<無料占い> 結婚について。 よんよんさんより。

 
 
 今回は、よんよんさんからの、「バツイチですが、最近急に、今後結婚できるのかな?と思うことが多く。ぜひお願いしたいです。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「萃(沢地萃)」です。「すい」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「萃」は、もともとは「草が群生している」という意味で、転じて「集まる」という意味です。
 人や物が集まり、にぎわっている様子です。
 
 「萃(沢地萃)」は、地面の上に池・湖があるかたちです。沙漠のオアシスが、草が生い茂り、人が集まり、交易の拠点となるように、天のめぐみにより繁栄がもたらされているかたちです。
 ですから、自分の力だけで運気が良いわけではないということを自覚し、周囲への感謝を忘れないようにすべきであると考えられています。また、人が集まれば不慮の事態も発生しがちであることから、「思いがけない事態にあわてないよう、日頃の備えが大切だ」という言葉が示されています。
 
「萃」の占いの言葉は、
 
「萃」とは、「聚」(あつまる)である。
柔順(地)で喜びあい(沢)、人があるべき位置を得ている。
そのために人や物が集まるのだ。
感謝の気持ちを忘れずに。すぐれたリーダーに従おう。
このようなやり方を守り、敬虔さを保てば吉。
運勢は盛んである。積極的に行動しよう。
 
というものです。
 
 「萃」の卦は、集まりにぎわう運気です。したがって、基本的には良い運気と言えることが多いです。商売繁盛・出世・入試合格、そういった運気であるとも解釈されます。
 この卦は「夬」(決行)の卦や、「比」(人の和)の卦と関係が深いと考えられています。「問題を排除する」と「人が集まる」、そして「人が親しむ」という関連性です。また、「夬」は雨降り。雨が降って地上に溜まると「萃」になります。また、地上の水が動いている(大河)場合が「比」であるからです。
 事業・仕事運では、吉となることが多い運気です。「人が集まる」からです。また、利益も「集まりやすい」と考えられます。ただし、あまり物欲を燃やすよりは、ていねいな仕事を心がけるべきであり、また、「人が集まり」「人と親しむ」運気ではありますが、口先のうまさで親しみを得るのは良くないと言われています。ですから、こと営業職等のお仕事に限っては、いろいろと注意すべき点も多いという運気ではあります。
 
 
 
 以上のような「萃」の卦を踏まえて、よんよんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 人間関係は、良好そうです。
 ただ、「一対一」の関係については、深めるのに少し困難があるかもしれません。「迷いが生じがち」かもしれないと、感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「萃」です。
 「萃」は、「砂漠のオアシス」というイメージであり、「人が集まる」、「物やお金も集まる」という運気ですので、大概のことについて、かなり良い運気ということができます。特に学業運、仕事運と人間関係については、大吉と言えます。
 
 したがいまして。
 「人間関係には、恵まれそうだ」と見立てました。
 「大勢の人と人間関係を持つことができる」、「孤独に陥るようなことは無い」かと見立てます。
 
 ただ、「萃」は砂漠のオアシス。
 集まっては散って行く、動きや流れを感じさせる運勢です。
 一対一の関係については、これを深めるのに、少し困難があるかもしれません。
 
 特に、「萃」については、「下から四本目と五本目、その2本だけが実線となっている」という卦のかたちから、「目移りしてしまう、選択に迷いが生じてしまう」という性質があるとされます。
 その点については、意識しても良いかもしれません。「思い切って決断する」ことが必要になることもあるかもしれないと、見立てます。
 
 とはいえ、「萃」は全体として盛運です。
 人間関係運として最高ですので、出会いのチャンスそのものは、かなり豊かに恵まれているのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加