいのです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「恒之兌」(恒、兌へゆく)です。
 
 
 まずは「恒(雷風恒)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「恒(雷風恒)」は、上が雷、下が風というかたちです。雷は成熟した男性、風は成熟した女性を意味することから、長年連れ添って関係が安定した夫婦のイメージです。このかたちについて、「自分の立場をしっかり定め、方針をぐらつかせない」という言葉があります。
 
「恒」の占いの言葉は、
 
 恒久不変、安定したかたちである。
 それゆえに伸び栄える。とがめもない。
 一貫して道を守る者は順調。
 天地の道も恒久不変、一つが終われば一つが始まる。
 この変化に対応しよう。
 
というものです。
 
 『易経』は変化の書である、と申し上げてきましたが、「恒」については、たとえば、「季節には四季という変化があるが、それでも四季がめぐるという点では不変である」、そういうイメージです。
 全体としては、安定した運気です。今まで通りのことをコツコツやるのが良いとされます。
 安定ですから、逆に言うと急成長は見込めません。もし何か大きなことをしようという場合には、気長に構えてじっくりと進めれば成功すると考えられます。
 この卦は、安定を意味しますから、変化の結果となる之卦(「A之B」のB)である時には非常に良い運勢なのですが、本卦(A)である時には注意しなければなりません。
 本卦にある場合は、安定した運気から、ある意味それに飽きてしまって変化が起こりうる、それもあまり良い変化ではなさそうであるから、従来のやり方を変えない方が良い、という運気になることが多いです。逆に之卦にある時は、吉です。
 仕事運全般で言うと、「恒」ですから、現状維持がよく、転職や新規事業はあまり良くありません。もっとも、「雷」も「風」も動くものですから、動きを止めないこと、努力の継続等が重要となります。
 恋愛・結婚運について言うと、これはいわば熟年夫婦の卦と言われています。安定した家庭関係を象徴するものです。ですから、これから結婚する人や、今結婚している人にとっては非常に良い卦なのですが、これから相手を探して行こうという人にとっては、「運気に動きがない」ということで、「やや時間がかかりそうだ」と見ていくことになります。
 
 
 
 次に、「兌(兌為沢)」の卦を検討します。「だ」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 以上のような「恒」「兌」の卦を踏まえて、マゼンタさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
  「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、主に卦の性質から、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 気を使いすぎる必要は、ないと感じられました。
 今のまま、楽しく会話を交わす関係。「友達」よりは少しだけ色気があって、でも「恋人」というほどの重さや深み、あるいは熱や湿度……といったものがあるわけではない、そのような関係。
 それを維持していくのがベストではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「恒、兌へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「恒」は、「つね」という訓読み、「恒星・恒常」といった熟語からも分かるように、安定した、非常に良い運勢を象徴しています。
 「安定」と言っても、不動であるわけではありません。「恒」は、「雷」と「風」で構成されていますが、「雷」も「風」も、動きを象徴するものです。そのため、「恒」が示す「安定」とは、「四季が巡る」というイメージです。春夏秋冬と、「変化・動き」はあります。厳しい季節もあります。しかし、穏やかな季節もあります。「それが繰り返される」という意味で、安定しているということです。
 時として、いろいろな「出入り」や「波風」はあるものの、それでも「収まるところへ収まってゆく」といったイメージです。
 
 「非常に良好な状態のまま、落ちることなく推移していく」という運勢です。
 下手に、「改善」を望んで動いてしまうと、かえって運気が傾きかねない。そのような運勢です。
 
 このような「恒」に内包されているサブの運気が「兌」です。
 内なる「兌」を意識しておくと良さそうだ、というイメージです。
 
 「兌」は、上下とも「沢」を意味します。
 「沢」は、「少女、笑い、喜び、口、身軽さ」などを象徴しています。悪く言えば、「深みがない、軽薄だ」ということにもなります。
 
 「楽しむ」、「軽快」といったイメージの卦です。
 決して悪くは無いのですが、「なかなか深まっていかない」という性質があります。
 彼の気持ちも、「軽い」ものかと感じられます。踏み込み過ぎないぶんには、うまくやっていけるのではないでしょうか。
 
 
 2つの卦を考え合わせると、「軽快な人間関係」(兌)を「維持すべきだ。現在は非常に良好に推移しているのだから。」(恒)という方向性が良いのではないかと、見立てます。
 
 仲の良い、気の合う関係。
 「友達」と表現するよりは、もう少し踏み込んでいるような関係。
 しかし「兌」ですので、「重い、深い、熱い……」というものでも、無いような関係。
 ひらたく言ってしまえば「友達以上恋人未満」ですが、この「以上」と「未満」の間には、幅がありますよね。
 その「幅」を楽しむという発想はいかがかと、感じられたのです。
 
 深刻に考えたり、気を使いすぎたりする必要はなさそうだと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加