<無料占い> 鑑定の結果。 ノノさんより。

   

 
 
 今回は、ノノさん(女性・40代)からのご相談です。「鑑定の結果、納得がいくものでした。もう2つ、お願いします。ひとつは、接客業と、友達から勧められている仕事のことです。これまでのお仕事と同種のお仕事で、募集があるかもしれないということです。ただ、こちらのお仕事は確定ではありません。どちらにするか、それとも休養に専念すべきでしょうか。もうひとつは、もう少し静養した先に、腰を吸えて働ける仕事に出会えるでしょうか?ということです。職種も、合っているものがあればお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 易占では、ルールとして、「全く同じ」問いを複数回立てることが禁止されています。
 ひとつめのご質問にありました「接客業」については、前回の占いと重なってしまいますので、控えさせてください。「(少なくとも現時点では)お勧めできないのではないかな?」と感じられました。
 
 
 ひとつめのご質問のうち、友達から勧められたお仕事について。
 得られた卦は、「晋(火地晋)」です。最上図、一番左側をご参照ください。
 
 「晋」は、「すすむ」という意味です。運気上昇、自信を持ってマイペースで(オーバーペースにならないように)進むべき運気を象徴しています。
 
 「晋」は、地面の上に陽が出ているかたち、まさに日の出です。
 自分の良いところを発揮すべき時、という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「晋」は、「すすむ」という意味である。
 何事も順調。上下が信用しあっているのだ。
 
というものです。
 
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。
 
 
 
 今後について。
 得られた卦は、「艮之頤」(艮、頤へゆく)です。
 
 
 まずは「艮(艮為山)」の卦を検討します。「ごん」と読みます。最上図、左から二番目をご参照ください。
 
 「艮」は、「とどまる」という意味を持ちます。
 沈着冷静、沈思黙考を心がけるべき、という運勢です。
 
 「艮」の卦は、上下とも「山」というかたちです。
 このかたちについて、「連なる山々。山は動かない。自分の立場を考えて、高望みはしないように」という言葉が書かれています。
 
 「艮」の占いの言葉は、
 
 艮は、とどまることである。
 とどまる時にはとどまり、行くべき時には行く。そこを間違えなければ、素晴らしい未来が待っている。
 控えめな態度をとろう。
 
 というものです。
 
「艮」の卦が出た時は、足踏み、運勢が動かない、現状維持の段階です。
 動かない、ということで、進展がないのでがっかりされるかもしれません。
 しかし、専門的になりますが、この卦は「解」(ゆきどけ)の卦に進む運気を内包しています。
 その意味で、足踏みといっても、「蹇」(足をひきずる、ゆきづまる)の卦とは違い、小休止の後に運勢が開けてくる可能性が示唆されています。
 ここは「待ち」の姿勢です。
 この卦が出た時は、人に積極的に会いに行くのはあまり良くないと言われています。協力者が得にくいのです。また、家庭であるとか、仲間がかかわるような事に関しても、外に意識を向けるよりは、まずは内輪の結束を固めるのがよいとされています。
 今結果を出すのは難しいかもしれません。しかし、運勢が開けてくる可能性は見えています。
 ちりも積もれば「山」となる、今は努力の時です。また、この卦はその「山」が重なっています。繰り返すこと、地道で継続的な努力をするのがよいでしょう。
 
 
 
 次に、「頤(山雷頤)」の卦を検討します。最上図、一番右側をご参照ください。
 
 「頤」は、「あご」という意味です。人間があごを動かして栄養を取ることから、「養う」という運気を象徴します。
 
 「頤(山雷頤)」は、上は山(動かない)、下は雷(動く)というかたちです。口を開いたり閉じたりする様子を示しています。
 また、一番上の卦の図を見てもらえればわかりますが、上下の実線があごを、中にある四本の破線が歯を示しています。このことからも、「あご」というかたちが示されているわけです。
 このかたちについて、「立派な人間は言動に注意し、飲食を節制する」という言葉が記されています。
 
 「頤」の占いの言葉は、
 
 養い方が適正であれば、吉。
 本質を見極めて、物理的な栄養物や精神的な教養を摂取しよう。
 重要なのはタイミングだ。
 
 というものです。
 
 「頤」の卦のキーワードは、「養う」です。栄養であり教養であり、また、何を養うか、誰を養うか、その見極めが重要だとされます。
 また、頤は口であり、中の四本が破線(虚)であることから、内心の思いを外に出さない人、あるいは内心を外に出しにくい状況を象徴することもあります。
 総合的に見て、栄養や教養を取り込むような活動には吉です。もっとも、食べたものが栄養になるには消化が必要であるように、結果が出るまではやや時間がかかる、という運気でもあります。
また、口に関わることですので、発言に要注意。不用意な発言で仲間を失うようなことは避けたいものです。
 恋愛・結婚運はあまり良くありません。口論であるとか、内心を見せられないであるとか、中身がないとか、そのようなイメージをも有する卦だからです。
 
 
 
 以上のような「晋」「艮」「頤」の卦を踏まえて、ノノさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を踏まえて、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 お友達からあったお話については、「もし、それが確定であって、雇われることになったのならば」、受けて良いかと見立てます。ただし、無理は禁物かと。
 今後については、「同種・類似のお仕事」がお勧めになりそうですし、そちらには可能性を感じます。ただし、やや時間がかかるかもしれません。
 
 
 
 
 お友達からあったお話について。
 得られた卦は、「晋」です。
 
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。 
 
 上の説明が、ほぼ全てかと。
 「進んで良し」です。
 
 もちろん、「もし、それが確定であって、雇われることになったのならば」という前提の上での話ではあります。
 また、「晋」は、一気にダッシュするような運気でもありますので、「すっ転ぶと怪我が大きい」という性質もあります。
 「無理はしない」という心掛けは、必要になるかと見立てます。
 
 
 
 今後について。
 
 得られた卦は、「艮、頤へゆく」です。
 
 メインの運気である「艮」は、上下とも「山」、というかたちをしています。
 したがって、この卦のキーワードは、「動かざること山のごとし」です。
 
 この「艮」に内包されているサブの運気が「頤」です。
 「頤」は、「あご」です。最上図をご参照いただきたいのですが、卦のかたちからしても、大きく口を開けている様子・中が空洞である様子を示しています。
 このような「頤」のキーワードは、「養う」です。「栄養」「休養」であり、「教養」でもあります。
 食べた物を消化して栄養にするまでは時間がかかるように、「結果になるまでは時間がかかる」というイメージがあります。また、「養う―養われる」という人間関係にも縁がある運気です。
 
 
 2つをあわせまして。
 まずは、職種について。「基本的には、動かさないほうが良い(艮)」です(もちろん、関連業種であったり、仕事の「質」が似ているようであれば、問題は無いかと)。
 サブの「頤」が持つ「養」のイメージからしましても、「ホスピタリティ系」はお勧めかと。
 
 「客商売」のところを、少々強く受け止められすぎていらっしゃるかも知れません。私の記事の書き方がまずかったこと、お詫び申し上げます。
 その記事につきましては、総合運としまして、仕事と恋愛の、いわばライフワークバランスを占ったものです。
 その結果として、「『メインは仕事、サブは恋愛』という方向性はいかがでしょうか」というのが、本質的なニュアンスです。
 もちろん、サブとしてでも「姤」が得られたということは、「人と接する」……と言いますか、「人をあしらう」については、吉というところがあります。
 それでも、「客商売」、「接客業」に限定して考えることは、あまりお勧めできないかと。
 ライフワークバランスという、「大きな問題」について「おおまかに網をかける」中で得られた方向性です。解釈もおおまかに、「ひとり机に向かい合う」ような仕事や「工場などのように、人よりも物に向かい合う」お仕事よりは、「なんらか人と接し、人をあしらう」ようなお仕事、というぐらいのニュアンスで受け取っていただければ……というところがあります。
 
 
 お仕事に出会える時期について。
 「艮」は「動きが小さい」、「頤」は「時間がかかる」という性質があります。
 その意味では、少し時間はかかるかもしれません。
 それでも、「艮」は「みっしりと身が詰まった」性質を持ちます。「頤」は、栄養です。
 そうしたところから見ますと、長く勤められるお仕事には、出会えるのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加