<無料占い> 恋愛について。 suiseiさんより。

 
 
 今回は、suiseiさん(女性・30代)からの、「パートナーが欲しいと思うようになりました。どの時期、どの場所に行けば私に相応しいパートナーに出会えるのでしょうか?ヒントを教えていただきたく思います。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「賁(山火賁)」です。「ひ」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「賁」は、「かざり」「装飾」という意味です。なんの飾り気もないと、やや殺伐としてしまいますが、中身がないのに装飾だけするのは、「虚飾」になってしまいます。適度な装飾・うるおいを心がけましょうという運気です。
 
 「賁(山火賁)」は、山の下に太陽があるかたちです。このかたちについて、「刑罰のような重大事はすべきではない。日常の事務に励もう」という言葉があります。
 
 「賁」の占いの言葉は、
 
 積極的に進めば、小さな吉がある。
 天文の運行に従って時代の変化を察知し、文化を築くべきだ。
 
 というものです。
 
 「賁」は、「噬嗑」の次に配置された卦であり、また、両者はそのかたちも似ています。最上図をご参照いただきたいのですが、この卦は上下のあご(実線)の中に歯(破線)があり、その真ん中にものが挟まっている(実線)というかたちをしています。上の歯に物が挟まっているのが「噬嗑」、下の歯に物が挟まっているのが「賁」です。
 いずれも、歯に物が挟まったような悩み事がある、という運気ですが、「噬嗑」は思い切り噛み砕く方向に考えるのが良いのに対して、「賁」は無理せず、穏やかに対処する方向に考えるのが良いとされています。
 ですから、大きな事業の決断は避けた方が良いのですが、日常の事務に関しては、「小さな吉」なのです。
 また、「賁」は山(門)の内側に火(文明・知性)を宿しているというかたちです。ですから、内々の問題に関しては明晰に判断ができるという運気でもあります。
 恋愛・結婚運としてはあまり良くありません。相手側に、何か隠された事情があるようなケースが多いとされます。
 
 
 
 以上のような「賁」の卦を踏まえて、suiseiさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 新たな出会いには、あまり向いていないところのある運勢ではあります。
 それでも。方向性としては、今しばらくは、「あまり入れ込みすぎない」、「探すなら、身近なところで、気心知れた人から」、といったイメージになります。
 場所としては、「人の出入りがあるようなところの、内側」。時間としては、「夜」かとは感じられます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「賁」です。
 「賁」は、「かざり」という意味を持ちます。「内実」と「装飾」のバランスが重要である、とされる運気です。
 「賁」は、「日常の事務については小さな吉」と言われています。日々の生活、特に家庭に関する運気については良好とされます。
 何かどうもしっくり来ないような問題がある時には、無理せずに穏やかに対処することがお勧めとされています。「一つの結論を決めてそちらに全力を傾ける」のではなく、「なあなあ」にしておくのに向いた運気ということができます。
 
 恋愛運(これから探す場合)については、あまり良くないと言われています。
 「粉飾」ですので、「後ろ暗いところがある人」・「隠し事をしている人」というイメージがあるとされるからです。
 
 この「賁」は、上が「山」で下が「火」。
 そのため、「下から火で照らされているようなところ」……ありきたりな例になってしまいますが、たとえば「間接照明のおしゃれなバー」的なイメージとなります。
 「雰囲気」や「お酒の力」とくれば、いろいろと「ごまかしが効く(粉飾)」ような場所ですよね。
 また、「火」からして、時間帯のイメージとしては「夜」になります。
 したがいまして。「おとなの、軽やかな恋愛」には必ずしも悪くないのですけれど。(傷つくようなことになりかねないというイメージもありますが。)
 先々を見据えていくような恋愛を考えていく場合には、少し難があるかなというイメージです。
 
 それでも、探すのであれば。
 「内向き」の意識を忘れずに、という方向性がお勧めになるかもしれません。
 今しばらくは、「あまり入れ込みすぎない」。探す場合には、外に広く求めて行くよりも、「身近なところで、気心知れた人から」という方向性です。
 
 卦の上・下については、「外」・「内」と解釈することができます。
 また、「山」には「門」のイメージが。
 したがいまして、上が「山」で下が「火」とは、「門の内側、明るいところ」。すなわち、「人の出入りがあるような建物の、明るい場所」と解釈していくべきかと。
 
 
 ここまで申し上げておいて、何ですけれども。
 私は、「当てもの」を志向しておりません。また(、あえてそうしているわけですけれども)、「対面で、お互いに信頼関係を築き、情報をしっかり開示しあった上での占い」でもありません。
 そのため、正直申し上げて、「今回のようなご相談については、精度の低い占いになってしまう」(あまり当たらない)ということを申し上げざるを得ません。
 
 「新たな出会いを求めて行くには不向き」というイメージ、あまり気にしない方が良いかもしれません。
 パートナーを探すとなれば、「消極的」「動かない」という姿勢は、「占うまでもなく、不適切」だと思われますので。
 この卦が得られたことに意味があるとするならば、「男性の見極めには、留意すべきかも。派手な外見(経歴・スペック)の人には、要注意。」ということではないかと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加