<無料占い> 仕事について。 七瀬さんより。

 
 
 今回は、七瀬さん(女性・40代)からのご相談です。「上司に対する憧れの気持ちはありますが、恋愛を意識しない関係を築いていくことに決めました。実際、そのように接しているつもりです。ところが最近、上司の私に対する態度が頑ななものに変わりました。私としては、何が起きているのかわからず戸惑っています。何か原因があったのでしょうか?この状況を何とかしたいのですが、私は今後仕事を頑張る意外に気をつけた方が良い事等、ありますか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「離(離為火)」です。最上図をご参照ください。
 
 「離」は、現代の感覚とは逆ですが、「麗(り)」、「くっつく」ことを意味しています。くっついて素直に行動すべきなのですが、その前提としてくっつくべき対象をしっかりと選ぶべきことを象徴しています。
 
 「離」の卦は、上下とも火・太陽を意味しています。火のような情熱・明るい知性を示すかたちです。「知性を磨き、天下を照らすべし」という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「離」とはくっつくこと。
 日月は天につき、草木は地につく。人は明るい知性によって、正しい道につけば、発展する。
 下から二本目に陰がある。従順さを大事にすることだ。
というものです。
 
 「離」の卦が象徴するのは、「麗」、「くっつく」ことです。
 しかし、何でもかんでもくっつけば良いかというと、そうではありません。
 「離」の卦は上下とも火を意味します。くっつく、着火の対象が不燃物では意味がないし、また、燃やしてはいけないものに火をつけては放火になってしまいます。
 だからこそ明るい知性(火・陽)をもって、燃やすべき情熱の対象をきちんと選んだ上で、燃え上がるべきであるということが示されています。また、火は取り扱いに注意すべきもの。慎みをもって、控えめに扱うのが重要だということです。
 人間関係全体について言うと、冒頭の図を見てもらいたいのですが、自分の心の柔らかい部分(内心)という陰を、硬い殻という二本の陽で挟んでいる形が、上下に向かい合っています。
 お互いに内心を見せない、見せられない、どうも意気投合できない、そういうかたちであると言われています。
 
 
 
 以上のような「離」の卦を踏まえて、七瀬さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「見えないところに、何らかの事情がある」のではないかと。
 一番ありそうなのは、「七瀬さんと仲が良いね」であるとか、「ひいきしている」であるとか。そういうことを言われた等の、事情があるのではないでしょうか。
 「気にすべきでは無い」かと見立てます。
 今の状況を、「悪いもの」として捉えないほうが、良いかもしれません。頑なでそっけない態度を取られていても、それを回復しようと動いては、逆効果になりかねません。
 冷静に、しばらくは「今の状況に甘んずる」のはいかがかと、提案いたします。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「離」です。
 「離」の卦は、上下とも「火」というかたちをしています。
 「火」は、「情熱」、「知性・理性」、「明るさ」、「くっつく」、「美しさ」等の事象を象徴します。
 そのため、「理性・知性で情熱をコントロールし、何とくっつく(何についていく)かを判断する」ことが重要とされる運気です。気をつけなくてはいけないのが、「炎上」・「情熱の空回り」となります。
 
 「離」はまた、「堅いものの間に、柔らかいものが挟まっている」的な状況がイメージされる卦でもあります。
 「見えないところに、何らかの事情がある」。
 そのようなケースかと、見立てます。
 
 一番ありそうなのは、上司の方が職場で、「七瀬さんと仲が良いね」と言われたのではないかと。
 悪気が無い発言でも、「ちょっと馴れ馴れしくしすぎたかな」という自制を呼んでしまったのではないでしょうか。
 「七瀬さんをひいきしている」的な発言があったのかもしれません。
 女性の部下を多く抱える男性の上司は、そのように言われることを、非常に気にします。「自分としてはそのつもりは無いけれど。そういう発言が飛び出すような状況そのものが、危険だ。」と判断します。
 (そんなことを考えず、ガンガン引っ張って仕事をする方もいらっしゃいますけれど)
 
 「離」の卦が得られたときの基本的な方向性は、「冷静に」です。
 
 上に挙げた例は、仮定にすぎませんが。
 そのようなことがあった場合。
 「仲良くしよう、親しげな会話を取り戻そう」と思って行動することは、逆効果になりかねません。
 上司は、絶対に親しげな態度を取らない……と言いますか、取れない状況にあるわけですから。苛立ちを呼ぶことになるかと。
 
 「頑なで、そっけない態度」は、今後も続くかと思われます。
 その状況を、「悪いもの」として捉えないほうが、良いかもしれません。「どうしたって変わらないもの、上司として変えようが無いもの」かも知れませんので。
 「そういう態度を取らざるを得ない相手と、どう付き合うか」。「そういう状況は前提として認めた上で、では、そっけない態度の中に、何を見出していくべきか」。
 そういう方向に、発想を切り替える必要があるかもしれません。
 
 上の例は、あくまでも仮定です。他の事情によるのかもしれません。一過性のものかもしれません。
 少なくとも、原因の見極めがつくまでは、冷静に。
 しばらくは「今の状況に甘んずる」のはいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加