<無料占い> 彼との今後。 junquotさんより。

 
 
 今回は、junquotさん(50代)からのご相談です。「春に知り合った彼と付き合っています。私には結婚願望がありますが、彼にはあまり無いようです。このまま付き合っていって、人生のパートナーになれるのでしょうか。この年齢で人を好きになれたことにはとても感謝していますし、彼のことも大好きなんですが、やはり一緒に生活したりしたいのです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「旅之噬嗑」(旅、噬嗑へゆく)です。
 
 
 まずは「旅(火山旅)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「旅」は「たび」です。これは、現在のような楽しい旅行ではなく、古代の「たび」ですから、むしろ放浪・流浪といった厳しい状態のイメージです。
 
 「旅(火山旅)」は、山の上に火が出ているかたちです。困難を示しています。自戒を心がけ、刑事事件はすばやく解決すべき、という言葉があります。
     
 また、「山」は「門」をも意味します。松明(火)を持って、門から出て行く。そのため、「旅」のイメージとなります。
 
「旅」の占いの言葉は、
沈着(山)にふるまって、知性(火)を失わない、そのため、やや運勢が開ける。  
この態度を固く維持していこう。
といったものです。
 
 「旅」の卦は、困難な運勢を示します。物の乏しいこと、安定を得難いことを象徴する運気です。
 「豊」(豊かかな実りという一番いい時期)を過ぎて、困難な局面にさしかかったという運気の流れです。  
 しかし、「旅」の卦は、そのような困難を克服するために、旅に出るような運勢でもあります。つらい上に先が見えにくいのですが、それでも希望を持って前へ進み出した、そのような運気であるわけです。
 
 この卦が出た時は、黙々と歩く旅人のように、地味に努力を重ねる、物事を淡々と処理することが重要です。また、事故や山賊に注意しなければならない危険な旅路を行くように、用心すること・慢心しないこと、等の心構えが必要です。    
 宗教や学問といった、精神的に孤独な作業については吉とされますが、願い事はかなえるのが難しいと言われています。    
 仕事運については、新規事業にはあまり向きません。従来の仕事を淡々とこなす方が良さそうです。  
 恋愛運は、特に女性の場合、さびしげに見られてあまり良くないと捉えます。また、「旅」だけに、いわゆる行きずりの関係が生じやすく、それが良い方向にはつながらない、という運気です。 
 
 
 
 次に、「噬嗑(火雷噬嗑)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「噬嗑(火雷噬嗑)」は、「噬」も「嗑」も、「噛む」ことを意味します。歯の間に物が挟まっていて、それを噛み砕けばものごとが解決する、という運気です。
 
 「噬嗑」は、上が「火」、下が「雷」を象徴しています。盛んな活動力(雷)と明らかな知性(火)により、刑事事件を解決すべきだ、という言葉があります。
 しかし、「噬嗑」(最上図をご参照ください)は、上下の「あご」(上下の実線)から生えている「歯」(下から二本目・三本目・五本目の破線)の間に「もの」(四本目の実線)が挟まっている、というかたちを示している、と考えるほうが、運勢をイメージしやすいです。
 困難があるけれども、それを粉砕すればよい、というイメージです。
 
「噬嗑」の占いの言葉は、
 
上下のあごを隔てている物を噛み砕けば、運勢が開ける。
活動力と洞察力によって、毅然とした行動を取ろう。
刑罰を用いるのにふさわしい時期である。
 
というものです。
 
 「噬嗑」の卦が出た時は、今現在困難に直面しているという状況です。 
 また、その困難(下から四本目の実線)は、上側にありますので、対人関係の困難について言えば、こちら側ではなく先方の側になんらかの原因があると考えられます。
 また、困難を「噛み砕くとよい」わけですから、積極的に自分から問題解決に動くのが良いとされる運勢です。
 なお、この卦は、刑事事件(犯罪)と縁のある運勢を示していますので、場合によってはそれを考慮に入れる可能性が出てきます。(表現が不適切でした。刑事事件と縁が「ありうる」運勢である、と申し上げます。)
 人間関係で言うと、なにか邪魔があるという状態です。それを取り除くことで話が進んでゆきます。
 恋愛運は良くありません。「間に誰かがいる」、つまり相手には(隠れた)恋人がいる、といったことが多いのです。
 
 
 
 以上のような「旅」「噬嗑」の卦を踏まえて、junquotさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質からみて、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 やや難しいように感じられました。
 「対応によっては、別れる」という強い気持ちを内側に持つ(依存しない)ようにした上で、粘りづよくお付き合いを続ける……という方向性はいかがかと、見立てました。
 彼に「追わせる」ことができれば、というイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「旅、噬嗑へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「旅」は、「孤独な旅路」を象徴します。基本的には厳しい運気と言えます。
 じっくり取り組むようなお仕事、芸術・学問関係には良いのですが……特に恋愛運については、かなり厳しいところがあります。
 
 この「旅」ですが。
 厳しい運気ではあるものの、「一歩踏み出せば一歩ぶん、目的地に近づく」という性質もあります。
 粘り強く取り組むことができれば……というイメージです。しかし、やはり基本的には厳しい運気ではあります。
 
 内包されているサブの運気を示す卦が、「噬嗑」です。
 「噬嗑」は、「歯の間にものが挟まったような、『はかどらない』状態。どのような結論を選ぶにせよ、ハッキリとした決断をすることが求められる。」という運気を示します。
 
 内包要素が「噬嗑」ですので、「思い切った決断は、いつでもできるようにしておく」、「そういう気持ちを、持っておく」ことが必要になりそうだと感じられました。
 「彼があまり乗り気でない」という状態で、こちらが焦って「押す」ことをしても、あまり響かないと思うのです。
 気持ちの面で彼に依存せず、「いつだって、別れてやる」という意識を持つことで、戦略的に取り組むことができるようにならないでしょうか。
 彼を依存させる……とまで言うと、言い過ぎになるかもしれません。彼に「追わせる」ためには、どうすべきか。そうした発想はいかがかと感じられたのです。
 
 メインは「旅」。
 粘り強い取り組みが必要になると見立てました。
 付かず離れず、彼を飽きさせず。長く付き合っていくうちに、「junquotさんがいないと困る」と思わせていく。
 そのためにも、逆説的かもしれませんが、「いつだって別れてやる」ぐらいの強い気持ちを持つ必要があるのではないかと。
 
 かなり難しい恋愛かも知れないと見立てました。
 内包要素に「噬嗑」があるということは、ただ単に「気持ちの問題」では無いかとも思われます。
 うまく行かないようであれば、実際に「思い切って、別れる」ことが必要になるかもしれない。
 そのようにも、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加