<無料占い> 相手の気持ちと今後。 ひなたさんより。

 
 
 今回は、ひなたさん(女性・30代)からのご相談です。「気になる男性を思い切って映画に誘いましたが、イエスかノーか断定しきれないような返事でした。先延ばしにしても答えはノーなのでしょうか?誘ったことは迷惑だったのでしょうか?私は何も思われていないのでしょうか?今後どうなるのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「艮之損」(艮、損へゆく)です。
 
 
 まずは「艮(艮為山)」の卦を検討します。「ごん」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「艮」は、「とどまる」という意味を持ちます。
 沈着冷静、沈思黙考を心がけるべき、という運勢です。
 
 「艮」の卦は、上下とも「山」というかたちです。
 このかたちについて、「連なる山々。山は動かない。自分の立場を考えて、高望みはしないように」という言葉が書かれています。
 
 「艮」の占いの言葉は、
 
 艮は、とどまることである。
 とどまる時にはとどまり、行くべき時には行く。そこを間違えなければ、素晴らしい未来が待っている。
 控えめな態度をとろう。
 
 というものです。
 
「艮」の卦が出た時は、足踏み、運勢が動かない、現状維持の段階です。
 動かない、ということで、進展がないのでがっかりされるかもしれません。
 しかし、専門的になりますが、この卦は「解」(ゆきどけ)の卦に進む運気を内包しています。
 その意味で、足踏みといっても、「蹇」(足をひきずる、ゆきづまる)の卦とは違い、小休止の後に運勢が開けてくる可能性が示唆されています。
 ここは「待ち」の姿勢です。
 この卦が出た時は、人に積極的に会いに行くのはあまり良くないと言われています。協力者が得にくいのです。また、家庭であるとか、仲間がかかわるような事に関しても、外に意識を向けるよりは、まずは内輪の結束を固めるのがよいとされています。
 今結果を出すのは難しいかもしれません。しかし、運勢が開けてくる可能性は見えています。
 ちりも積もれば「山」となる、今は努力の時です。また、この卦はその「山」が重なっています。繰り返すこと、地道で継続的な努力をするのがよいでしょう。
 
 
 
 次に、「損(山沢損)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「損」というと、なんだか悪い卦のように見えます。
 しかし、これは現代風にいうならば、「ボランティア」に近い意味です。
 「損して得取れ」ということわざと絡めて説明されることもあります。
 
 山のふもとに沢があるかたちです。
 沢が深い(低い)ほど、その分、相対的に山は高くなります。
 
 「損」の占いの言葉は、
 
 自らを下の立場に置き、上の人に奉仕する。
 欲望を抑えて、高い理想を目指す。
 誠意をもって、自ら他者のためにほねおりをすれば大吉である。
 
 というものです。
 
 「損」の卦が出た時は、出費や損耗、あるいはほねおりの多い時期と言えます。しかし、「損して得取れ」。後で好転する兆しが見える、そのような運気と言えます。
 仕事でも同様で、苦労や損失の多い時期です。
 人間関係について言えば、こちらが一歩引き、相手を認めるのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「艮」「損」の卦を踏まえて、ひなたさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容から、変化の関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。 
 
 「現状、動きが無い」というイメージかと。
 「誘ったことは迷惑とは思われていない」けれど、「何とも思っていな『かった』」のではないかと。
 今後は、「それでもとにかく働きかける」ことが一番かと。勇気をふりしぼって、せっかく第一歩を踏み出したのですし。
 動けば、うまくいくこともあり得ます。かりにダメでも、ダメとハッキリ分かるまで動かなくては、気持ちが残っていつまでも次の恋に進めなくなってしまうかと思います。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「艮、損へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「艮」は、上下とも「山」、というかたちをしています。
 したがって、この卦のキーワードは、「動かざること山のごとし」です。
 
 すぐにすぐ、「大きく動く」というイメージではありません。
 彼の気持ちも「山」。すなわち、「動いていなかった」ものかと。
 好きも嫌いも、これまでは「何とも思っていな『かった』」のではないかと見立てます。
 そのぶん、誘ったことが迷惑と思われたということも、ないかと。
 
 今後もノーでしょうか、という点につきましては。
 現時点では、厳し「かった」とは言えると思います。
 もともと気が「あった」ならば、彼も「食いついて、次に話を進めようとする」かと思いますので。
 (小さな可能性として、彼はあまり映画に興味が無い人だった……等の事情も考えられます。気にしすぎない方が良いかもしれません。)
 
 
 このような「艮」が、やがて「損」へと変化していくと解釈されます。
 「損」の卦は、現代的に表現するならば「ボランティア」です。何かと「しんどい努力が必要になる」とされる時期を象徴します。
 また、「相手次第」という部分もありますので、やはりなかなか大変なイメージもあります。
 自分から行動していく必要がある運気であり、また、自分ひとりの利益を考えていくにはあまり向きません。「急がば回れ」「損して得取れ」的な動き方が要求されるような運気です。
 
 「急がば回れ」、「ほねおりが大切」という運気です。
 せっかく勇気を振り絞って一歩を踏み出したのですから、ここからさらに努力ではないかと。
 ただ、「損」で難しいのは、「あまりがっついても良くない」とされるところです。「上手に雰囲気を作っていく」ことが求められる運勢とされます。
 
 難しいかとは、感じられます。
 しかし、 動けば、うまくいくこともあり得ます。
 かりにダメでも、ダメとハッキリ分かるまで動かなくては、気持ちが残っていつまでも次の恋に進めなくなってしまうかと思います。
 「しんどいかもしれないけれど、諦めるべきではない」。そのような運勢かと見立てます。
  
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加