<無料占い> これからの仕事について。 アヒルちゃんさんより。

 
 
 今回は、アヒルちゃんさん(女性・40代)からのご相談です。「今の仕事を続けるべきか悩んでいます。上司が変わってから、雰囲気がおかしくなりました。こちらに勤めると決まった時、私は絶対に営業はできないと伝えていました。特に新規営業は以前に嫌な思いをしたことがあって、つらいことばかりだったので、精神的に苦痛で。今の上司が、最近売り上げが下がったせいか、そればかり強要するようになって。会社で顔を合わせるのがつらいです。この年で我慢してまでつらい仕事をするべきか、とても悩んでいます。他の業務は楽しいのですが、思わず転職サイトも探すようになりました。契約社員なのでいつ契約を切られるかも不安のひとつなのですが、この先、私は仕事をどうしたらいいのか、他に良い仕事がみつかるかなど、アドバイスお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「予(雷地予)」です。最上図をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「予」の卦を踏まえて、アヒルちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 今のお仕事、「楽しく続ける」べきかと見立てます。そのために何をすべきか、というところから考えてみるのはいかがでしょう。
 あわせて、「どうしても無理!」というケースにそなえて、転職の準備もしておいて良いかと。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「予」です。
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 したがいまして、まず第一に。
 今のお仕事を、「楽しく続ける」べきかと見立てます。
 
 営業のお仕事、嫌な思い出があるとのお話です。
 しかし。業界・業種によって、営業の雰囲気にはだいぶ違いがあるかと。
 もうひとつ、「時代の流れ」と申しますか。いろいろと、「露骨な嫌がらせは、しにくい社会になりつつある」というところは、あるようにも思います。
 いったん、営業のお仕事を受けてみてはいかがでしょう。
 案外、うまく回ることも、あるかもしれません。
 
 とは言え、「営業は営業」でもありますし。「なんだかんだ言っても、変わらない」というところも、あるかと。
 すでに、営業のお仕事は受けていらっしゃるのでしょうか?
 現にそれで、うまく行っていないということでしょうか。
 
 それならば、方向性は2つあるかと。
 「仕事をしてみてやはりうまくいかないのだから、もういちど談判してみる」ことをしてみても、良いかと。
 「現に、うまくやれないし」という事実を突きつけることにも、意味はあるかと思うのです。
 もう一つは、「ふてぶてしくなる」ことかと見立てます。
 「叱られようが何しようが、できないものはできない。怒鳴りたければ怒鳴れ。無理をしない範囲で、嫌な思いをしない程度に、営業をやらせてもらう。」
 そうした、開き直りです。またあるいは、上司に何を言われようが、強く(上手に)断るという選択もあると思います。
 
 
 全体として、仕事に対して、少し「いい加減になる」と申しますと、怒られてしまうかもしれませんけれど。
 「我を張る」「強気になる」ようなことをしてでも、多少の「楽」や「楽しい」を求めても良いと思うのです。
 「そのために、何ができるか。何をしていくべきか」ということを、考えてみるのはいかがでしょう。
 何もさぼるわけではなく、その他の業務はきちんとこなすわけです。後ろめたさを覚える必要は、ありません。
 
 
 「予」にはもうひとつ、「あらかじめ」の意味があります。
 転職は、準備が大切になりますよね。
 「準備さえできれば、うまく回りそうだ」というのが、「予」の卦からの見立てとなります。
 
 ストレスを感じると、ついつい視野が狭くなりがちなところ、私達人間にはあると思うのです。
 お仕事で追い詰められる「前に」、「余裕のあるうちから」、本気で探していくこと、お勧めになるかと見立てます。
 「辞めてやる」と思うと、どういうわけか今のお仕事にも余裕が出たり、「気持ちの強さ」が生じたり。そういう効果も、期待できますので。
 
 
 言葉は悪いかも知れませんが、少し「嫌なヤツ」になるようなイメージです。
 楽を求め、辞める気満々。腹のうちにそうした「準備」や「気組み」を持っておくことで、うまく回るのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加