<無料占い> 次男(中学3年)の進路について。 HARUさんより。

 
 
 今回は、HARUさん(女性・40代)からのご相談です。「中学3年の次男の高校進学で悩んでいます。小学校から続けているスポーツを高校でも続けたいらしく、K地域の強豪高校、M地域の強豪高校、地元の強豪高校、地元の『昔は強豪でまた盛り返しを狙う高校』、の4つで迷っているようです。年内に決めれば大丈夫だと思い、ユックリ考えて後悔の無い選択をさせたかったのですが、スポーツ特待をいただける高校があり、返事を急かされている状態です。悔いの無い高校生活を送ることができる選択は、どれが良いのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 4つそれぞれに占いを立てる方法もあるのですが……。
 メールを通じてネットで占いを立てる(直接お会いして、お互いに情報をしっかりやりとりする過程を経ずに、占いを立てる)場合ですと、精度の点で、どうしても難が生じます。
 「細かく分けて、精密に占いを立てる」ことを目指しつつ、「精度が低い」という、おかしなことになってしまいますので……。
 
 「学校の選び方、その方針は?」という問いによって、占いを立てました。
 ご理解をたまわることができれば、幸いに存じます。
 
 
 得られた卦は、「升之師」(升、師へゆく)です。
 
 
 まずは「升(地風升)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「升」は「のぼる」と訓読みします。運気上昇の気配です。
 
 地面の下から木(巽は風だけでなく木も象徴します)が生えてくる、のぼってくる、そういうかたちです。
 
占いの言葉は、
 
大いに伸び栄える。
優れたリーダーにしたがってゆけ。
案ずることはない。喜びが訪れるだろう。
南に行くと、吉。
 
というものです。
 
  易では、運気上昇に関する卦は三つあります。「晋」・「漸」・「升」です。
 「晋」は、一気に上昇するけれど、そのぶん安定感に欠けます。
 「漸」は、着実に上昇しますが、勢いが強いわけではありません。
 「升」は、その中間、一番バランスよく運気が上昇する卦です。
 
 この卦は、他者の支え、引き上げがあって運気が上昇する、という運勢です。しかしその前提として、自らの内側に強い意志を持っている必要があります。植物で言えば、地面から芽を出そうとしなければ、世話をする人も水のあげようがないわけです。
 全体的には、最初はやや苦労が多い・進展が見えにくいけれども、ある段階から着実に運気が伸びる、そういう運気です。
 仕事運について言えば、「地面から植物が芽を出す、埋もれていたものが明るいところへ出てくる」というイメージから、新しい計画に着手するには吉と見ます。あるいは、いま現在そのような計画をしているところだ、という状態にあることが多いとされます。
 恋愛・結婚運については、大吉と言われています。女性について占った場合、昔であれば、「玉の輿」と言われるような運気です。ただ、現在の、恋愛結婚中心の結婚観では、そこはやや割り引いて考える必要があると思います。
 何か迷うようなことがある、という局面では、上記の、「南に行くと、吉。」(原文では、「南征吉」)という言葉が重要になってきます。南の方へ行くこと、火や暖かいものに関連すること、明るくて華やかなこと、そういう方向で選択するのが良いと思われます。
 
 
 次に、「師(地水師)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「師」は、「多い」また、「いくさ」という意味です。そして、中国の思想では一般に、「いくさは憂うべきもの」と考えますので、キーワードとしては、この二つの他に「憂い」というものが加わります。
 
 「師」は、地面の下に水があるかたちです。水を必要としている地上に水がないために、大きな争いが起こる、そのようなイメージです。
 そのかたちを解釈する言葉として、「大地は豊かな水をその下にたたえている。それと同様に、立派な人間は、豊かな心をもって人と人とのつながりを大事に養い、いざ争いが起こった時のための準備をしておくべきだ。」と言われています。
 
「師」の占いの言葉は、
 
戦争は大義があるものでなくてはならない。指揮官も立派でなければならない。
多数を率いて正しい戦争をすれば、王者となることができる。
戦争は憂いを伴うものだが、正しい行いならば最終的にはとがめはない。
 
というものです。
 
 この卦は、必ずしも悪い運気ではないのですが、とにかく争い事が起きやすい運勢です。
 適任者を求めること、正しいと思うことは断固として貫くことが重要です。
 人間関係でも不和の多い時期であると予想されます。
 
 
 
 以上のような「升」「師」の卦を踏まえて、HARUさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を意識して、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 基本的に、「見通しは明るい」という運勢であることを、まずは申し上げます。
 ポイントとしては、「指導者」、「環境」、「進学・就職の実績」が挙げられるかと。そのように、見立てます。
 ある意味では、「少しいやらしい」物の見方と言えるかもしれません。
 息子さんは、どこを選んでもきっと励まれることかと存じますので、「そうしたこと」をあまり意識させなくても良さそうです。
 親御さんの、大人(中学の先生、高校の先生を含め)の目からのアドバイスをしてあげるのがお勧めになるかと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「升、師へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「升」は、勢いが強すぎもせず弱すぎもせず、バランスよく上昇してゆくという運勢を象徴しています。最高に良い運気の一つと言えます。
 また、「升」は上が「地」で下が「木」(「風」は、「木」も象徴します)というかたちをしています。植物が土の中にあって、やがて芽を出し成長してゆくイメージです。「ひとの助けが得られる」という運気ですが、その助けを得るためには、まずきっかけとして、植物自身が芽を出していかなければなりません。最初は自分の側から努力をしなければならない、ということです。
 
 「升」は、最高の運勢のひとつです。
 基本的に、「見通しは明るい」という運勢であることを、まずは申し上げます。
 
 この「升」の特徴は、「本人が頑張る。それを見た『上』の人が、サポートしてくれる。だから順調に伸びていく。」という性質にあります。
 息子さんは、どの高校を選んでも、きっとそのスポーツに励まれることと存じます。
 したがいまして、「上の人」すなわち「大人」の側のサポートが、大きな要素となるのではないか。……と、そのように見立てます。
 
 サポートの内容についてですが。
 内包されている卦、サブの運気である「師」が、この点についての示唆を与えてくれていると解釈しました。
 
 「師」は、端的に言って、「戦争だ!」という運気です。「結論を押し通すまで徹底して争うべきだ」という運気を示すものです。
 「師」の卦が得られた時の心構えとは、まさに戦争の心構えです。具体的には3つ。「仕事を委ねる指揮官には適任者を得ること」「決断は速やかに行うこと」「一度決断したら、最後まで貫き通すこと」です。
 
 「師」は、「戦争」ですので、「勝つためにはなんでもやる」……そこまで言うのは、少々ドギツイということであるならば、「虚飾を排して、実利主義的に考える」ことが求められる運勢と言うことができます。
 有り体に言ってしまえば、「スポーツにまつわる、美談や青春(綺麗ごと)」の方ではなく、「スポーツにまつわる、実利面」を意識していくべき話ではないかと。
 そのように、感じられるのです。
 
 端的に言ってしまえば、「進学・就職実績」です。
 息子さんが大学や社会人、あるいはプロでも、そのスポーツを続けて行けるように。
 スポーツの種類によっては、そうした「場」がないかもしれませんが……。それならば、大人になっても趣味としてそのスポーツを楽しんでいくために、確実な就職先を。
 そうした方向で考えて行くというのが、まず第一の視点かと見立てました。
 
 「師」の卦は、「戦争」という意味です。
 「師匠」の意味では無いのですが、それでも。
 「升」(上の立場の人からの、サポート)というメインの運気を考えますと、やはり「師匠」……高校の監督であるとか、指導者であるとか。そちらの意味も、感じずにはいられません。
 露骨に言ってしまえば、「大学や社会人クラブとの、あるいは就職先との、パイプを持っている」先生がいる(息子さんの卒業までは、やめないと思われる)高校。
 それが第一の視点かと。
 「ウラ話」は表には出てきにくいかもしれませんが。
 たとえば、大学チームや社会人チームのHPを確認し、「4つの高校の部員は、それぞれどれぐらい、そちらに進めているのか」を見てみるというのは、いかがでしょう。
 
 第二の視点として。
 「師」には、「指揮官(指導者)を選ぶべし」という意味合いがあります。
 息子さんからは、そこまでは分かりませんよね。親御さんから見て、「この監督は、信じられる/この監督は、ダメだ」……などと感じられた場合には、それを伝えるのが良いかと見立てます。
 少なくとも地元の2つの高校については、試合や練習風景をご覧になられてみるのも、お勧めかと。
 監督に限らず、部の雰囲気もありますよね。「このチームなら、息子を預けられる」、「チームの雰囲気が、悪すぎる」など。そちらを見てみるのは、いかがかでしょう。
 
 第三の視点として。
 「実利主義的に考える」ことからしますと、「環境」です。
 練習環境、どうでしょう。学校によっては、その競技の専門グラウンドを持っていたり、遠征や交流等を積極的に行ったり。そういうことがあります。
 第一の視点とも関わりますが、あちこちを周るチームは、「関係者(進学先等)の目に留まる」機会も増えます。
 やはり、少なくとも地元の2つの高校については、実地に確認できるところは、確認してみてはいかがでしょう。
 
 
 スポーツ特待をいただけるのであれば、そちらに進むという判断も「あり」だと思います。
 スポーツには、どうしてもお金がかかりますし。授業料等、負担を気にせず打ち込めるのは、大きいですよね。「スポーツ特待生だ」というだけでも、関係者の目に留まりやすいところがあるかと思いますし。
 ただ、やはり検証も必要かと。「その高校の、そのスポーツの特待生は、どこに進学・就職したのだろう?」ということ、分かるものであれば……。
 「少しいやらしい」話ではありますが、だからこそ「おとな」がそちらを見ておくという判断も、あるのではないかと。
 
  
 とはいえ、メインの運気は「升」です。最高の運勢です。
 中学の段階で、スポーツ特待をいただけるレベルの選手。普通に打ち込むことさえできれば、「大丈夫」・「何とかなる」ものだと思います。充実した高校生活を送れると見立てます。
 息子さんには、気持ちよく、「変なこと」や「将来の不安」を考えずに打ち込んでもらうのが一番かと。
 「そうしたこと」だけを、親御さんの目から見て、サポートしてあげる。選択の幅や方向性を、少しだけ決めてあげる。……そうした方針はいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加