<無料占い> 今後について。 サガリバナさんより。

 
 
 今回は、サガリバナさん(女性・40代)からのご相談です。「私にとって、ひと区切りが近い時期となりました。それにあたって、今後を占っていただきたいのです。私には、数年お付き合いしている年の離れた男性がいます。諸々の事情で、今は離れていますが。私の方から別れ話をすると、『全てきちんと片付いたら必ず迎えに行く。絶対に諦めない』。『だから今は男を作っても構わない。いつも笑顔で幸せに過ごして欲しい』と言われます。お互いに別れたという感覚はないのですが、連絡を取るのは1ヶ月に1,2度ぐらいでしょうか。彼の思いも周りの人の思いも分かっているのですが、やはり時折寂しくなってしまいます。このまま彼を待ち続けたほうが良いのでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「随(沢雷随)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「随」は、「したがう」という意味です。何かに従ってゆくと良いことが多いという運勢です。しかし、運勢は自分で切り開くもの。何に従うべきかは、自分で主体的に判断しなければなりません。
 
 「随(沢雷随)」は、雷が沼沢の内側に入り込む、動的なエネルギー(雷)が衰えていく時期を示すかたちです。季節で言うならば秋。「時勢に従って休息すべき」という言葉が示されています。
 
 「随」の占いの言葉は、
 
 剛(雷)が柔(沢)にしたがっている形である。
 剛が動き、柔がそれを喜んで受け入れるのだ。
 このような道に従うならば、逆に人々も喜んで従ってくれるだろう。
 
 というものです。
 
 この卦は、時勢に従い、あるいは人に従うとよいことがある、という運気です。また、変化の時期を象徴し、その変化には積極的に従う(変革の動きに乗る)と良い、という運気です。
 ですから、転職や引っ越しにはよい運勢です。
 季節のイメージは秋と申し上げましたが、時勢に従って、無理をしないほうが良いという意味です。
 もっとも、雷は動的なエネルギーを象徴する卦でもありますので、完全に静養しおとなしくしているというよりは、力をためる充電期間、クマが冬ごもり前に活発に動き回るようなイメージです。
 また、「従う」のが良いのですから、たとえば無能な上司であっても、その指示等には逆らわない方が良いという時期です。自分が雷(動)であり、また能力があることを示唆する運気ですが、それでもあえて穏当に上司に従うことで、自分を含めた運気が開ける、そのような時期です。
 恋愛運について言えば悪くはないのですが、結婚運となると、やや安定していないきらいがあるため、あまり良いとは言えません。また、三角関係や、ストーカー問題などのおそれも考慮すべき運勢と考えられています。
 
 
 
 以上のような「随」の卦を踏まえて、サガリバナさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「待ってみて良し」……と申しますか、「彼の言葉に従って良し」と見立てます。
 ただ待つのみならず、日々を楽しく、こころ穏やかに暮らすことも考えて良いと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「随」です。
 
 「随」は、「したがう」という意味です。「何に従っていく・くっついていくべきか、その選択が重要になる」という運気です。
 また、「随」は、「充電期間」というイメージを持つ運気でもあります。消耗するよりは、「ためる」時期です。
 その一方で、「随」には「転換期」の意味もあります。「流れ」がある場合には、「積極的に乗ってよし」とされます。
 
 「随」は、少し元気がないような時期。
 何か「流れ」のようなものがある場合には、無理に逆らってしまうと、ますます元気を消耗してしまうようなところがあります。
 「流れがあるならば、乗って良し」という時期です。
 
 また「随」には、「転換期」のイメージがあります。
 身辺に異動が起こることが多く、またその異動が吉になることが多いと言われています。
 
 
 「彼の言葉に、したがって良し」であり、また、「今の感覚にしたがって良し」、「流れに身を任せて良し」であるかと見立てます。
 将来を信じ、彼を信じて良い。ただ、それと同時に、「今の寂しさを埋めることも、別途考えて良い」と感じられます。
 「そのような考え方は、好みではない」。あるいは、「自分は、それほど器用ではない」。……と、お考えでいらっしゃる場合には。
 多少迷惑がかかるとしても、連絡の頻度をもう少し増やしてみてはいかがでしょう。2週に一度連絡が取れるならば、一度に話す時間を短くしても、「週に一度」にするほうが良いのではないかと。
 その中で、方向性が決まってくるのではないかと。そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加