<無料占い> 再婚するには。 あきさんより。

 
 
 今回は、あきさんからのご相談です。「私は×1です。付き合っている人はいますが、彼氏や他の出逢いも含め、少しでも早く理想的な再婚をするには、どう思考や行動をしたら良いでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「姤之謙」(姤、謙へゆく)です。
 
 
 まずは「姤(天風姤)」の卦を検討します。「こう」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「姤」は、「邂逅」の「逅」と同じで、「偶然・突然の出会い」という意味です。それも、大勢の男性を手玉に取るような、悪女的な女性との出会い、といったイメージです。(「いい女」とも言えるかもしれません。『ルパン三世』の峰不二子的なイメージと言ってよいかと思います。喩えが古いかもしれませんが。)
 
 「姤(天風姤)」は、天の下に風が吹き渡る、というかたちです。為政者は風のように政令を通達すべきである、という言葉が示されています。
 もっとも、「姤」については、「天」と「風」という他に、六本の線が「一陰五陽」になっている、というかたちに注目すべきとされています。
 全体が陽であったところに、下から一本の陰が入り込んできたというかたちは、多くの男性(陽)をうまく持ち上げ、手玉に取る女性(陰)というイメージである、ということです。
 
「姤」のうらないの言葉は、
 
 「姤」とは、遭遇することである。
 一本の柔が五本の剛に遭遇する。多くの男の中に忽然と一人の女が現れて、魅了する。
 このような女はしたたかもの。妻にすべきではない。長続きしないであろう。
 天地が遭遇すれば、万物がみな美しく育つ。
 「中正」であるリーダーに、剛強なものが出会えば、天下に道が行われる。
 「姤」の意義は重大である。
 
というものです。
 
 「姤」は「突然の出会い」。それも多くの場合、「あまり歓迎できない出会い」です。思いがけない災害やもらい事故に出会ったり、詐欺被害や株価の暴落にあってしまったり。そのような運気です。
 特に、陰が内側に入り込んでいるというかたちですので、うまい話をもって近づいてくる陰湿な人間に注意すべき、他人の口車には乗らないように、といった運気です。
 天の下に風が吹き廻る、どこまでも行くとも言えますが、どこに行くやらわからない、というかたちでもあります。いろいろ迷いが生じやすい時期と考えられます。このような時は基本に返って考えるのが良いと言われています。
 結婚運には良くありません。男性からすれば、女性がしたたかすぎて(あるいは肉食系過ぎて)心身ともに参ってしまう。女性からすると、「男性が多い」というかたちですから、落ち着けないという運気とされてきました。
 もっとも、現代の価値観からは少し考え方を変えるべきかもしれません。積極的に社会に出て、男性を相手に渡り合って経営等をこなす強い女性こそが良いと考えるのであれば、男性からすれば悪い結婚ではないと考えうるからです。
 
 ここまで、「姤」の悪いイメージを中心に述べてきましたが、「姤」にも良いところはあります。
 まず、たとえば、いわゆる客商売と言われる業種や芸能関係を占ってこの卦が出た場合には、魅力的な女性ということで、非常に良い運気といえます。
 さらに、そのような限定的な場面だけでもないのです。「姤」は、「偶然の出会い」。占いの言葉に、「万物がみな美しく育つ」とありますが、この「美しい」は、原文では「章」、つまり「あや」です。異質なものとの偶然の出会いが、思わぬ「あや」となり、運勢が動いて行く。そのような可能性をも含んだ卦でもあるのです。「『姤』の意義は重大である」といわれるゆえんです。
 
 
 
 次に、「謙(地山謙)」の卦を健闘します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 以上のような「姤」「謙」の卦を踏まえて、あきさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせ、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 言葉は悪いかも知れませんが、「うまく取り入る」、「相手の生活に入り込む」。それを考えて行くという方向性はいかがかと、提案いたします。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「姤、謙へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「姤」」のイメージは、上でも申し上げましたように、「全体が陽であったところに、下から一本の陰が入り込んできたというかたち。多くの男性(陽)をうまく持ち上げ、手玉に取る女性(陰)というイメージ。」とされています。
 またあるいは、「邂逅」。つまり、「突然の出会い」です。
 少し言葉が悪いかも知れませんが、「悪女」ですね。「男性を手玉に取る女性」です。
 もう少し現代社会的に解釈しなおすならば、「積極的に、男性と対等に向かい合う女性」です。
 
 「姤」の性質は、「隙間風のように、そっと忍び込む」です。
 男性の側から見た場合、「どこから入って来たかは分からないけれど、気づけばそこにいる。」というイメージです。
 女性の側から見た場合には、「その状況を意図的に作り上げる」というイメージになります。
 
 彼氏がどのような方かにもよりますので、一概には申せませんが。
 たとえば、ある程度「若くない」人や「離婚経験がある」人の場合、「独り身の寂しさと気楽さと、両方を知っている」うえに、「現状を変更しようというエネルギーが、少し足りない/『まあいいや、めんどうだし』とどこかで思っている」ようなところがあるかと。
 そうしますと、「寂しさを埋めつつ、気楽さを害さないようにして、面倒は全部こっちでやっておく」が基本的な動き方になるかと思うのです。
 「それって、女性の側の負担が大きすぎない?」と思われるかもしれませんが。結果を得てしまえば、勝ちですよね。(そこで豹変してまた離婚、でも困りますけれど。)
 若い方だと、どうでしょう。
 相手を「おとな」と扱う、「頼る」方向性が良いのでしょうか?
  
 そうしたことが、「うまく取り入る」です。人ごとに、何を求めていて何を嫌っているか、そこを探っていくという方向性です。
 「自分の主張は、後から通す」イメージでしょうか。
  
 「相手の生活に入り込む」ですが。
 いわゆる「外堀を埋める」という動き方も一つです。
 他に、先ほどの「めんどうだし」で言いますと、「追い出すのも面倒だし」になるぐらいに、徐々に浸透していくことかと。
 いまのお二人の関係が分かりませんので、やはり一概には申せませんが。
 お弁当を作る。洗濯や掃除をすると言って入り込む。週末に居着く。……と、たとえばそういう流れはいかがかと。
 
 
 このような「姤」に内包されているサブの運気が「謙」です。
 「謙」の卦は、まさに「謙遜」。「へりくだること」「相手を尊重する気持ち」を示します。
 上の説明でも、「自分の我を張り、押し出していくのは慎んだほうが良い」という表現を使っていますが、これだけではやや誤解を生むところもありうる表現ではあります。
 「謙」の卦については、注意事項として必ず申し上げなくてはならないポイントがあります。それは、「謙」は、「卑下」とは異なるということです。「自分を不当に貶めることで、相対的に相手を高い立場として扱う」ことは、「謙」ではありません。  
 相手を尊重するその前提として、自分も尊重する。自分にとって大事なこと・譲れないこと等を固く守るからこそ、相手の大事なものへの配慮もできる。それが「謙」です。
 また、「謙」の卦は、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろうもの』は、すでに手に持っている」ような運勢であるとも言われます。
 
 「謙」は、「自我(自分の目的)はしっかり持っておくけれど、『相手の要求、相手が一番大切にしているもの』は否定しない」的なイメージです。
 やはり、どこか妥協的なイメージとなります。「折れるところは折れておけ」というところがあります。
 さらに「謙」は、今回のようなご相談については、「実は、分かっているのでは?」的なイメージもあります。
 「だいたいどうすべきかは、何となくであっても、見えている。後は、実行するだけだ」という状況ではないかと。
 もし、そのような状況であるならば。多少、どこか気がとがめるようなところがあっても、しなやかに・したたかに実行すべき(「姤」)かと見立てます。
 
 
 全体に、「手段を選ばぬ」という意識を持つぐらいでも良い、というイメージです。
 もちろん、犯罪はいけませんし。
 また、「彼がこだわっているところ/信念」については、それを無視したり否定したりすると、うまく行かない(「謙」)とも感じられます。
 
 それでも、遠慮は不要かと。
 「相手の生活に、相手の領域に、いかにして入り込むか」を考えて行く。
 そのような方向性はいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加