<無料占い> 今の運勢。 ゆんさんより。

 
 
 今回は、ゆんさんからのご相談です。「次々と、新しい場所だったり新しい人と出会う機会が多くなっている状態なのですが、このまま勇気を出して挑戦するべきなのか、今の状態を維持すべきなのか、占っていただきたいです。楽しみな反面、やはり不安もあり、やらないほうが良いのではないかとも思ってしまいます。運勢という視点からのアドバイスもいただけたらと思います。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「晋(火地晋)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「晋」は、「すすむ」という意味です。運気上昇、自信を持ってマイペースで(オーバーペースにならないように)進むべき運気を象徴しています。
 
 「晋」は、地面の上に陽が出ているかたち、まさに日の出です。
 自分の良いところを発揮すべき時、という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「晋」は、「すすむ」という意味である。
 何事も順調。上下が信用しあっているのだ。
 
というものです。
 
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。
 
 
 
 以上のような「晋」の卦を踏まえて、ゆんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 基本的には、「踏み込んで良し」かと見立てました。
 「何を失うのか、失う蓋然性はどれぐらいか」、「今の状態を、本当に維持できるか」、「維持したとして、満足できるか」等、考慮すべき点はいろいろあるかとは、思いますけれど。
 失うものがよほど大きくない限りは、踏み込んで良いのではないかと。そのように見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「晋」です。
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。 
 
 「心配事はあるかもしれない」し「失敗も、ありうる」けれど、「それを踏まえた上でも、進むことにメリットがある」ような状況には、ないでしょうか?
 うまくいかなくて、失うものがあるとして。それは、「生存を脅かすようなレベルの話」でしょうか。「ちょっと我慢すれば良いレベルの話」でしょうか。
 「失うかもしれないものの価値」や、「失う可能性、そのパーセンテージ」について、私達はついつい高く見積もりがちでもあります。
 基本的には、「踏み込んで良し」かと見立てます。
 
 とは申せ、私は事情を詳しくは存じ上げません。
 かなり深刻な事態を引き起こしかねないような問題についてのご相談であるかもしれませんので、あまり無責任に「踏み込め」と申し上げることもいたしかねます。
 
 したがいまして。
 「失うもの」、「その蓋然性」については、感情的にならず、冷静に判断を。
 そのように、申し上げるべきかと感じました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加