<無料占い> 元彼とこれから。 ななさんより。

 
 
 今回は、ななさんからのご相談です。「久しぶりに元彼と飲み会をしました。馬鹿な話などして、とても楽しかったです。もっと仲良くなりたいです。復縁までとは望みませんが、仲良くなるにはどうしたら良いでしょうか?彼女関係も知りたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「離之震」(離、震へゆく)です。
 
 
 まずは「離(離為火)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「離」は、現代の感覚とは逆ですが、「麗(り)」、「くっつく」ことを意味しています。くっついて素直に行動すべきなのですが、その前提としてくっつくべき対象をしっかりと選ぶべきことを象徴しています。
 
 「離」の卦は、上下とも火・太陽を意味しています。火のような情熱・明るい知性を示すかたちです。「知性を磨き、天下を照らすべし」という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「離」とはくっつくこと。
 日月は天につき、草木は地につく。人は明るい知性によって、正しい道につけば、発展する。
 下から二本目に陰がある。従順さを大事にすることだ。
というものです。
 
 「離」の卦が象徴するのは、「麗」、「くっつく」ことです。
 しかし、何でもかんでもくっつけば良いかというと、そうではありません。
 「離」の卦は上下とも火を意味します。くっつく、着火の対象が不燃物では意味がないし、また、燃やしてはいけないものに火をつけては放火になってしまいます。
 だからこそ明るい知性(火・陽)をもって、燃やすべき情熱の対象をきちんと選んだ上で、燃え上がるべきであるということが示されています。また、火は取り扱いに注意すべきもの。慎みをもって、控えめに扱うのが重要だということです。
 人間関係全体について言うと、冒頭の図を見てもらいたいのですが、自分の心の柔らかい部分(内心)という陰を、硬い殻という二本の陽で挟んでいる形が、上下に向かい合っています。
 お互いに内心を見せない、見せられない、どうも意気投合できない、そういうかたちであると言われています。
 
 
 
 次に、「震(震為雷)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「震」は震えること。雷鳴が震いわたっている状態です。恐ろしげだが音ばかり大きくて実害は少ない、というイメージです。
 
 「震(震為雷)」は、上下とも雷というかたちです。「おそろしいけれども用心しておけば大丈夫だ」、という言葉が記されています。
 
 「震」の占いの言葉は、
 
 震は、伸び栄える。
 雷がとどろいている時は恐ろしいが、過ぎ去れば笑顔になる。
 慎み恐れることが重要である。
 恐ろしいことがあっても、ろうばいしないような人間こそ、立派なのだ。
 
 というものです。
 
 「震」の卦は、「伸び栄える」、つまり、仕事等で発奮すると良いことがあるという運勢、サプライズ的な何かがあるという運勢ですが、同時に、音ばかり盛んで実がない、という運気でもあります。
 したがって、軽挙妄動は慎み、落ち着いて行動することが重要です。「悪い結果ではなかったのに、期待の方が大きすぎたせいでがっかりする」ようなこともないようにしたい運気です。
 逆に、問題や悩みがあった場合には、思ったよりも深刻ではなかった、ということもありうる運気と言えます。
 あわてず落ち着いて考えましょう。軽挙妄動はかえってダメージを深刻なものにしてしまいかねません。
 
 
 
 以上のような「離」「震」の卦を踏まえて、ななさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を意識して、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「連絡を取り続ける、接触を持っておく」ことかと見立てます。
 ただし、「がっつかない」ことかと。
 感情(や、言葉は悪いですが「欲」)をコントロールし、「軽いノリで連絡をちょいちょい入れておく」ような動き方がお勧めになるのではないかと感じられました。
 彼女については、「事情を知らぬ易者に『あてもの』をさせる」よりも、「連絡を取る中で聞き出す」ほうが確実かと思います。
 けれども、「彼女がいたとしても、元カノであるななさんと飲み会ができるような状態」であることは、事実として存在しているのではないでしょうか。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「離、震へゆく」です。
 メインの運気を示す「離」は、上下とも「火」というかたちをしています。
 「火」は、「情熱」、「知性・理性」、「明るさ」、「くっつく」、「美しさ」等の事象を象徴します。
 そのため、「理性・知性で情熱をコントロールし、何とくっつく(何についていく)かを判断する」ことが重要とされる運気です。気をつけなくてはいけないのが、「炎上」・「情熱の空回り」となります。
 
 「くっつく」という運気を象徴します。
 したがいまして、基本的なスタンスとしては、「離れない、疎遠にならない」。
 すなわち、「連絡を取り続ける、接触を持っておく」ことかと見立てます。
 
 ただし、「離」の卦の特徴は、何といっても「理性・知性」であり、「感情のコントロール」にあります。
 したがいまして、感情や「欲」をコントロールすることかと。「計算高く」と言うと言葉が悪いかも知れませんけれど。「冷静に、感情的にならずに、押し引きを」というイメージであるかとも、見立てます。
 
 このような「離」に内包されているサブの運気が「震」です。
 「震」は、「雷」です。
 「雷」は、「積極性・能動性・素早い動き、大きな音」等を象徴します。悪く言えば、「騒がしさ、落ち着きの無さ」です。
 また、「震」のように、「上三本と下三本が同じかたちをしている卦」は、「二度あることは三度ある」的な運勢を象徴します。「雷」の性質とあわせますと、「失敗しても何度でも挑戦できる」というイメージになります。
 
 「こまめに動く」ような性質を象徴します。また、「深刻さ」・「重さ」といった雰囲気を持たぬ運気です。
 したがいまして、「軽いノリで、連絡をちょいちょい入れておく」ような動き方がお勧めになるのではないかと感じられました。
 「重くならないように」することが、大切かと。
 「離」の卦とあわせて、「少しずつ、連絡を取っておく、つながっておく。」ようなところから、始めてみるのはいかがでしょう。
 
 
 上でも申し上げたところですが。
 彼女の有無については、「事情を知らぬ易者に『あてもの』をさせる」よりも、「連絡を取る中で聞き出す」ほうが確実かと思います。
 けれども、「ななさんと飲み会をした」ということは、ひとつの事実として存在しているのですよね?
 ならば、「彼女がいたとしても、元カノであるななさんと飲み会ができるような状態でもある」ということは、言えるのではないかと。そのように、感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加