<無料占い> 恋愛。 あかねさんより。

 
 
 今回は、あかねさんからのご相談です。「好きな人がいます。私の気持ちを伝えましたが、まだ返事をもらえていません。仲良くお話はしています。変わらず優しいです。相手の気持ちが知りたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「離(離為火)」です。最上図をご参照ください。
 
 「離」は、現代の感覚とは逆ですが、「麗(り)」、「くっつく」ことを意味しています。くっついて素直に行動すべきなのですが、その前提としてくっつくべき対象をしっかりと選ぶべきことを象徴しています。
 
 「離」の卦は、上下とも火・太陽を意味しています。火のような情熱・明るい知性を示すかたちです。「知性を磨き、天下を照らすべし」という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「離」とはくっつくこと。
 日月は天につき、草木は地につく。人は明るい知性によって、正しい道につけば、発展する。
 下から二本目に陰がある。従順さを大事にすることだ。
というものです。
 
 「離」の卦が象徴するのは、「麗」、「くっつく」ことです。
 しかし、何でもかんでもくっつけば良いかというと、そうではありません。
 「離」の卦は上下とも火を意味します。くっつく、着火の対象が不燃物では意味がないし、また、燃やしてはいけないものに火をつけては放火になってしまいます。
 だからこそ明るい知性(火・陽)をもって、燃やすべき情熱の対象をきちんと選んだ上で、燃え上がるべきであるということが示されています。また、火は取り扱いに注意すべきもの。慎みをもって、控えめに扱うのが重要だということです。
 人間関係全体について言うと、冒頭の図を見てもらいたいのですが、自分の心の柔らかい部分(内心)という陰を、硬い殻という二本の陽で挟んでいる形が、上下に向かい合っています。
 お互いに内心を見せない、見せられない、どうも意気投合できない、そういうかたちであると言われています。
 
 
 
 以上のような「離」の卦を踏まえて、あかねさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 少し、難しいかもしれません。
 「うわべの優しさ」と言うと、悪い意味合いになりすぎてしまうかもしれませんけれど。
 仲良く、優しくは接するけれど、「深いところには踏み込ませない」というようなところがあるのではないかと、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「離」です。
 「離」の卦は、上下とも「火」というかたちをしています。
 「火」は、「情熱」、「知性・理性」、「明るさ」、「くっつく」、「美しさ」等の事象を象徴します。
 そのため、「理性・知性で情熱をコントロールし、何とくっつく(何についていく)かを判断する」ことが重要とされる運気です。気をつけなくてはいけないのが、「炎上」・「情熱の空回り」となります。
 
 「離」については、いろいろな意味があるのですが。
 こと恋愛ということになりますと、やや「理が勝る」ような状況であったり、「心を許せない・許さない」というような心境であったり。
 そのようなことが、間々あります。
 
 どうも、彼は、人間関係を壊すまいとして、あるいは、仕事仲間や友人といった関係を円滑に回すために、穏やかに優しく、仲良く接する……といったところがあるのではないかと。
 「好きだから、恋愛感情があるから優しい」というのではないのかもしれません。
 彼の深いところに踏み込むのは、難しいのではないかな?と感じられました。
 少し難しい恋愛かと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加