<無料占い> 無料鑑定お願いします。 春菜さんより。

 
 
 今回は、春菜さん(女性・40代)からのご相談です。「会社内で部署異動があり、仕事があわず精神的・肉体的につらく、転職を考えております。しかし年齢的にも再就職が難しく、このまま今の会社で頑張るべきなのか悩んでおります。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「井之比」(井、比へゆく)です。
 
 
 まずは「井(水風井)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「井」は、まさに井戸のことです。井戸はなくてはならないものであり、誰にでも恩恵を与えるものであり、動かず黙っているものです。手入れが必要なものでもあります。
 
 「井(水風井)」は、水の下に木がある、また、下の三本の線(風)は出入りする、という意味があることから、井戸の中に、出入りするつるべ(桶みたいなものです)がある、というかたちとされます。  
 さらに、この卦は、つるべについている縄が途中で切れてしまっているかたちも示しており、そこに警告の意味があると考えられています。
 
「井(水風井)」のうらないの言葉は、
 
井戸は移動させることはできない。尽きることも、溢れることもなく、誰にでも恩恵を与える。
しかし、すぐに水をくめそうだからといって、つるべを壊してはいけない。
それでは井戸を役立てられないので、凶。
 
というものです。
   
 まとめますと、水の、万物をうるおすというすばらしさと、同時に、それは最後までやりとげなければ意味がない(途中で落としたり壊してはいけない)ということとを、象徴した卦といえます。  
 「井」の卦が出た時の運勢ですが、水をくみ上げるように、苦労や努力が必要だ、これが基本的な考え方です。また、水をくみ上げるときに同じ動きを何度もするように、いつも通りのことを以前と同じようにやることが大事です。へたに変えると、かえって悪化することがあります。  
 また、井戸の水は上に行くほど澄んでいることから、後になるほどだんだんと物事がうまくいくので、あせらないことが大事であるとされます。
 恋愛・結婚運も同様です。なかなか進展せず、苦労しそうな運気です。
 
 
 
 次に、「比(水地比)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「比」は、「ならぶ」と訓読みします。人と人とが親しみ助け合うという意味です。協力し合うことの重要性を示す運気です。
 
 「比(水地比)」は、地面に水がたたえられている、というかたちです。「わけへだてなく人とつきあうとよい」という言葉が示されています。
 
 「比」の占いの言葉は、
 
 比は、吉である。
 何事も親和の心で、協議によって物事を行えば、とがめはない。
 一人で流れに逆らうのはよくない。(善は急げ)
 
 というものです。
 
 「比」の卦が出た時は、人と親しみ、協力するのがよいという運勢です。この卦が出た時は、一人で物事をやろうとするよりは、何事につけ協力を仰ぐのがよいという卦です。
 人間関係で言うと、下から五本目の実線(陽)が、優れたリーダーを示します。これにつき従って、みんなで協力するとよい、ということですね。逆に言うと、リーダー的地位にある場合には、つまらない人間とつきあうのは良くないということになります。また、つまらない人、悪人が寄ってきかねない運気でもありますので、人の見極めが重要になります。
 恋愛関係については、相手(上記の「リーダー」)に主導権、リーダーシップを渡すのが良い運気です。自分を「地」と見立てるのですが、「地」は「柔順」を象徴しているからです。
 「人と親しむ」ということで、恋愛・結婚には良さそうですが、「悪人が寄ってきかねない」、つまり、誘惑が多い・目移りしてしまう、という運気でもありますので、結婚運という点ではやや良くありません。恋愛運で言うと、まだまだ波乱がありそうな予感、といった運気です。
 
 
 
 以上のような「井」「比」の卦を踏まえて、春菜さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容、また卦の関係から見て、変化であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 今の職場で頑張る方が良さそうだと見立てます。
 慣れによってカバーできる部分も、ありませんでしょうか。
 上司や先輩等、頼れる人ができる(見つけて、頼る)ようなことも、お勧めとなりそうです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「井、比へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「井」は、まさに「井戸」を象徴します。「誰にでも水を供給する(利他的な気持ち)」・「井戸は動かないのだから、水を得るためには自分が出向かなければならない(自発的な努力)」・「水を得るためには、つるべを引き上げなければならないように、継続的な努力が必要となる」という運気です。
 特徴としては、「苦労が多い」「最後までやりとげる必要がある」という点が挙げられます。「毎日毎日、ほんとうに結果が出るのか?と疑問に思いながら努力をする日々が続くが、実は少しずつ前へ進んでいるので、途中で諦めないことが大切になる」という運勢を示します。
 また、井戸の水は、上へ行くほど澄んでいます。そのため、「後になるほど運気が良い」と考えられています。
 
 「苦しい日々が続くけれど、後になるほどうまく回るようになるので、途中でやめてしまうのはもったいない」という運気を象徴します。
 今の職場で頑張るほうが良いのではないかと感じられました。
 
 「井」の卦は、「単調な肉体労働」のようなイメージを持ちます。
 いつ果てるとも知れず、肉体的にも精神的にもつらいのですけれど、それでも段々に慣れてくる。時間が経てば経つほど、結果が見えてくる。そのような運気です。
 お仕事の内容を伺っておりませんので、あまり軽々しく申し上げてはいけないことかもしれませんけれど。
 慣れによってカバーできる部分、ありませんでしょうか。今はまだ、「峠を越えていない」という状態なのかもしれないと、感じられたのです。
 
 
 このような「井」がやがて「比」へと変化していきます。
 「比」は、二人の人間が並んで同じ方向を向いている、協力しあっている、ということを象徴しています。
 複数の人間がワイワイやる「同人」の卦とは異なり、「一対一の人間関係」を象徴します。
 
 「比」の卦の人間関係については、特に、「上司やリーダーに恵まれる」というイメージがあります。
 少し余裕が出てきて、周囲を見回せるようになってくれば、あるいは。
 頼れる上司や先輩が、見つかるということもあるのではないかと感じられました。
 「見つかる」というばかりではなく、「積極的に探す」ような動き方も、お勧めかと見立てます。
 
 
 どうしてもつらい、耐えられないという場合には、考えどころかもしれません。
 でも、もし、「なんとかギリギリやれそうだ」ということであるならば。
 「『逃げ道』や『はけ口』を探してでも、しがみつく」ような動き方がお勧めになるのではないかと。そのように見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加