<無料占い> 相手の気持ち。 ユキさんより。

 
 
 今回は、ユキさん(女性・20代)からのご相談です。「気になる男性がいます。ここのところ、月に1度のペースで遊びに行っています。価値観も合うようですし、一緒に居てすごく楽しいです。彼は私のことをどう思っているでしょう?また、彼と可能性があるならば、どういう行動が良いでしょう。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「巽之家人」(巽、家人へゆく)です。
 
 
 まずは「巽(巽為風)」の卦を検討します。「そん」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 この卦は、上下とも風を現し、まさに風を象徴します。
 また、「巽(そん)」は、「遜」に通じ、謙遜・譲ることを示します。
 
 風はものにぶつかれば方向を変え、どのような隙間にも入り込みます。
 そのぶん、何事にも適応でき、柔軟な人間関係を築けますが、優柔不断に陥る危険もあります。
 決断に迷う運気を示しています。すぐれた指導者にしたがうべき、とされてきた卦です。
 
 占いの言葉は、
 
 やや運が開ける。
 進んでことを行えば順調である。
 謙虚に、指導者にしたがうべきだ。
 
 というものです。
 
 この卦は、柔軟に、ことを進めればやや運が開ける運気であることを示しています。
 もっとも、内部に「大過」(不安定な運気)や「睽」(反発しあう運気)を含んでおり、また風に吹かれる卦でもあることから、不安定さ・動揺という運気をも示します。細かいことが気になり、やや神経質になってしまう、そういう運気です。
 新規の事業には良くない、今までの関係を重視すべき、と言われています。ただ、株や商売関係では、大きくはないが利益が出る、とされます。ただ、「風」ですから、動きやすい局面で、その点に関する注意が必要です。
 一般的に言って、「かたちのないもの」については良い運気です。ですから、精神的な活動には良く、また、サービス業等についても吉とみます。
 
 「風」ですから、おおまかにいって、動きが多く安定が難しい、という運気であることが多い卦です。
 そのため、身辺になんらかの異動・変化が起こる可能性があります。また、安定していないのですから、何事についても周囲に相談していくのが良いと言われる卦でもあります。
 婚姻は、「風のように動く」のでまとまりにくく、末を遂げない可能性もある、とされてきた運気です。
 
 
 
 次に、「家人(風火家人)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「家人」は、文字通り家の人・家族という意味です。家庭・暖かい心使いを象徴します。
 
 「家人」の卦は、上は風、下は火というかたちです。
 火が燃えると風が起こる、火事にならないように小さな言動の間違いに注意しよう、という言葉があります。
 もっとも、上の三本の横線は、風だけではなく木をも象徴するものです。そのため、火に木を継ぎ足して、家庭内の暖炉やかまどの火を絶やさない、そのような配慮を意味するのだ、という解釈もあります。
 
占いの言葉には、以下のように書かれています。
3,000~2,000年前の文章だと言うことを念頭に置いていただきたく思います。
 
家庭で大事なのは、女性が正しくあることだ。
男性が外で働き、女性が家を守る。
男女がそれぞれ持ち場を守ることが大切だ。
それぞれふさわしい態度をとろう。
 
というものです。
 
 そして、「家人」の卦が出た場合の一般的な運勢は、以下のように言われています。
 私的な事情についてはおおむね吉。
 恋愛関係の過ちに注意。特に女性は熱くなりすぎないように。
 人間関係一般で言えば、なれなれしくしすぎないように注意しよう。
 です。
 
 「家人」の言葉は、現在でもそれがあてはまるケースも多いかと思われますが、現代の日本では必ずしも一般化できません。
 やはり重要なのは、火のもつ暖かさと、風があるから火事に注意すること、という、「家人」の本質に立ち返ることだと思われます。
 そうすると、大切なのは、暖かい気づかい、言動の過ちに注意すること、ふさわしい態度を取ること、(昔で言う)女性らしさ、あまり熱くなりすぎないこと、などであると考えられます。
 
 
 
 以上のような「巽」「家人」の卦を踏まえて、ユキさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせ、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 まず、全体として。「現在のところは流動的で、うまく行かなくなる可能性もあるけれど、将来的には結婚までつながっていく可能性も大いにある」かと見立てます。
 彼は、現在のところ、「受け身で、揺れ動いている。流されやすいかもしれない」という状況かと。悪感情は抱いていませんが、「様子見」的なところがあるかと感じられます。
 「家庭的な」行動といいますと、重くもなりますが。「常識的な行動」……と言いますか、金銭感覚や生活習慣、栄養バランスなど、「日頃の生活」における「ちゃんとしている感じ」が自然に伝わるようになれば、うまく回るのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「巽、家人へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「巽」は、上下とも「風」というかたちです。「風」は「動くもの」ですので、「巽」の卦は、良くも悪くも、「動き」「動揺」「不安定」というイメージを持ちます。
 また、「風」は「入り込むもの」というイメージを持ちます。「かたちがない」ので、どこにでも柔軟に入り込みます。それだけに、「だいたいのことはうまくいく」けれど、「やや八方美人的」ですし、自ら道を切り開いて大成功するというところまでは期待できない、というイメージです。(仕事面で、サラリーマンとして出世はできるが、一世一代の大仕事というまでの勢いはない、的なイメージです。)
 また、身辺に何らかの変化・異動が起こるというイメージを持ちます。
 
 「巽」は、「風のように動揺する」という性質がありますので、結婚運としては良くないと言われます。
 しかし、まだお付き合いを始めたばかりということですと。「状況に流動性がある」ことは、当然ですよね。そこはあまり気にしなくて良いかと見立てます。
 一方で「巽」には、「まあだいたい、うまくいく」というイメージもあります。柔軟にことを運んでいくと良いといったイメージです。
 あまり難しく考える必要は、ないかと見立てました。
 
 このような「巽」が、やがて「家人」へと変化していくと解釈されます。
 
 「家人」は、「家族」という意味です。非常に「家庭的」なイメージを持つ卦です。
 この卦は、上が「風(木)」、下が「火」というかたちをしていますので、昔でいう「かまど」や「いおり」、まさに家庭そのものを示していると言うことができます。
 古い言い方かもしれませんが、「主婦の生活」を象徴している、という意味合いを持ちます。
 
 「家庭」をイメージさせる卦ですので、将来的には結婚までつながっていく可能性もあるかと。
 現在のところが「巽(流動性)」ですので、そこまで決め打ちしていく必要もないかとは、感じられますが。
 
 
 彼の気持ちですが。
 「巽」である現在のところ、彼もユキさんも「風」かと。
 「風」は、「柔軟さ、動揺、受け身」といった性質を示します。彼もユキさんも、現在のところ、「受け身で、揺れ動いている。流されやすいかもしれない」という状況かと見立てます。
 これが「家人」になりますと彼が「風」で、ユキさんが「火」です。
 「火」は、「理性・知性、くっつく」といった性質を持ちます。
 ユキさんの方で、状況を冷静にコントロールするようになった時に、彼が「それについてくる」という状況になり、結婚まで視野に入るようなお付き合いに変わるのではないかと見立てました。
 
 意識していくべきことは、「家人」ですので、「家庭的なところ」かと。
 ただ、現代社会で「家庭的」と表現しますと、やや「重たく」なるところもあります。
 したがいまして。「常識的な行動」……と言いますか、金銭感覚や生活習慣、栄養バランスなど、「日頃の生活」における「ちゃんとしている感じ」が自然に伝わるようになれば、うまく回るのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加