<無料占い> 仕事。 招き猫さんより。

 
 
 今回は、招き猫さん(女性・40代)からのご相談です。「外国に在住しています。最近、仕事が非常に楽しくなり、やりがいを感じるようになったのですが、これから先ネットワークをさらに広げて沢山の人と出会い、いつか自分でも仕事ができればと考えるようになりました。ただ、今のままでは、資金調達ができません。現在進めているプロジェクトがいくつか成功したところで、コミッションをもらうか昇給してもらうか、リクエストを上げる予定です。上司を説得できるでしょうか?仕事は、このまま順調に進むでしょうか?この先、独立して仕事ができるでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「夬之随」(夬、随へゆく)です。
 
 
 まずは「夬(沢天夬)」の卦を検討します。「かい」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「夬」のかたちは、上が沢、下が天です。天よりも高いような高地にある池に切れ込みを入れれば、水が下に流れてきて、下にいるみんなが潤う、そういうことばが示されています。
 また、この卦は、一番上が陰を示す破線です。陰湿な独裁者に押さえつけられているが、それを下から打倒するようなイメージも持ちます。
 
 「夬」の占いの言葉は、
 
 「夬」とは切り開くことだ。
 毅然とした態度でつまらないトップを打倒すれば、みな幸せになる。
 正しい議論と誠意でもって、仲間を募ろう。
 まず、自分の脇を固めるのを忘れるな。
 断固として行動するのだ。
 
 というものです。
 
 「夬」の卦は、下の立場から見た、いわばクーデター決行のような運勢を示しています。それと同時に、上の立場から読み取れる運勢、クーデターを起こされないように、早めに対策を取るべきだ、という運勢です。
 もう少し普遍化すると、「問題があるならそれを変えるべく断行すべきだ。また、問題があるなら、それが爆発する前に対処すべきだ。」という運勢です。
 そのため、この卦が出た時は、「クーデターを起こす時のように慎重に」・「クーデターを起こされないように穏やかに」と解釈することが多いとされます。
 全体として、無理をしたり、力不足であったりすることが原因で、ものごとがうまくいきにくい、という運気です。
 恋愛・結婚運でも同様です。なかなかうまくいかないと考えられます。
 
 
 
 次に、「随(沢雷随)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「随」は、「したがう」という意味です。何かに従ってゆくと良いことが多いという運勢です。しかし、運勢は自分で切り開くもの。何に従うべきかは、自分で主体的に判断しなければなりません。
 
 「随(沢雷随)」は、雷が沼沢の内側に入り込む、動的なエネルギー(雷)が衰えていく時期を示すかたちです。季節で言うならば秋。「時勢に従って休息すべき」という言葉が示されています。
 
 「随」の占いの言葉は、
 
 剛(雷)が柔(沢)にしたがっている形である。
 剛が動き、柔がそれを喜んで受け入れるのだ。
 このような道に従うならば、逆に人々も喜んで従ってくれるだろう。
 
 というものです。
 
 この卦は、時勢に従い、あるいは人に従うとよいことがある、という運気です。また、変化の時期を象徴し、その変化には積極的に従う(変革の動きに乗る)と良い、という運気です。
 ですから、転職や引っ越しにはよい運勢です。
 季節のイメージは秋と申し上げましたが、時勢に従って、無理をしないほうが良いという意味です。
 もっとも、雷は動的なエネルギーを象徴する卦でもありますので、完全に静養しおとなしくしているというよりは、力をためる充電期間、クマが冬ごもり前に活発に動き回るようなイメージです。
 また、「従う」のが良いのですから、たとえば無能な上司であっても、その指示等には逆らわない方が良いという時期です。自分が雷(動)であり、また能力があることを示唆する運気ですが、それでもあえて穏当に上司に従うことで、自分を含めた運気が開ける、そのような時期です。
 恋愛運について言えば悪くはないのですが、結婚運となると、やや安定していないきらいがあるため、あまり良いとは言えません。また、三角関係や、ストーカー問題などのおそれも考慮すべき運勢と考えられています。
 
 
 
 以上のような「夬」「随」の卦を踏まえて、招き猫さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質からみて、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「しばらく時間はかかりそうだが、決断は今からすべきだ」という時期のようです。
 コミッションもしくは昇給の申し出も、すぐには通らないかもしれません。が、時機を見てもう一度説得するのが吉かと。
 お仕事については、今手がけているプロジェクトについては、それに集中している限りは、順調かと。新たなお仕事については、すぐというわけにはいかないかもしれません。
 独立については、「しばらく先」のイメージです。ずるいと言われてしまうかとは思うのですが、「吉凶の判断を下すのは、もう少し経ってから」かと、見立てます。ただし、「独立するつもりで動く」ことは必要かと。そのように、見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「夬、随へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「夬」は、「決断」や「クーデター」などを象徴します。
 古代の社会情勢(クーデター・下克上は不道徳とされていた)や、アドバイスをする側の事情(占い師は、責任を取れる立場にないのだから、できるだけ「なあなあ」な物言いをする方が安全だ)といった問題もあるために、「できるだけ穏やかに」と解釈されがちな卦ではありますが、この卦の本質はあくまでも「決断」です。
 全体として、何かうまく行かない状態です。「上からの圧力」的なものがあったり、どうも力不足であったり、そのようなイメージです。
 それに耐えて、大きな決断をすると、運気が変わってくると考えられています。
 
 「夬」は、「失う物があるならば」、「迷いどころだ」というイメージを持つ運気です。
 失う物が無いのであれば、「決断」です。(なお、ここで言う「失う物」とは、「全財産」であるとか、「一族全員の命」であるとか、そのレベルです。)
 
 「夬」も「随」も、すぐに上昇機運がやってくるという運勢では、ありません。
 それでも、「決断だけはしておくべきであり、その方向へ向かって動き始めるべきだ」という性質を持ちます。
 「今が、決断の時」かと、見立てます。
 
 
 このような「夬」に内包されているサブの運気が「随」です。
 「随」は、「したがう」という意味です。「何に従っていく・くっついていくべきか、その選択が重要になる」という運気です。
 また、「随」は、「充電期間」というイメージを持つ運気でもあります。消耗するよりは、「ためる」時期です。
 その一方で、「随」には「転換期」の意味もあります。「流れ」がある場合には、「積極的に乗ってよし」とされます。
 
 「随」は、少し元気がないような時期。
 何か「流れ」のようなものがある場合には、無理に逆らってしまうと、ますます元気を消耗してしまうようなところがあります。
「流れがあるならば、乗って良し」という時期です。
 
 すぐにすぐ、「結果が出る」という運勢ではありません。
 何事につけ、「少し時間がかかる」かと見立てます。
 
 コミッションもしくは昇給の申し出も、すぐには通らないかもしれません。が、時機を見てもう一度説得するのが吉かと。現状は、「力を溜める」というイメージかと見立てます。
 お仕事は、いまこなしている件については、吉かと見立てます。新規の仕事であっても、自然に一連の流れとして取り組めるお仕事については、問題ないかと。
 ただ、全く方向性が変わるようなお仕事については、慎重に取り組むべき時期のようです。
 取り組むことは、悪くないのです。が、やはり「結果にするには時間がかかる」時期かと思われますので。
 
 独立についても、「夬」ではあるけれど状況は「随」。
 すなわち、「決断は今から為すべきだが、実際にその話がかたちになってくるのは、しばらく先のこと」かと。
 で、あるならば。ことの吉凶については、今占うよりも、話が近づいてから考えるほうが良いのではないかと思うのです。
 吉凶を意識しすぎるよりも、今は夢や構想を膨らませる(吉だと思って突き進む)べき時期ではないでしょうか。
 「まずは、決断を。そして、その流れにしたがった行動を」。
 少し難渋するところもあるかもしれませんが、時期が訪れるのはその後ではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加