<無料占い> 生活が安定しない。 よっぽさんより。

 
 
 今回は、よっぽさん(女性・20代)からのご相談です。「いま、ものすごく生活が苦しく、どうすればいいか悩んでいます。本当に毎月キツキツで、どうすれば安定するのか、何か資格を取りたいのですが何をとれば良いのか。これから先どうなるのかを占ってほしいです。あと、苦しい生活から抜け出すためにはどうすればいいかヒントが欲しいです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「艮(艮為山)」です。「ごん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「艮」は、「とどまる」という意味を持ちます。
 沈着冷静、沈思黙考を心がけるべき、という運勢です。
 
 「艮」の卦は、上下とも「山」というかたちです。
 このかたちについて、「連なる山々。山は動かない。自分の立場を考えて、高望みはしないように」という言葉が書かれています。
 
 「艮」の占いの言葉は、
 
 艮は、とどまることである。
 とどまる時にはとどまり、行くべき時には行く。そこを間違えなければ、素晴らしい未来が待っている。
 控えめな態度をとろう。
 
 というものです。
 
「艮」の卦が出た時は、足踏み、運勢が動かない、現状維持の段階です。
 動かない、ということで、進展がないのでがっかりされるかもしれません。
 しかし、専門的になりますが、この卦は「解」(ゆきどけ)の卦に進む運気を内包しています。
 その意味で、足踏みといっても、「蹇」(足をひきずる、ゆきづまる)の卦とは違い、小休止の後に運勢が開けてくる可能性が示唆されています。
 ここは「待ち」の姿勢です。
 この卦が出た時は、人に積極的に会いに行くのはあまり良くないと言われています。協力者が得にくいのです。また、家庭であるとか、仲間がかかわるような事に関しても、外に意識を向けるよりは、まずは内輪の結束を固めるのがよいとされています。
 今結果を出すのは難しいかもしれません。しかし、運勢が開けてくる可能性は見えています。
 ちりも積もれば「山」となる、今は努力の時です。また、この卦はその「山」が重なっています。繰り返すこと、地道で継続的な努力をするのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「艮」の卦を踏まえて、よっぽさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 よっぽさんの現在のお立場(主婦でいらっしゃるか、お子さんがいらっしゃるか、独身でいらっしゃるか/現在の職業の形態、時間にどれくらい都合をつけられるのか/等)にもよりますけれど……。
 イメージとしては、「大きな改善は、すぐには望めないかもしれないけれど、小さな改善は、身近なところから始めると良さそうだ」と感じられました。
 空いている時間に、小さなアルバイトを入れると、違ってきそうなイメージです。
 「長い目で見た、大きな改善」である「資格」についてですが。お気に召さないかもしれませんけれど、「現場系・ガテン系・重厚長大系」のイメージが得られました。
 重機や何らかの運転資格、「現業系」のところに活路があるのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「艮」です。
 「艮」は、上下とも「山」、というかたちをしています。
 したがって、この卦のキーワードは、「動かざること山のごとし」です。
 
 すぐにすぐ、「大きく動く」というイメージではありません。
 しかし、「ちりも積もれば山となる」のイメージもあります。
 
 小さなアルバイト等によって、すぐにでも改善できる部分は、ありそうです。
 「やりくり等、無駄をなくす」ことについても、もう一度、要再検討かもしれません。
 節約術等、ネットで拾える情報を「実践する」だけでも、かなり違ってくるところがあります。
 
 「資格」について、ご相談がありました。
 「山」は、「土」のイメージです。まさに「土木・建設・建築」といったイメージがあります。
 お気に召さないかもしれませんけれど、「現場系・ガテン系・重厚長大系」のイメージです。
 もちろん、「直接に現場で作業をする」という意味合いではありません。
 その周辺のところ、「重機等の、運転資格」、「建築物やマンション・家に関する資格」、「水周りや電気回り、その他インフラ関係の資格」。
 そうした、「現業系」の資格に活路があるのではないかと。そのように、感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加