<無料占い> 親戚とどう付き合っていけば良いですか? かおるんちゃんさんより。

 
 
 今回は、かおるんちゃんさん(30代、女性)からのご相談です。「親戚で、嫌な男性がいます。この人は、どうして私に執拗に嫌がらせをしてくるのでしょうか?私の何が気に入らないのでしょうか?親戚なので関わらないわけにもいきません。どう付き合っていけばいいですか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「蹇(水山蹇)」です。「けん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「蹇」は、「足をひきずる」という意味です。
 
 危険な大河(水)と険阻な山(山)があるかたちを示しています。
 
占いの言葉は、
 
 ゆくてに危険があるのだから、とどまるべきだ。
 このような時は平易な道を選べ。
 人の話をよく聞いて、慎重に対処の方法を考えなさい。
 「蹇」と時機の関係は重要である。
 
というものです。
 
 「蹇」の卦が出た時は、運勢はよくありません。四天王クラスの運気の悪さです。この卦が出た時は、「自分の力」を見極めて、無理はしないようにすべき、と考えられています。
 とはいえ、専門的な話ですが、二本の中正があるので、運気がめちゃくちゃに乱れているというほどのひどさではありません。天の時にあたらない、というほどではないのです。
 平易な道、やりやすいこと、やれることから手をつけていけば、運気が開けてくる。そういう卦でもあります。
 恋愛・結婚運についても、話があっても進みにくい、そもそも良い話ではない、そのようなイメージです。
 
 
 
 以上のような「蹇」の卦を踏まえて、かおるんちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 原因のほうですけれど。
 「なんらか、彼のコンプレックスを刺激するような要素(属性)を、かおるんちゃんさんがお持ちである。かつ、立場(?)か何かの点で、彼が『自分の方が上位だと思っている』的な事情がある」のではないかと見立てます。
 対策としては、原因次第というところがありますけれど……。
 「接する機会を減らす」のが、「蹇」卦からの基本的な方針となりますが、そうもいかないということであれば。
 「親戚のうちに、味方を増やす」、「権威(?)的なものに頼る」といった発想はいかがかと、提案いたします。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「蹇」です。
 「蹇」は、「四難卦」とされています。「厳しい運気の四天王」といった意味あいです。
 もっとも、厳しいながらも、どうにもならないというような運気ではありません。
 専門的な話になりますが、「蹇」(と「屯」)は、「中正」が二本あるため、運気がめちゃくちゃに乱れているというわけではないということ。また、卦の性格が分かりやすく、対策が非常にはっきりしているということ。それらの理由により、「四難」の残りの二つである「習坎」や「困」ほどは厳しくありません。四難卦ではないものの非常に悪い運気とされる、「否」や「明夷」ほど厳しくもないのです。
 「蹇」は、「足に障碍がある」という意味です。また、登山をしているようなイメージです。
 足に障碍がある、あるいは足が疲れ切っているような状態で、山中にある。下には大きな川が流れている。「危険が予想される」という状態ですから、「そちらの方へ進んではいけない」、あるいは「疲れをとるべく、しばらく休息するのが良い」、「動くのであれば、無理をせずゆっくりと」と、という心構えが必要となります。
 「にっちもさっちもいかない」「何をどうすればいいかさえ分からない」というような厳しさはない、ということです。「危険だと分かっている」のだから、「留まる」「控える」「休息する」ようにすれば良いのです。
 
 
 まず、原因のほうですが。
 私はあてものを志向しておりませんので、的外れになってしまっているかもしれませんけれども。
 
 お二人の人間関係は、彼が「水」で、かおるんちゃんさんが「山」です。
 「水」と「山」にも、いろいろな意味があります。たとえば「水」は「陰湿」で、「山」は「頑固」など。
 しかし今回のケースでは、「水」は「低いもの(穴という意味がありますので)」、「山」は「高いもの」というところにあるのではないかと。
 
 なんらか、「彼が持っていなくて、かおるんちゃんさんが持っている」ようなものがあるのではないかと感じられました。
 それはお金や地位かも知れませんし、顔や身長といった見た目のことかもしれませんし、お子さんの有無かもしれません。
 ともかく、「かおるんちゃんさんがお持ちの何かが、彼のコンプレックスを刺激している」といった事情があるかもしれないと見立てます。
 
 そして、「水」が「山」の上にある。
 実際に上にあるかは存じませんけれど、彼の意識の中では「上にある」、あるいは「押さえつけるポジションにありたい」と思っているのではないかと。
 
 
 以上は、あくまでも「見立て」です。
 的外れになっていた場合には、お詫び申し上げます。
 
 
 対策についてですが。
 もちろん、原因次第かとは、存じます。
 
 その上で、ですが。
 「蹇」卦の基本的な方針は、「引き返す」です。「できるだけ顔を合わせないようにする」ことが良いかと感じられるのですが。
 「親戚の付き合いもあるし、そうもいかない」ということであれば。
 
 「蹇」は「西南に利あり」と言われます。
 「難しいことや、本質から解決しようとするべきではない。簡単なことや、周辺の小さな問題から解決すべきだ」という意味に解釈されています。
 ここから、「周辺」。すなわち、「親戚の中に、味方を増やす」という方針はいかがかと。
 また、「安易な手段」。すなわち、「他に頼って、押さえてもらう」ようなやり方はどうでしょう。「ご主人に言って、盾になってもらう」、「親戚の中でも、権威者に頼る(親戚づきあいをしなければならないような、『濃い』親戚関係ですと、そういう方がいらっしゃるのではないかと。)」などです。
 
 参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加