<無料占い> 鑑定をお願いします。 天音さんより。

 
 
 今回は、天音さん(女性・40代)からのご相談です。「会社の女性で、いろいろな数字が私に似ている人がいます。ただ、私とは性格が異なります。負けず嫌いで自分の思考を他人に押し付ける、威圧感の強い人です。機嫌により態度があからさまに異なるのが困りどころです。いま、理由が分からないのにシカトされています。地位的に上層部なので、まわりはご機嫌伺いに顔色を見ていますが、本人は気づいていないようです。彼女との今後を教えてください。」とのご相談内容です。
 
 
 なお、「来年起こるイベントについて、今から心配です。鑑定していただけますか?」とのご相談については、後日とさせてください。
 「仮定に仮定を重ねた上での、最悪のケース」を想定して、不安を覚えていらっしゃるように感じられました。「まだ時間がある」ケースかと、拝察いたします。
 申し訳ありませんが、少々お待ちいただきたく、お願い申し上げます。 
 
 
 得られた卦は、「随之訟」(随、訟へゆく)です。
 
 
 まずは「随(沢雷随)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「随」は、「したがう」という意味です。何かに従ってゆくと良いことが多いという運勢です。しかし、運勢は自分で切り開くもの。何に従うべきかは、自分で主体的に判断しなければなりません。
 
 「随(沢雷随)」は、雷が沼沢の内側に入り込む、動的なエネルギー(雷)が衰えていく時期を示すかたちです。季節で言うならば秋。「時勢に従って休息すべき」という言葉が示されています。
 
 「随」の占いの言葉は、
 
 剛(雷)が柔(沢)にしたがっている形である。
 剛が動き、柔がそれを喜んで受け入れるのだ。
 このような道に従うならば、逆に人々も喜んで従ってくれるだろう。
 
 というものです。
 
 この卦は、時勢に従い、あるいは人に従うとよいことがある、という運気です。また、変化の時期を象徴し、その変化には積極的に従う(変革の動きに乗る)と良い、という運気です。
 ですから、転職や引っ越しにはよい運勢です。
 季節のイメージは秋と申し上げましたが、時勢に従って、無理をしないほうが良いという意味です。
 もっとも、雷は動的なエネルギーを象徴する卦でもありますので、完全に静養しおとなしくしているというよりは、力をためる充電期間、クマが冬ごもり前に活発に動き回るようなイメージです。
 また、「従う」のが良いのですから、たとえば無能な上司であっても、その指示等には逆らわない方が良いという時期です。自分が雷(動)であり、また能力があることを示唆する運気ですが、それでもあえて穏当に上司に従うことで、自分を含めた運気が開ける、そのような時期です。
 恋愛運について言えば悪くはないのですが、結婚運となると、やや安定していないきらいがあるため、あまり良いとは言えません。また、三角関係や、ストーカー問題などのおそれも考慮すべき運勢と考えられています。
 
 
 
 次に、「訟(天水訟)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「訟(天水訟)」は、上にある天が上に向かい、下にある水は下に流れるというかたちを示しています。上下がますます離れていく。そのために争い事が起こるのです。
 物事は出発点から熟慮して、争い事を未然に防げるよう努力すべき、とされています。
 
「訟」の占いの言葉は、
 
自分に誠意があったとしても、判決が出るまで争うようなことはすべきでない。
和解して、ほどほどのところで折り合うべきだ。
賢者の仲裁を求めよう。
意地を張って大河を渡るような冒険をすると、深みにはまってしまう。
 
というものです。
 
 「訟」の卦は、「訴訟」という言葉からもわかるように、争い事、いがみ合いを示します。
 しかし、これは「師」、戦争とは異なり、規模が小さく、また、武力行使を伴いません。ですから、「たとえ争いになろうとも、戦争のように断固として自らの正義を貫くべき」場面である「師」とは異なり、争いがあってもどこかで妥協する、相手を追い詰め過ぎないことを重視すべき運気であると解釈されています。
 恋愛・結婚運については、いがみ合い、心が離れていく状況ですから、良くない運気であると言えます。
 
 
 
 以上のような「随」「訟」の卦を踏まえて、天音さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせ、内包と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 今しばらくは、「長いものには巻かれろ」という時期であるかと感じられました。
 接点をできるだけ少なくし、「譲れるところは譲る」という方向性はいかがでしょう。
 「職場での業務や地位には、影響が出ないように」動く。影響が出ない限りは、我慢……あるいは、「流す」。そのような方向性が良さそうだというイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「随、訟へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「随」は、少し元気がないような時期。
 何か「流れ」のようなものがある場合には、無理に逆らってしまうと、ますます元気を消耗してしまうようなところがあります。
 「流れがあるならば、乗って良し」という時期です。
 
 「自分で流れを作ることができる、元気な時期」では「ない」という運勢です。
 流れに乗るのが良いのですが、「では、どのような流れに乗るべきか」が問題となります。
 今しばらくは、「矢面に立つ」よりは「長いものに巻かれる」方が、無難かもしれません。
 
 このような「随」に内包されているサブの運気が「訟」です。
 内に「訟」の意識を持っておくと良さそうだ、というイメージでお考えください。
 
 「訟」は、まさに「訴訟」です。人間同士のいがみあいを示します。ただ、同じいがみあいでも、徹底的に戦いぬくべき「師」(戦争)の卦とは異なり、「訴訟」ですので、話し合いと妥協、和解を心掛けるようにしていくことが要求される運気です。
 全体として、ストレスフルな運気と言うことができます。
 注意事項として、「妥協」というのは、「一方が全面的に譲る」ことではありません。「双方が譲り合い、双方がお互いの主張を通しあう」ということです。 
 
 「妥協」です。
 「譲れないところだけは、守る」と同時に、「それ以外は譲る」ような動き方が、お勧めになる時期かと見立てました。
 
 お仕事に、自己実現やキャリアアップを求めない場合。
 大切になるのは、「地位を失わないこと」(クビにならないこと・退職に追い込まれないこと)と、「仕事がやりづらくなるのを避けること」とではないでしょうか。
 「その点には影響が出ないように、立ち回る」のが良いのではないかと。
 
 できるだけ接点を少なくし、影響が出ないところでは「まともに相手にしない」というと、ややトゲトゲしいですけれど。「受け流す」ようにする。
 必要な限りは、気を使う。その意味では、我慢もする。
 
 いましばらくは、「少し勢いがない」ような状態かと。
 好転が感じられるまでは、「守りの姿勢」が大切になるのではないかと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加