<無料占い> 今後。 マリーさんより。

 
 
 今回は、マリーさん(女性・30代)からの、「元彼との今後を知りたいです。同じ職場ですが、どんな間柄になるでしょうか。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「同人之大壮」(同人、大壮へゆく)です。
 
 
 「同人」は、「同人誌」の語源となった卦です。同士を広く求めて実行すればうまくいく、という運勢です。
 
 「同人(天火同人)」は、常に高い所にある天と、常に高みを目指そうとする火を組合わせたかたちであり、両者は親しい関係にあると考えられています。
 それを表すものとして、「同人は親しむなり」という言葉が示されています。
 
「同人」の占いの言葉は、
 
 広く同士を集める。
 そうしてたくましい実行力を持てば、難事業でも成功する。  
 知性(火)と実行力(天)が合わさっているのだ。
 
というものです。
 
 「同人」の卦は、ほかの人と一緒に行動すること。心を一つにすること。心を一つにするからには、その目標は不正であってはならないこと。そして、「実行する」こと。等がポイントとされる運勢です。
 いかにも他の人と仲良くやっていそうな運勢ですが、卦の内部を見ると、実は人間関係がうまくいっていない、という運気が見て取れる運気です。それだからこそ、逆に、協力することの重要性を説いた運勢であるということもできるのです。
 
 
 
 次に、「大壮(雷天大壮)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「大壮」は、「おおいにさかんである」と訓読みします。陽気で騒がしい様子を示します。明るいのは良いのですが、やや中身が伴っていない、という運気です。
 
 「大壮(雷天大壮)」は、上が雷、下が天というかたちです。雷鳴が天上にとどろいている、まさに壮大な様子です。「このような時は、礼に外れた行いはしないものだ」という占いの言葉が示されています。
 
 「大壮」の占いの言葉は、
 
 大いなる陽の気が盛んである。
 盛んに活動しているのだ。
 正しく活動してこそ順調にすすむ。
 
 というものです。
 
 「大壮」は、陽気で騒がしく、活動的な運気を示しています。悪い運気ではありません。ただし、調子に乗りすぎないように注意、という運勢です。
 「大壮」は、冒頭の説明がわずかふた文字(「利貞」)という、やや珍しい卦ですが、それもこのことを表しています。
 「利貞」は、「正しくしていれば良い」というような意味です。勢いが盛んなので、脇道にそれたり、誰かに引きずられたり、調子に乗りすぎたり、悪事に走ったり、そういうことだけ気をつけましょう。
 アクセルばかりではなくブレーキも忘れずに、そんな運勢です。
 
 
 
 以上のような「同人」「大壮」の卦を踏まえて、マリーさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 基本的には、「同僚」「同志」「仲間」という関係かと見立てます。
 「『それ以外』あるいは『それ以上』の関係になるかどうかについては、マリーさんの側にイニシアチブがある」かと感じられます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「同人、大壮へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「同人」は、まさに「同人活動」「同人誌」のイメージです。「同じ志を持った人が何人も集まって、みんなで協力して一つの方向に進んでいく」というイメージの運気です。「二人の協力関係」である「比」とは異なります。周囲のみんなを巻き込むように活動するのに向いた運気です。
 内部に対立をはらんでいるという性質を持つこともありますが、「協力して前へ進む」という運気ですので、人間関係に関しては、一般的に吉であると言えます。 
 また、「同人」と言いますと、「内向き、仲間内」的なイメージを想像されるかもしれませんが、実際には少しニュアンスが異なります。
 「地縁・血縁といったムラ社会的な繋がりで固まらずに、外に仲間を探しに行こう」というのが、「同人」の本質です。
 
 「同人」には、「どろどろした人間関係」とは少し違った、「理のつながり」としての人間関係を象徴するところがあります。
 「ビジネスパートナー」が典型例と言うべきでしょうか。場合によっては、ややドライなこともあります。
 情熱のないつながりとばかりは言えないのですが……。その「情熱」も、恋愛よりは「目標」や「こころざし」的な意味合いであることが多いかと感じられます。
 
 したがいまして、基本的には、まさに「同僚」・「お仕事仲間」といった関係になるかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 このような「同人」に内包されているサブの運気が「大壮」です。
 「大壮」は、「素早い動き」を象徴する「雷」と、「継続して動き続ける」ことを象徴する「天」とで構成されています。
 そのため、非常に積極的で能動的。また、「陽気で騒がしい」という性質を持ちます。勢いの強い、良い運気です。しかし、なかなか中身が伴ってこないという性質、勢いが良いぶんだけ細やかさに欠ける(がさつ)という問題点があります。
 この「大壮」の卦が得られた時の心構えは二つあります。ひとつは、「正しくあること」です。もう一つは、「勢いに乗ること(ただし、調子に乗り過ぎないこと)」となります。
 
 「自分の思うように振舞って良し」という運勢です。
 「感性や勢いに任せて良いが、暴走には注意。理性も忘れずに。」といったイメージです。
 
 ここから考えまして。
 基本的には「同僚」であるけれど、それ以外・それ以上を求める場合は、「大壮」……すなわち、「マリーさんの動き方次第」ということになるかと感じられるのです。
 
 
 
 あまり一般化しては、いけないかもしれませんけれど。
 「元カレ・元カノ」という関係は、別れて後しばらく経っておとなになりますと、「盟友」「同志」的な関係としてうまく回ることも多いように思われます。
 もちろん、「やけぼっくいに火」ということも往々にしてありますけれど。
 
 また、これもあまり一般化してはいけないかもしれませんけれど。
 こと恋愛に関しては、女性に比べて男性は、やや「難燃性」の生き物であるかと思われます。
 
 どうもそのあたりが、「同人」・「大壮」として現れているのではないかと。
 そのように、見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加