<無料占い> 今後。 さとみさんより。

 
 
 今回は、さとみさん(女性・30代)からのご相談です。「ずいぶん前からの知り合いで、結構ブランクがあっての、最近再会した人です。あーやっぱり好きだなぁ、と感じてしまいました。今後、どのような関係になるでしょうか?やっぱり、今のままずっと友人関係からは抜け出せないでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「恒之帰妹」(恒、帰妹へゆく)です。
 
 
 まずは「恒(雷風恒)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「恒(雷風恒)」は、上が雷、下が風というかたちです。雷は成熟した男性、風は成熟した女性を意味することから、長年連れ添って関係が安定した夫婦のイメージです。このかたちについて、「自分の立場をしっかり定め、方針をぐらつかせない」という言葉があります。
 
「恒」の占いの言葉は、
 
 恒久不変、安定したかたちである。
 それゆえに伸び栄える。とがめもない。
 一貫して道を守る者は順調。
 天地の道も恒久不変、一つが終われば一つが始まる。
 この変化に対応しよう。
 
というものです。
 
 『易経』は変化の書である、と申し上げてきましたが、「恒」については、たとえば、「季節には四季という変化があるが、それでも四季がめぐるという点では不変である」、そういうイメージです。
 全体としては、安定した運気です。今まで通りのことをコツコツやるのが良いとされます。
 安定ですから、逆に言うと急成長は見込めません。もし何か大きなことをしようという場合には、気長に構えてじっくりと進めれば成功すると考えられます。
 この卦は、安定を意味しますから、変化の結果となる之卦(「A之B」のB)である時には非常に良い運勢なのですが、本卦(A)である時には注意しなければなりません。
 本卦にある場合は、安定した運気から、ある意味それに飽きてしまって変化が起こりうる、それもあまり良い変化ではなさそうであるから、従来のやり方を変えない方が良い、という運気になることが多いです。逆に之卦にある時は、吉です。
 仕事運全般で言うと、「恒」ですから、現状維持がよく、転職や新規事業はあまり良くありません。もっとも、「雷」も「風」も動くものですから、動きを止めないこと、努力の継続等が重要となります。
 恋愛・結婚運について言うと、これはいわば熟年夫婦の卦と言われています。安定した家庭関係を象徴するものです。ですから、これから結婚する人や、今結婚している人にとっては非常に良い卦なのですが、これから相手を探して行こうという人にとっては、「運気に動きがない」ということで、「やや時間がかかりそうだ」と見ていくことになります。
 
 
 
 次に、「帰妹(雷沢帰妹)」の卦を検討します。「きまい」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「帰妹」は、「若い女性がとつぐ」という意味です。しかし、これはめでたい運勢ではありません。不正常な男女関係を意味します。この卦が出た時には、「いろいろあるけれども、何事につけそのウラにある男女の問題に注意せよ」という運気です。
 
 「帰妹(雷沢帰妹)」は、池の上に雷がとどろき、池を波立て騒がせているかたちです。「一時の現象(一時の恋心)にとらわれることのないように気をつけよう」という言葉が示されています。
 
「帰妹」の占いの言葉は、
 
女性が恋に夢中になると大変なことになる。
女性がとつぐのは人間にとって自然なことだ。
しかし、恋に夢中になっては大変なのだ。
 
というものです。(現代社会に沿うよう、かなり意訳しました。)
 
 「帰妹」の卦は、「男女関係に注意」という運勢です。『易経』の中には、「ストレートにこれ」という運勢を示す卦がいくつかありますが、そのうちの一つです。(他には、逃げろ!の「遯」や、戦争だ!の「師」などがあります)
 男女関係が関係しない場合でも、むき出しの欲望に注意、とされる卦です。
 
 
 
 以上のような「恒」「帰妹」の卦を踏まえて、さとみさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考慮して、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「今の関係は、なかなか動かない」うえに、「友人関係である今の状態の方が、こころ穏やかに過ごせる良い状態」ではないかと見立てます。
 恋愛に進む場合には、「大きく傷つくことも覚悟の上で」ということになるのではないかと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「恒、帰妹へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「恒」は、「つね」という訓読み、「恒星・恒常」といった熟語からも分かるように、安定した、非常に良い運勢を象徴しています。
 「安定」と言っても、不動であるわけではありません。「恒」は、「雷」と「風」で構成されていますが、「雷」も「風」も、動きを象徴するものです。そのため、「恒」が示す「安定」とは、「四季が巡る」というイメージです。春夏秋冬と、「変化・動き」はあります。厳しい季節もあります。しかし、穏やかな季節もあります。「それが繰り返される」という意味で、安定しているということです。
 時として、いろいろな「出入り」や「波風」はあるものの、それでも「収まるところへ収まってゆく」といったイメージです。
 
 「非常に良好なのですが、安定していて、変化は起きにくい」という運勢であり、「『これ以上』を望んで、ヘタに動いてしまうと、かえって悪化してしまう」ようなことが起こりがちな運勢とされます。
 「現状が、最高」というところがあるかと、見立てました。
 これ以上進展しないとまでは言い切れないのですが、進展させるには覚悟も必要。
 そのように、見立てます。
 
 
 このような「恒」に内包されているサブの運気が「帰妹」です。
 「帰妹」的な要素も含まれているとお考えください。
 
 「帰妹」は、上の説明では言葉を濁しましたが、一言で言えば「不倫」を象徴します。特に、女性の側から不倫を働きかけて、破綻を生じかねないという運気です。
 かりに不倫でないとしても、「強すぎる思い、行きすぎた情熱、むき出しの欲望」、そういったものが背景にあることを感じさせる運気です。
 
 不倫とは、申しません。
 ただ、「思いが強すぎて、空回り」であるとか、「彼に引かれてしまう」であるとか、「情熱的に行動しすぎて、後で大きく傷つく」ような意味合いも含めて、恋愛運としてはあまり良くないと感じられました。
 
 「友人関係である今の状態の方が、こころ穏やかに過ごせる良い状態」ではないかと見立てます。
 「大きく傷つくことも覚悟の上で」、あるいは、「結果には期待できなくても、好きにならずにはいられない」ということならば、突き進むという選択も、あるのではないかと。
 
 たかが占い、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」でもあります。
 それでも、何かの参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加