<無料占い> 恋の行方について。 ここちゃんさんより。

 
 
 今回は、ここちゃんさん(女性、30代)からのご相談です。「最近、気になる人ができました。彼といると楽しく、とてもポジティブな自分になれます。しかし彼は仕事が忙しく、連絡も取らなければあまり会うこともありません。一緒にいるときは彼も楽しそうにしてくれていますが、この先この人とうまくいくことはあるのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「漸之習坎」(漸、習坎へゆく)です。
 
 
 まずは「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 次に、「習坎(坎為水)」の卦を検討します。「しゅうかん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「習坎」の、「習」とは重なること、「坎」は穴を意味しています。
 すなわち「習坎」とは、「困難に困難が続く」、という運勢を示しています。
 
 「習坎(坎為水)」の卦は、水が上下に重なったかたちをしています。洪水が次々やってくるような困難を示しています。
 
 占いの言葉(かなり意訳しますが)は、「天が与える困難はとても越えられない、地の困難といえば厳しい自然である、人が与える戦争という困難には、城を築いて守るべきだ。対処の仕方をよくよく考えなければならない」とあります。
 また、「水がどんな状況にあっても流れていくように、立派な人間は誠意を変えることはない。そうすれば困難を乗り越えられる」ともあります。
 さらに、「立派な人間は、こういう時こそ自分の内面の充実を図るのだ」とあります。
 
 「習坎」の卦は、運勢の悪さでは四天王と言われる卦です。
 今すぐ困難を抜けるのは難しいとされます。ですから、自分にとって大事なものを見つめ直し、それだけは守り抜くことが重要だとされます。
 そうしていれば、他人に評価されることはないかもしれないが、それでも大事なものだけは守りぬける、と言われています。
 
 
 
 以上のような「漸」「習坎」の卦を踏まえて、ここちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質を考え合わせ、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「道のりは険しそうだが、可能性はある」かと見立てます。
 「連絡は、つなぎ続けておく」、「会う機会は、逃さないようにする」といった方向性がお勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸、習坎へゆく」です。
 
 メインの卦である「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 サブである「習坎」は、「困難に次ぐ困難」という運勢を示します。しばらくは苦しい状態が続くかと見立てました。
 ただ、「習坎」は、「なかなか動きが取れない」というイメージであって、じっと耐えてさえいれば、破滅に向かっていくような運気ではありません。
 辛抱することで、「大事なもの」や、「自分の根っこに当たるもの」は守っていけるというイメージです。
 
 
 恋愛運については最高と言われる「漸」。
 悪運四天王である「習坎」。
 両者が共に得られたため、解釈にはやや難しいところがあるように思われました。
 
 ただ、「習坎」は、「悪運四天王」ではあっても、「最悪」ではありません。「じっと我慢の日々」というイメージですので。
 「漸」にしても、「積み上げて大を為す」という性質があります。
 
 ここから見て、「道のりは険しそうだが、可能性はある」かと見立てます。
 「マメで地道な積み重ね」が大切になるのでは?と感じられました。
 
 お仕事に忙しい彼、恋愛をする暇もあまりないかと思われます。
 厳しい状況かもしれませんけれど、チャンスであるとも言えないでしょうか。他の人も、なかなか入り込めないわけですから。
 「連絡は、つなぎ続けておく」ことかと。恋愛については、どうしても「去る者は、日々に疎し」。会ったり連絡を取り合ったり、そうした頻度が小さいほど、可能性は小さくなっていくものかと思います。
 連絡の頻度については、難しいところがありますけれど……返信を強く要求することは、控えるほうが良いかと。負担に思われてしまわないように。
 
 「習坎」ですので、難しいかも知れません。
 それでも、粘り強く続けていれば、あるいは。
 「漸」の卦からは、「積み重ねが大切」かと感じられますので。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加