<無料占い> 今後の仕事、お金について。 はるさんより。

     

 
 
 今回は、はるさん(女性・20代)からのご相談です。「いま、自営業にて下積みをしています。今後は母が経営している事業を引き継いでいく形になると思います。現在、事業を拡大していく最中でもあります。私自身の金銭についての進展、事業の進展について占いお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 個人的な金運について。
 得られた卦は、「漸(風山漸)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 事業の進展について。
 得られた卦は、「渙(風水渙)」です。「かん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「渙」という字は、「散る」という意味です。川が支流に分かれていくようなイメージです。
   
 また、「渙」の卦は、帆を張って船が水上を行くかたちとされています。
 鬱屈したものが散ってゆく、外にエネルギーを発散させ、大事業に乗り出してゆく、そういう運気を示しています。
 
 「渙」の占いの言葉は、
 
 「渙」は、伸び栄える。
 各横線の働きにより、上下が心を一つにして離散を防いでいるのだ。
 この努力を続ければ、すばらしい結果が待っている。
 
 というものです。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 仕事運一般に関して言えば、苦しかった場合にはよい方向に向かうけれども、順調だった場合は緊張感の欠如に注意、と言われています。新規事業には悪くありません。
 人間関係や恋愛・結婚運も同様です。これまで苦しかった場合にはその苦しみが発散していく。逆に、良好である場合には、人間関係やご縁が散って行かないように要注意、と見ていくこととなります。
 
 
 
 以上のような「漸」「渙」の卦を踏まえて、はるさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 結論です。
 
 個人的な進展については、「しばらくは、まるで進展が無いように感じられるかも知れない。しかし実は、一歩一歩前に進んでいる。地道に続けることがお勧めとなりそうだ。」と見立てます。
 事業の進展については、「『末広がり』的な良さがある。基本的には吉と思われるが、いわゆる『放漫経営』には要注意かもしれない。」と見立てます。
 
 
 
 
 個人的な進展について。
 得られた卦は、「漸」です。
 
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「漸」は堅調な運勢です。吉と言えます。
 「地道に・コツコツ」がお勧めとされます。一気に行こうとしたり、途中で投げてしまったりは、お勧めできない運勢です。
 見立てとしては、上の「結論です。」以下となっております。
 
 
 事業の進展について。
 得られた卦は、「渙」です。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 「順風に帆を張って進む船のかたち」とも言われる卦です。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 
 「渙」は、「発散」です。
 「風に帆を受けて出航する船」や、「ホースの先をつまんで、庭に水を撒くようす」といったイメージの運勢です。
 非常に見通しが良い、爽やかな運勢と言う事ができます。
 
 見通しが良く、末が広がる運勢です。
 変化の「幅」にも期待できますので、事業拡大には吉です。
 進展していくのではないかと、見立てました。
 
 ただ、この「渙」には二面性があります。
 「発散する」という言葉の、悪いほうの意味合いです。
 「まとまりがない」、「集中力に欠けている」……と言ったイメージです。言葉は悪いですが、いわゆる「放漫経営」には、要注意かもしれません。
 「発展の可能性が見込めるだけに、管理の方も忘れずに」。そのような運勢かと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加